神明さん探検


若狭の銘酒

201707291837406bc.jpg

そう「早瀬浦」

この冷酒用の純米酒おいしいです。

しっかり堪能の翌日金曜日は…

大神宮船留岩から

20170729183745752.jpg

神明さん南無南無

201707291837473fb.jpg

海からお越しになられた伝承です。

海からお越しということで、

20170729183749400.jpg

八百比丘尼の伝承がある神社です。

この石碑はもともと山ろくの船留岩近くにあったもので、寛政九年に和久屋さんが寄進したもの。

201707291837502a5.jpg

手水鉢は素麺屋中の寄進したもの。

20170729183744db1.jpg

北前船の往来が盛んだった江戸時代の
小浜の知る人ぞ知る名産品です。

境内から小浜湾を望む名勝であったろう「亭の山(ちんのやま)」から、烏帽子岩を通り、後瀬山方面へ。

2017072918374209c.jpg


帰りは登山道を通って、神明さんの旧境内地へ。

20170729183741704.jpg

外宮、内宮、八百姫社、熊野十二社権現のそれぞれの跡地を、残る絵図をもとに比定。

実は、この由緒ある神明神社を復活させようという動きがあり。
ありがたくもお声がけいただいたのです。

もともと鵜の瀬にいらっしゃる役行者様がいらっしゃった由緒ある地。
行者様と八百比丘尼が共存し、海と深い関係がある辺りが、小浜を探る上で、また修験者として楽しくって。

このご縁に感謝しております。

江戸時代、100名を越えたという小浜の行者は、
神明神社に籠ってから大峯に入ったといいます。

このプロジェクトの第一段は、小浜のまちづくりとコラボしてまもなく発表になるでしょう。

永三坊さんも誘わんとあかんな。


本日は日曜日の奉仕作業の予行練習!

作業前

20170729183751330.jpg

作業後

20170729183753ee3.jpg

予行練習でリミットでしたが
しっかり学童野球の練習にも顔だし。

あと僅かですから…
スポンサーサイト

土用と五行


昨日は土用の丑の日。

みなさん「うなぎ」食べられましたか?

若狭坊は・・・

小浜と友好都市である西安からの友好使節団のみなさまをお迎えし・・・

2017072617264234c.jpg

御食国のうなぎといえば三方五湖。

20170726172642c3d.jpg

ということで、おいしゅういただきました。



さて、

土用ってどのような日かみなさんご存知ですか?

若狭坊もあまり詳しくはないのでウィキでも参照いただければいいのですが、
実は中国から伝来の思想である五行と深く関わっています。

五行とは「木」「火」「土」「金」「水」が深く絡み合い
一緒になったり離れたりで万物がなりたっているという思想です。

日本の暦の四立を「立春(木)」「立夏(火)」「立秋(金)」「立冬(水)」に
見立てて、その前の18日間を土用(土)としています。

この時期には土を動かしたり穴を掘ってはだめだと言われています。

ただ、立秋前の土用が(土)の周りで一番注目されているだけですね。
うなぎを食べるという平賀源内のキャッチコピーとあいまって
いまの日本の土用は夏です。

さて、中国から五行の思想を受け入れたとき。
日本の国家を形成するときに、
奈良を、そして京都を中心に五行が・・・

最近よく言われる近畿の五芒星

201707261726444fb.jpg

まもなくお披露目ですけれども

小浜もその国家形成を担ってきた大切な地域なのです。


いまも国際都市として、西安や慶州、奈良・京都とつながっている。

日本遺産というのもその一端。

人々の記憶は薄れても、歴史の深層は変わらない。
不思議なものです。

国家の形成ではなく、日本を支えている若狭。
再び表舞台にたつ時期が到来です。

灼熱グランウド


最近中身のない記事多いですね(-_-;)

暑さで頭が回らないのです(笑)

金曜日は高校生とまちあるき探検。

20170724053414b08.jpg

普段みれない所をお見せいただいたり、まちの人にふれあってもらったり、小さな発見のお手伝いをしたり。

20170724053415958.jpg

楽しかったけど暑すぎてねー。
高校生も1人ダウンです。

土曜日はライオンズ杯争奪学童野球。

201707240534176c6.jpg

残念ながら2回戦敗退!
そりゃ、あんだけミスすりゃまける!というチャンピオンチームらしからぬ試合でした。

で、夜は仲間内で反省会。
飲み過ぎましたが

翌日は1日練習にお付き合いです。

20170724053419a83.jpg

ローカル大会だから負けて課題をもち、練習できたことを考えればプラスでしょう。
いよいよ、知事杯、ろうきん杯と最後の大切な大会が迫ってきます。

夜はめでたく選出された小浜チームの奈良行きの説明会。
選ばれなかった仲間、すべての支えてくれた人たちに感謝し、素晴らしい経験を積んでください。

大きくなれよ。

調査モード突入


暑いですねー。
でも、痩せてから前ほど暑がりではなくなった若狭坊です。

デブの暑がりは本当なんだろうか?(笑)

さて、

昨日は、大きな会議をひとつ終わらせ。

20170721094145543.jpg

いや…
会議というよりは、寄り合いみたいなものですが。

20名を越える先生方と調査研究です。
こんな大所帯のは初めてだ(笑)

事務局は大変やけど、若狭坊も楽しみながら調査させてもらいます。

本当なら事務局も若狭坊じゃなく、若い学芸員に担当してもらいたいところですが。
なんとかノウハウや楽しさを引き継ぎ、将来の自信になるよう心がけよう。

でしゃばってもいけないし、ほったらかしもダメやし、そんな気遣いが今回の仕事では一番しんどくなるかも?ね。

ともかく、
歴史の専門家としては、調査が終わって報告書が刊行されたときの充実感は麻薬みたいなものです。


春夏連覇


岡山のオマケ

20170717184308d8b.jpg

初の後楽園。
短い時間だったけどよかったー。

出張中、無事に予選リーグを勝ち上がった小坊主。
エラー、ノーヒットと、かなり悩んでいた。

翌、日曜日の準決勝、決勝。

201707171843104cd.jpg

決勝でようやく結果を残し涙目になっていた。

よかったね。

20170717184311eef.jpg

春夏連覇です。
いいチームになりました。

さあ、いよいよ県大会です。

残り少なくなってきた学童野球の日々。

悔いのないように…

北前船ネットワーク


昨朝の南無南無

20170715070753891.jpg

今朝はこの辺りをお散歩してます

201707150707577f5.jpg

歩いていると…

20170715070759492.jpg

とか…

201707150708003eb.jpg

都会はいいですね。
両方とも始まったばかりの展覧会。

一人なら出発遅らせて見ていくのですが、そうもいかない。

残念。

昨日のミッションは

20170715070754d23.jpg

会議自体は全然つまらなかった(笑)

唯一勉強になったのは、シンポジウムのコーディネーターの秀逸さ!!
若狭坊もこの年齢になり、司会やコーディネーターをすることがあるので、頭の回転が早い人は本当に尊敬する。

一方で秀逸過ぎるがうえに、パネラーを喰ってしまっていた。
あれはいけない。
司会は出演者の上をいってはいけない。

色々勉強になりました。

あと、北前船ネットワークで新しい人脈をたくさんいただいた。
ありがたいことです。
おかげで新しい仕事までいただきましたが(-_-;)

信頼されているということ。

小浜でこの仕事をさせていただいていることに感謝です。

でも、体もつんやろか…

気になっていた倉敷の日本遺産も勉強させていただいた。

20170715072040f07.jpg

魅力的なテーマで観光産業戦略も見越している。
いい勉強させてもらいました。

フォーラムでは、観光やインバウンドの展開で目新しい提言はなにもなかったけど、福井県と同じくらいの人口をもつ岡山市や、観光都市である倉敷も私たちと同じ取り組みをしておる。
勝てるはずない(笑)

じゃあ、何をするか。

もっと突拍子もなくとんがらないといけない。

御食国と鯖街道で、さらにとんがり
全力で京都に出ていくべし。

観光戦略で意思を統一せんとあきません。

瀬戸内航路へ


三室戸寺の南無南無おまけ☆

201707131852540c5.jpg

今週はまだ山の疲れがあって朝ウォークできてないのです(笑)

だからお花をお届けします。

20170713185256bc2.jpg

さて、

明日から西廻り航路で瀬戸内です。

20170713185257ed4.jpg

北前船の聖地、若狭小浜をPRしてきます。

北前船の日本遺産に小浜が入ってないこと自体??ですから。

日本遺産は観光、地域活性化を目的とした制度ですが、
根本の歴史を外したときに、制度自体が…。

とならないよう動きましょう!!
って、そんなとこにまで手を出したら自分で自分の首を絞めてしまうな(-_-;)

満行記2017おまけ編


今朝の南無南無☆

201707111909177b3.jpg

入峯も終わり、どんどん日も短くなっていきます。
素敵な朝焼けでした。

さて、入峯の直会あけのけだるい朝。
だけど朝ウォーク。

20170711190921bb8.jpg

蛇ノ倉七尾山を南無南無し、
(奥ノ院にはいってません)

母子堂で南無南無し、

20170711190919483.jpg

ごろごろ水の源水に感動する。

20170711190920405.jpg

結果、いつもの倍以上。
一時間強の朝勤行となりました(笑)

そして、総勢バスに乗り込み
天河大弁財天社で南無南無

201707111909230b1.jpg

日本遺産ですから。

急でしたが、講での参詣ということで
玉ぐしを納めさせていただき勤行。

20170711190924193.jpg

ようやくご縁がいただけ、この鈴をならすことができました。

そして、昼食後は西国三十三ヶ所の三室戸寺を南無南無。

20170711190920405.jpg
20170711190926471.jpg

花の寺には蓮華や

20170711190927bee.jpg

紫陽花が咲き誇っておりました。

2017071119092930f.jpg

しめは最近恒例になりつつある酒蔵。

亀岡の翁鶴さんです。

20170711190930247.jpg

南丹美山とも関わりのある蔵なので親近感。

どぶろく買いました。

ということで、満足満足。

さあ、来年を楽しみに生きましょう。

早くも里の行に溺れそうですが(笑)

蓮華奉献入峯満行記2017


今年も行ってまいりました。

20170710154823d36.jpg

呑みにいったわけではありません。 

20170710154824ef5.jpg

そう!!命水というやつです(笑)


冗談はさておき。

今年も神仏に見守られながら無魔成満です。

すべての皆様。
ありがとうございました。


さて7月7日は早朝出発で一路吉野の蔵王堂です。

2017071015482699c.jpg

金峯山寺の三大行事である金峯山寺の蓮華会へ出仕します。


お昼前に宿泊する桜本坊に到着。

恒例となっている勝手神社前の静亭で昼食後に車田商店で装束のお買い物。

昼過ぎには、私たちが奉献お運びする蓮華の宝輿と蓮華の前に待機です。

20170710154828923.jpg

そして蛙さんが登場。

この日は、日本三大奇祭といわれる蛙飛び行事も蓮華会の一環で行われます。

20170710154829a13.jpg

蔵王堂に無事奉献後、蔵王堂前道場において採灯大護摩供。

直会後に桜本坊でも御本尊前で護摩を修法いただきます。




そして・・・


翌8日は、朝四時出発で拝所に蓮華をお供えしながら山上蔵王堂を目指します。

週末の日程だったため総勢130名超。

蒸し暑い中、数名の脱落者はあったものの無事山上にお参りさせていただきました。

結局、到着は夕刻四時ということで山上勤行と護摩供に参加できませんでした。


が・・・

こういう時にしかできないので、山上にお参りのメンバーで写真をとりました。

20170710154830049.jpg

そして、なかなか行かない山上お花畑で写真をパシャリ。

2017071015483227e.jpg

左から市兵衛さん、長五郎さん、永三坊さん。


いい記念になりました。


個人的にはちょっと腰に不安がありましたが問題なし。

七時に下山。
八時から満行の直会。

また、翌日のおまけ編は改めて報告いたしましょう。


今年は急な事務局幹事となり、ちょっと楽しめなかったけど、

これも歳相応の修行ですね。

求められることはしっかりせんとあきません。

がんばりましょう!

残り364日の里の行に比べればなんということありませんからね。


衝撃の事実!


今朝の南無南無。
201707060527540d4.jpg

入峯に向けた最後の南無南無は霧の中でした。

さあ、明日は

2017070605275749c.jpg

賑やかな吉野です。

201707060527591ab.jpg

ワクワクします。
蛙さんもここ数日の雨で元気をだし
人間に帰れるのでワクワクしているでしょう。

しばらくブログ更新ストップします。

で…
タイトルにある衝撃の事実は…

20170706052756b8e.jpg

なんとあのゴルゴ13が修験者だったという。

奥駈道で修行しております。

若狭坊もゴルゴ13になれるかもしれない(笑)

それはさておき

山に帰れる喜び

しっかり修行してまいります。


旅の準備


今朝の南無南無

20170703212227244.jpg

ちょっと角度をかえて御来光

20170703212228fa1.jpg

明日は台風来そうですし…
その後は残業続きそう。

ということで、金曜日からの吉野への修行の旅の準備を始めた若狭坊です。

梅雨末期の気圧配置が続きそうですから、
北は雨でも吉野大峯の天気は大丈夫かな??
ただ…暑くなりそうですね~

さて、準備ですが、

アイロンがけから斑蓋、地下足袋、錫杖修理。

20170703212230228.jpg

残念ながら、春から乾燥させていた棗の杖は間に合わず。
というか、さすがに乾燥が進んで進んだものの、まだまだ重い。

2017070321223152d.jpg

もう少しじっり削って柿渋塗布で来年を目指します。
錫杖頭だけ吉野か洞川で探してみよう。

ということで、準備をしながら日曜日にいただいたパンフレットを眺めているのです。

20170703212233c28.jpg

遠足をまつ子どものようですか??(笑)

うちのオヤジが昔に同じように準備しているのをみて、「そんな魅力あるところなのか?」と疑っていたのが懐かしい。

今や、父より綿密に準備をしているかもしれない。

先達として、終始行に入るわけなので不備があってはいけない。
自分に不備があれば、度衆や新客への対応ができない。

実は楽しさでフライングしている準備はなく、
心構えも含めた責任の準備なのです。

山に行けば行くほど道中もそうですし帰ってきてからの里の行へも求められるものが高度になっていきます。

これが、終わらない一生の行というもの。

小さいことですが、準備というのも修行の一端なのです。

仕事も何事もそうですが、
「段取り八分」という言葉があります。
事前の準備は物資も心構えも体力も健康もすべて大切。

何事も余裕をもって準備を整えよう!

と、いいながら今年は若狭三山の前行にいけていない。

こう書いていると、若狭坊は何でも段取り八分が上手そうに見えるでしょ(笑)

そんなに出来た奴ではないです。

やっぱり山に入る、山に戻るのが楽しみなのです。

日本遺産サミット(日本遺産交流市)


週末二日間は…

20170702132638822.jpg

全国から54の日本遺産が集まり大盛況!

20170702132642267.jpg

京都の方々は、若狭や小浜にかなり親近感をもっていただいていることを改めて認識。

20170702132639561.jpg

焼き鯖すしは二日とも、あっという間に完売。
ありがとうございます。

おかげさまで、わたしは猪フランクしか食べる時間がなかったです。

20170702132644c9f.jpg

野性味あふれ、おいしかったです。
丹波篠山の一品でした。

若狭坊のブースめぐりは

2017070213264119d.jpg

吉野にはじまり、

三徳山

201707021326459b9.jpg

あと出羽三山や四国遍路やら大山やら会津観音など…

よーけおまいりさせていただきました。

たくさん小浜もPRし、お参りし、
よい前行になりました。

今晩の読み物はパンフレットたちです(笑)

20170702132647636.jpg

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
670位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
102位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR