近づく入峰

あと2か月ほどで大峰入峯です。

毎年同じようなことしか書けないのですが
数人から今年の情報を!と依頼を受けましたのでアップします。

といっても先達会議も終わっていないのでなにも決定していません(笑)

日だけは決まっています。
毎年、金峯山寺の蓮華会への出仕です。
7月7日に吉野で蓮華会(蛙飛び行事)。
翌8日に山上までの蓮華奉献入峯。
翌9日に奈良近辺の観光地をめぐって小浜に帰ってきます。

今年は金曜日から日曜日の行程になるので多くの方にご参加いただけるといいですね~。

さて、
修行ですから、全国でも著名な修行の山に入っていただき無になる体験はなかなできない。
もう一つ、1300年前の奈良を媒介とした北と南の聖地のロマンもあります。

毎年、7月7日、8日に行われる吉野金峯山寺の蓮華会は、室町時代から現在まで続く伝統ある行事です。

rennge1.jpg

起源を奈良時代や平安時代まで遡る可能性もあり、奈良県の無形民俗文化財に指定されています。
修験道(山伏)の本山とも言える吉野の蔵王堂から大峯山上までを舞台にした2日間にわたる壮大な行事です。

renge2.jpg

山とともに生きてきた日本人を体感できるロマンある行事、修行として全国的にも有名です。

行事を簡単にご紹介します。修験道の高祖、役行者さまが産湯に使われた蓮池の蓮を
蔵王堂および山上(一般に言われる大峰山)に至るまでの各所にお供えする行事です。

行事の中では、日本三大奇祭ともいわれる「蛙とび行事」もあります。
こちらは、神仏の罰を受け、蛙になってしまった罪人を修験者の験力により元の人間に 戻すというものです。

7月7日の吉野山は、蛙御輿が巡航してお祭り一色です。

renge5.jpg

その中で、わたしたち若狭の衆(若峯講)は、蓮華宝輿と蓮華桶を蔵王堂にお運びする大役を担います。

renge3.jpg

なぜ地方の講が本山でこのような行事の大役を担っているのでしょうか。
それは古くからの若狭と奈良のつながりの一端かもしれません。

renge4.jpg

奈良時代、東大寺の創建には行基を筆頭に数多くの優婆塞(山伏などの在家仏教徒)が関わっています。
彼ら優婆塞は、神が住む山を敬い、かつ外来の仏教や道教 (先進的思想や文化)を受け入れた、
いわば伝統と革新を共存させた先駆的な人たちです。

海に開かれた国際都市若狭はその先進地であり、多田寺の勝行は東大寺僧となり、
実忠や良弁という東大寺二月堂に関わった渡来僧たちの痕跡も数多く残しています。

その最大の事跡が「お水送り」と「お水取り」です。
一方、紀伊山地の霊場 も同じく山を尊び外来の文化を受け入れてきた地であり、
東大寺創建の際には、吉野金峯山も東大寺と深く関わっています。

renge6.jpg

このような、若狭と奈良、吉野のつながりが連綿と続いてきた一端が、蓮華会による若狭の蓮華御輿の奉献かもしれません。

1300年の歴史と、山に神仏を見た日本人の心を知る上で貴重な体験になると思います。
御輿を背負い月日の重みを、蔵王堂の内陣や奥駈道や行場では、ぜひ神仏が宿る山の自然から、 一年の力をいただいてください。
無になって初夏の山を歩くと心が洗われます。

「男は一度は大峯詣り」と古くから若狭に根付いていた行者講文化。
貴重な祭礼とともに体験することができます。経験豊富な先達衆がご案内いたしますのでお気軽に修行体験をしてください。

お待ちしております。

って、毎年同じようなこと書いてますねぇ~。

これから本番にかけて山や修験ネタが多くなってきます。

徐々に新しい情報もお出しいたします。

スポンサーサイト

春は時間の流れが早いぞ


まだまだ小坊主の優勝の余韻が残る若狭坊です。

朝勤行もお礼参りです。

20170426060414126.jpg

素敵な朝です

20170426060415c88.jpg

刻々と変わっていきます。

昔は三脚据えて一時間くらい撮影してました。
いまやスマホでパシャパシャ(笑)

さて…

昨日は某寺院にというか
昔からお世話になっている先生にお願いに…

20170426060417f65.jpg

宗派わかりますか?

てな話は置いておいて…

今年は放生祭という若狭を代表する祭礼の専門調査を担当させていただくことになりました。
もはや、私の専門は何?なのでしょう^_^;

精一杯やるだけですが

そうそう
まもなく鯖街道ウォーキングやウルトラマラソン。

前夜祭のおもてなしが進みません。

が、なぜかオリジナルTシャツだけ進んでいます

20170426060418d29.jpg

ぜひお買い求めを!

https://shop.sabafes.com/


勝利の美酒☆


素敵な南無南無

2017042405264399d.jpg

これから天気のいいときは
多田大明神の素敵な御姿

元気がでます。

週末はめずらしくお願い事をしました。

小坊主の活躍を…

2017042405264587b.jpg

おかげさまで緊張の試合を勝ち抜き優勝!!!!!

2017042405264668b.jpg

また一つ成長しました。

さあ、次ができた。

勝利の美酒で二日酔いですが…

サポートがんばります。

白山開山1300年


朝の日課の野菜スムージー

201704211242507e2.jpg

病気後から毎日1.5~2literくらい飲んでます。
朝食前と仕事に行った後の午前中の二回にわけていただいています。

若干中身は変わりますが、
基本は小松菜、人参、林檎、檸檬、豆乳です。
体の中からの健康!

さて、前日の書き込みでそろそろ山の季節!
と宣言しましたが…

今年は白山いかんとあかんな!

2017042112424922e.jpg

壊滅した白山行者さんも復興の兆しです。

吉野で修行されていた方
田中利典師から伺っていましたが、
初めて新聞でお会いすることができました。

蓮華会のあと、白山ご案内いただこうかな!


いやぁ、山に登る元気もでてきました。
ちなみに本日は若狭坊47回目の生誕祭です。
(畏れ多いことですが「お大師さんの日」でもあります)

このブログも7年目に突入!!

健康に感謝です。

まちづくり弁当


今朝の南無南無☆

2017042005511077a.jpg

田んぼも起こされ、目覚めた蛙も鳴き始めた。
山は山桜、そして木々の新芽の緑白色。

花粉も終わり、この季節が一番好きかもしれない。

我が家のシャガも乱れ咲き。

201704200551132da.jpg

なんか早いぞ。
シャガが咲くと、山に行かなければ!と思う。

多田大明神にするか青葉にするか飯盛にするか…

悩むところだ。


さて、最近若い人にまちづくりの相談を受けることが多い。
市外でそのような講演を求められることもある。

その時、まちづくりを弁当に例えることがよくある。

空腹時、美味しそうな弁当が目の前にある。
どうしましょう?

この弁当はいくらするんだ?
腐ってないか?

なんて色々考えていたら始まらない。
空腹なんだからガツガツ食べようよ!
お腹いたくなったら陀羅尼助がある(笑)

まちづくりも同じ!
やりたいことは、考えるも大事だけどまず行動に移そう。
失敗したら軌道修正してくれるお医者さんは見つけておいて。

でもガツガツ食べる中でも、それぞれの食材に想いをこめた生産者の方々への感謝や想いを常にもとう。

まちづくりも同じ。
自分の想いもそうだけど、それぞれの想いに理解を持つことが大事。

あっ、でも食べる前に、やっぱり身の丈にあった弁当かどうかは検討しよう。
食べてからお支払いできないは犯罪になる。
のり弁でいいやん。
その中に光る食材を見つけて美味しくいただこう。

ガツガツ食べるのがいいけど、自分の目標やポリシーを持つこともあるかもしれない。
食べ順ダイエットするときには、野菜から食べようよ。

まちづくりの時には、キーマンになる人を最初に押さえて想いを共有しよう。

食べ終わったら、感謝の気持ちで「ごちそうさま」と言おう。

その気持ちと言葉で次の事業につながる。

そうだ!お弁当はみんなで食べようよ。
仲間がいれば美味しさも倍増だ。

あっ!うどんソバでいいときにステーキ弁当食べないよね。
仲間に押し付けてもいけなにね。
例え滅多に食べられないご馳走でも、みんなも、うどんやカレーでいいかも知れないから。

こんないいものだから!と押し付けてはいけない。

自己満足に陥らず、常にニーズを考えないと。

こんな、理屈臭いことばかり行っている。

おっさんになったものだ(笑)

「行動のないところに結果は生まれない」
「一人で悩まず抱えずみんなで乗り越えよう」
「最小の経費で最大の効果を」
など…

実は仕事にも繋がることなのです。

学芸員はがん!?発言


地方創生に歴史ブランドは大きな影響力をもっている。
日本遺産はその最たるもので、まもなく第3期の認定が発表される。
文化財を観光に活かす!は、観光振興施策の大きな柱として国が掲げている。

地方創生担当大臣のご発言。
「一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ。」

おおっ怖い。

その後の発言では「全部首にしろは言い過ぎだが、観光マインドを理解していなければ代わってもらうという気持ちでやらないとできない」といわれている。

おっしゃりたいことは判ります。
たぶん地方創生の事務方が、学芸職の発言により進まない歴史をいかした地方創生を吹聴しているのでしょう。

極端なんですよねぇ~。

じゃあ、文化マインドをもたない観光担当や観光事業者を一掃しなければならない!というのと同じなので。

人には得手不得手がありまして、
だいたい専門職といわれる学芸員の方で、観光やまちづくりを含めた広い視野をもてる人は実際多くはない。

一方、観光まちづくりを進める専門職としても、すべての歴史スキルを身につけていくことはできない。

結果、持ちつ持たれつの組織体制が一番大切なのです。
国がそういう言い方をするのであれば、文化庁専門職員にすべて観光まちづくりスキルがあるかどうかを問いただしたい。

ただ、若狭坊は歴史を研究して活かす上では観光マインドは欠かせないことを十分ではないだろうが心得て仕事をしているつもりで、大臣がおっしゃるイライラに直面することも同僚間や全国の学芸員を見ていて多々ある(笑)

でも、本当は突き詰めた専門的な研究があってこそ活かせる。
だから、調査研究する人、活かす人、それぞれが受け持てればいい。
喧々諤々しながら進めればそれでいい。

でも、調査・研究・活かす・動くまでのスキルをもった学芸員が求められる時代。
若狭坊はそうありたい。


最近、活かす、動くという方に傾倒していたけど・・・
部署もかわったので、少しは調査研究もせんとあきません。

昔では考えられないのですが、同じ部署に4人の学芸員の後輩がいます。
若狭坊が関わってきた食文化館にも2人の学芸員の後輩がいます。

専門ばかりで、周りが見えない学芸員には「広い視野」と「活かすための人脈」を言い聞かせています。
活かすを得意とするコミュニケーション能力をもった学芸員には「誰にも負けない専門分野の構築」を言い聞かせています。

ちなみに大臣は今朝、上記発言を撤回お詫びされています。

学芸員にもがん患者にも失礼な話ですからね~。


ご遺徳を偲ぶ


今日は小浜の偉人2名が旅立たれた日

5年ぶりに佐久間艇長顕彰祭へ参加。

201704160517302c6.jpg

日本初の国産潜水艇。
その訓練中で沈みゆく艇内での
沈着勇断と心遣い。

海外でもその姿は教本にでてきます。

参加者はご高齢の方が多くなってきました。

201704160517320cf.jpg散る

桜舞散る銅像。
愛する小浜の海と母校を眺めていらっしゃいます。
この姿さえ知らない市民の方が増えているといいます。
残念なことです。

さて、1日準備から片付けをすませ、
登美子女史の墓参り

201704160517356a0.jpg

5年ぶりに仕事につかせていただくことをご報告。

薄命の明星歌人。
本当なら与謝野晶子より著名になる女性でした。
いや…ずっと影の人として生きたかもしれませんが、たぶん故郷小浜に多くのものを残してくれたと思います。

多くの方に山川登美子記念館を知ってもらう。
関わってもらう。
若狭坊の使命です。

終わってスーツで桜散る小坊主の練習お迎え

20170416051733d6c.jpg

夕飯をかきこみ市民ソフトへ

20170416051736df4.jpg

残念ながら一回終了時点で雷雨中止。

あわてて役員会出席で
総会の資料打ち合わせ。

相変わらずハードな1日だ。

明日は1日若狭マラソンスタッフ!
教育委員会の定めです(笑)



トラディショナル&フェスティバル


朝の南無南無@多田大明神♪

2017041317314296b.jpg

職場からみた小浜の町の夕闇☆

201704131731438ca.jpg

今日もお疲れさまでした。

ということで??
最近少しずつご褒美

20170413173140711.jpg

奈良の名酒!「梅の宿」

一昨年だったかな??
大峯蓮華入峰の後に寄った蔵です。
ゆずの酒など女性向きのお酒のイメージが強いけど、
旨い純米酒です。

さて、大峰山まで3ヶ月も切り、これからは大峯ネタが増加していきます。
今は桜を愛でに吉野山に行きたくてしょうがありません。

で、吉野山といえば私たちが出仕する蓮華会ですが。
蛙とびが有名で日本三大奇祭。
でも、メインは蔵王堂内の蓮華会であり、
翌日山上までの拝所に花を供える由緒ある行事。

蛙とびはいわば一般民衆に対する魅せる祭りであり、花のある催し。

単純な法要、法会だけでは新しい人材も浄財も集まらない。

両方が祭りの大切な要素。

ただ、魅せるフェスティバルに傾倒してしまうと行事の根本がなくなってしまう。

民俗行事は本当に面白い。
何が正解なのかもわからない。
たぶん変わりながら伝承されてきた全てが正解。
そして根本を見失わないように日々変化も必要。

蓮華会と蛙とびなんかはそのバランスが取れているんじゃないかな?
山伏と験力の物語も出来上がっている。

この分かりやすい物語も伝承には大切になってくる。

窪谷の六斎なんかも「祈る」と「魅せる」が絶妙のミックスバランス

お堅いのもキライ
やわらかすぎもキライ
どちらも大切!

これこれ「人」が関わる文化財。

伝統だけのものには新しさをミックスしましょう。
決して悪くありません。

そうすることにより、新たな継承の担い手も出てきます。


伝統文化の継承は日本全国の課題。

そういうスタンスの人間が文化財保護行政に関わっていていいのだろうか…(笑)


花供懺法会



修験の総本山、金峯山寺には三大行事があります。
「鬼も内」の節分会
若狭坊含む若峯講が出仕する蓮華会

そして、吉野といえば桜!
ということで金峯山寺最大の法会でもある花供懺法会(はなくせんぽうえ)です。

この行事は、本来、修二会の行事ですが時代の変遷や廃仏毀釈を経て現在の4月10日・11日・12日に行われるようになったそう。

修二会といえば、お水送りとお水取りなので若狭坊は興味津々です。

花供懺法会の起源は古く約1000年前にさかのぼるといいます。

由緒は様々な説がありますが、その昔、桓武帝が長岡京にて病に伏せったとき、吉野山宝塔院の高算上人の加持により病が平癒し、高算上人の望みにより吉野山蔵王権現のご神木の花神の供養が始まり、それが起源といいます。

そして、その費用を全国から一畝につき一穂の喜捨を願い、
全国から集めた米で4月10日に「吉野千本搗」で餅を搗き、参詣する人々に振る舞ったことが、現在の行事になっているといつことです。


明日からは花供懺法会の法会が2日に渡り行われます。

朝10:00、竹林院から行列が出発。
蔵王堂へ向かいます。

行列は、露払・会奉行・宗旗・会式協賛会旗・法螺、そして奴の行列となり、先達・挟箱(はさみばこ)・鳳・毛槍・算盤・傘が練り歩きます。

続いて、稚児・鬼・山伏・吉野山一山僧侶・法螺が歩き、管長の駕籠・信人総代の長い総勢250人の行列となります。

行列は、竹林院・櫻本坊・喜蔵院・勝手神社・東南院前で奴が「奴踊り」を踊ります。そして、蔵王堂へ奴踊りをしながら入り、行列が堂内へ入って行くのを蔵王堂前で見守ります。

その後、堂内では鬼踊りの後、花供懺法会が厳修されます。そして蔵王堂境内にて彩灯大護摩供が修せられ、その後、盛大に餅撒きが行われます。

現在の花供懺法会は、名だたる吉野山の桜の象徴的行事ですが、本来は、修二会の行事であり、堂内で行われる鬼踊りは、修二会の名残です。

花供懺法会は、廃仏毀釈以降は近代的な解釈が生まれ、現在のように「開祖役行者尊が御本尊金剛蔵王権現を御感得されて、そのお姿を桜の木に刻まれて以来、御神木としてあがめられている桜木を御本尊にお供えし、本年の桜の満開をご報告する儀式」という形になりました。

下千本は桜も見頃のよう。

桜の季節に一度は蔵王堂行きたいな~。

(参考:吉野山FB記事)

春爛漫☆


お釈迦様の誕生日ですね。

南無釈迦牟尼仏

さあ、春です。

関係ないけど木曜の検診の血圧です(笑)

201704081833331f0.jpg

病気後は健康そのものです。
低血圧気味が元にも戻ってきました。

春やから、もう少し体重増出来るよう身体を作りたい。
病気前には考えられない言葉です。

20170408183336abd.jpg

漁港も春らしくなってきました。
サヨリちゃん!
刺身で食べたい!!

春鯖のいいのが定置にも入り始めているようです。

身体作るのなら旬をいただいて作りたいものです。

201704081833347a0.jpg

桜も開花ですが駅前に花が咲きました。

有志の白ゆりかざり隊が駅前の顔をキレイにしてくれました。
若狭坊が昔関わった展示パネルも貸し出しです。
山川登美子を想う新しいメンバーが増えていくのはいいこと。

どんどん協力して仲間を増やしていきたいです。

昼間は気温26℃の中、桜の下を気持ちよくウォーキング。

2017040818333798b.jpg

で、桜の下の野球。

20170408183339652.jpg

毎年回ってくる花の季節。

でも、同じではない。
二度とない、一回しかない。

みんな一生懸命悔いのないように♪


さて

昨日は区役員会計の引き継ぎでしたが、
今日は第一回役員会。

自警団長もスタート!

なんか…
忙しい一年になりそうです^_^;

ダイアモンド多田


朝勤行再開ですが

彼岸から4月頭まで楽しめる景色。

201704051714159fa.jpg

ダイアモンド多田

私の住む地域では、
多田ヶ岳から日が昇り
飯盛山に日が沈みます。

2017040617364764e.jpg

パワースポット

さあ、元気にいきましょう♪

新入生気分


今朝の南無南無☆

続きを読む

終わりは始まりでもある


28年度の最後は送別会でした。

それぞれが新しい始まり!
めでたいことです。

めでたい旬の食☆

20170402184115e73.jpg

あまり好物でもないけど踊り食っときました。

たまにはしっかり命をいただく!を感じないと。

おかげで深酒になり、
31日(金)ということもあり、代行を寝ながら待ちました。

翌日は早起きして小坊主の練習試合vs高浜&舞鶴東。
途中抜けて職場の引っ越しと引き継ぎ。
また戻って試合と練習を手伝い、
夜は区の新役員懇親会。

連チャンなので押さえぎみにして
翌日曜日は練習試合vs大飯。

ただいま燃え尽きております。

個人もチームも、それなりに進歩しています。
いい形て春の小浜予選会に挑んでほしいな。

帰ったら市兵衛さんから素敵な届け物。

20170402184118eb6.jpg

若狭坊の新しいスタートには最高のプレゼント。
くぼたんの記録として
文化財記録として
残っていくものです。

そうそう
新しいものといえば

20170402184120e94.jpg

こういう地域情報誌もスタートしました。

今後が楽しみ。

若狭坊も今後が楽しみと言ってもらえるようにし、
その期待に応える人になっていこう!

からだ壊すほどの無理はしませんが。

まず今月はしっかり仕事の地盤をかため、
小坊主の勝利で癒されたいものです。

47歳の誕生日の月にもなりますので(^_^)

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
660位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
97位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR