ストリートビュー公開

日本遺産で撮影した若狭小浜の宝たち。

本日、Googleストリートビュー公開。

上根来から遠敷峠までの林道や・・・

明通寺や神宮寺の参道・・・

はたまた蘇洞門めぐりまで!

ぜひご覧くださいませ。

参考⇒ 蘇洞門

スポンサーサイト

ふるさと茶屋「清右ヱ門」


何回かご紹介しておりますが、
今日は上根来「助太郎」とともに10月に開館した「清右ヱ門」をご紹介。

遠敷丹後街道の町並みの中。
南に向かう鯖街道との交差点からやや西側にあります。

P1060758.jpg

地域の中でも目を引く広い間口を持った大型の商家。
築200年といわれる旧家です。
近代はラジオ店だったといいます。

昨年から福井県の補助を得て、「ふるさと茶屋」として整備されてきました。
丹後街道をめぐる観光客の休憩処。
そして、遠敷の活発な地域活動の拠点として活用されます。

地域住民と観光客が交流し、地域が活性化するといいですね。

P1070445.jpg

表の間に接して、このあたりではガッタリと呼ばれるアゲミセが復元されました。
玄関を入ると吹き抜けの長いトオリニワ。
展示室として活用されています。

DSC_2700.jpg

奥には付属屋がありますが、こちらまでは整備されていません。

母屋の座敷はオモテ、ナカ、オク。

DSC_2687.jpg

ナカノマには二階にあがる箱階段があります。

DSC_2688.jpg

オクノマからは、中庭とその奥には土蔵が望めます。
左の水場(トイレ)の飾り窓は三日月。

DSC_2689.jpg

右の水場(ダイドコ)の飾り窓は満月。

DSC_2693.jpg

この奥座敷は、裕福な商家の面影を残しています。

すでに地域活動や祭りの場、交流の場としての活用が進んでいます。
遠敷のまちづくり・・・元気です。

助太郎とともに街道観光と地域活動が融合した新しい光をもちそう。
古民家は、元の雰囲気が見えるだけに復元するのが一番。
後はどう魅せるか、どう活用するかというソフトです。

ソフト面では、重伝建の小浜西組を越えていきそうな気配です。
いや・・・景観保全も県の伝統的民家群として進んでいるし。

やはり、気持ちがある人が集っている地域は魅力的。

今後が楽しみですね。


イルミネーション木曜会


11月は若狭坊が木曜会幹事だった…らしい(笑)

と玉さんやAPECさんからの着信で気付いたのは第四木曜日当日のことだった。
ごめんなさい。

ということで翌日の金曜日に、急遽開催をさせていただきました。
木曜会は、これまでブログにも書いてきましたが毎月第四木曜日に開催するまちづくりに参加する皆さんや行政、マスコミなどが垣根をはらって情報交換するただの飲み会です(笑)
でも、ただの飲み会ではなく、お互いの腹をぶつけ合って話して、現実的なまちづくりイベントや活動にもつながってきました。
いい仲間のあつまりです。

垣根のない団体ですので、小浜の方はぜひご参加くださいませ。


ということで・・・
今回の趣向(酒肴)は、まちの駅のライトアップ「無眼」

1611251144(1).jpg

点灯式に参加してから、フードコートで軽く一杯!!!という感じです。

5時過ぎからのオープニング式典を経て点灯。

DSC_2706.jpg

なかなかのものです。
設置協力された小浜商工会議所青年部メンバーにも感謝です。

来年の1月15日まで実施。
そして、毎日30分間隔で音と光の無眼ショーがあります。

無限・夢幻の小浜ショーをぜひお楽しみください。

木曜会は・・・

音と光を肴として、それなりに頂きました(笑)

DSC_2702.jpg

準備したのは若杯者と和笑と百笑酒という若狭産若者の酒。

鯖の刺身をアテに若返りましたとさ。
おかけで午前様でした。

眠たい目をこすって土曜日は口名田フェニックス六送会

DSC_2718.jpg

親子親睦試合のあと、笑いと感動の懇親会でした。

DSC_2721.jpg

余韻を引っ張り、この夜も遅くまで・・・・

けだるい日曜日の朝です(笑)



小浜で鯖が熱い!!!


今年3月にAKB48を卒業した岩佐美咲さんのソロシングル

「鯖街道」

が2017年1月10日にリリースされます。

もちろん奥様が小浜出身の秋元康先生のプロデュースです。
先日、市内でPVの撮影がありました。
発売が楽しみです。

くわしくは→ ORICONニュース

そして今日は朝から・・・

DSC_2682.jpg

ピチピチの鯖ちゃんが全国ネットで生放送されるはずだったのですが・・・

DSC_2685.jpg

地震による特別編成のため休止となりました。

また、放送されることを鯖街道の起点から祈っています。

DSC_2686の2

サバスも沸々と人気が出てきました・・・

OCK_7911.jpg

さばトラななちゃんはもちろん小浜の顔!!

yjimagewai.jpg

鯖街道の起点の面白そうな鯖のまち小浜を訪れてみたら・・・

あれっ御食国ってすごいやん!!!
1500年前からの歴史を感じ、美味しいものづくし。

あれっ、海と都をつないだ日本の玄関やん!!!
日本の歴史をたどる歴史文化が美しい自然の中にザックザク。

日本の和食文化と国際交流文化の原点が小浜にはあります。

美味しいものを食べ先進の文化学べる地であるからこそ
全国的に稀なほど、偉人を輩出してきました。

来年は小浜藩医であった杉田玄白先生の没後200年。

若狭坊も鯖のDNAをたっぷりとって、
来たるべくインバウンドの受け入れのため英語を学ばなければ・・・

いや、英語の方は娘に任せます(笑)
英語を勉強して、小浜の観光に携わりたいと嬉しいことをいってくれます。

ありがとう。
いつまでも見守って応援するよ♪


ひかりもの


金曜の夜はちょっとした同僚のお祝い♪

気の合う仕事メンバーで・・・

ひさびさにブランデーまでやっちゃいました(笑)

DSC_2678.jpg


ちょっとけだるい土曜日は・・・

お客様の旭座アテンド♪

DSC_2680.jpg


だいたい月に数回あります(^-^)/

所管部署より対応が多いかもしれません(笑)

屋外広場はイルミネーションの準備がほぼ完了していました。

小浜YEGの皆様。本当にお疲れ様です。

イメージは海らしいけど、鯖泳がせてほしかったな。

DSC_2679.jpg

いま、秋サバ最盛期みたい。
市場にもガンガンあがってるし。

FB_IMG_1479385827558.jpg

高校の同級生「のぶた」の釣具屋さんのブログみても結構釣れている。

夜の光物と青光りの鯖のコラボって・・・
おもしろくないかな。
せくみ屋さんの外壁にプロジェクションマッピングするか(笑)

今日・・・
日曜日は娘とデートしました。
今年から高校生ですが、仲よくしてくれます。
父としては嬉しい限りです。

そして・・・

高校の友人「まさん」が美味しそうなネギを届けてくれました。

DSC_2681.jpg

青春が輝いていた高校時代。

農業するものもいれば経営者として情報発信しているものもいる。

負けないように光り輝かないといけない。

鯖に光をもらおう!!!




若狭おばまの密教寺院紅葉


今朝の定点南無南無☆

DSC_2677.jpg

本当に日々ちがう山容をみせていただいております。
今日は、冬のような澄んだ空気に、スーパームーンの名残の月光が残る朝でした。


さて、先週の土曜は鯖街道の中腹が紅葉ピークでしたが、
もう山麓まで下りてきましたね☆

いよいよ、多田ヶ岳の麓に点在する社寺も紅葉のピークを迎えます。

今週末は、明通寺、萬徳寺がライトアップ!!!!

15032163_999509933492930_5093382509322280130_n.jpg

続けて22日、23日には若狭神宮寺のライトアップです。

ともに最高のロケーションをお楽しみいただけると思います。

ちなみに・・・
週末は若狭歴史博物館がナイトミュージアムで開館しており、各寺院へのバスも発着します。

1aa1無題

なんと外壁には「小浜城下蘇洞門景観図」をプロジェクションマッピングするんですって☆

楽しみですね。

週末は、日本遺産の若狭小浜の由緒ある社寺の紅葉を愛でてくださいませ。


若狭坊は・・・

本山の蔵王権現様が今週末からご開帳ということで・・・

FB_IMG_1479296741294.jpg

日程模索中です。

紅・黄の色も素敵ですが、青の仏様もいいのです!!

近鉄の豪華特急「青の交響曲」も気になりますね~~。


小浜も、もっと高級志向で売り出していかんとあかんのです。

らくごづくし


今月末まで旭座は落語尽くしですよ~。

今日、16日(水)は、14時から第1回桂福丸旭座落語会

20161111095337.jpg

平日昼間なので行きにくいかもですが・・・
小浜発の落語ユニット「染寿丸」メンバーでいらっしゃいます。
いきたい・・・

なんと夜は落語ワークショップが開催されます。
落語の歴史や演じ方、扇子と手ぬぐいのはなしなど・・・。
昼間の落語会は木戸銭2000円ですが、夜は、な…なんと無料です。
こちらは19時開演です。

20日(日)は、恒例の旭座ちりとてちん寄席。

20161111095329.jpg

今月は林家染二師匠です。

しっとりとしたしぐさが素敵で、
落語を聴きながら見惚れてしまいます。

そして27日(日)は、桂きん枝師匠の登場です。

20161111095320.jpg

上方落語協会との連携協定で、ますます落語な小浜旭座です。


日本遺産大学


日本遺産大学開講いたしました。

記念すべき第1回の記念講演として、
日本観光振興協会の丁野朗先生にお話いただきました。

DSC_2676.jpg

私みたいなものにもほんとに気さくにお話いただけます。

1日目の講演前には、遠敷「清右衛門」→「神宮寺・鵜の瀬」→上根来「助太郎」
という、激アツコースです。

DSC_2674.jpg

夜は顔なじみメンバーで、先生を囲んで懇親会。
こちらが正直本番ですね(笑)

2日目は、朝から「お魚センター」→「フィッシャー・マンズ」→「西組」へ

もっと海を・・・という貴重なお話をいただき、
かつ次に行くにはここを見習ったら?というご提案までいただきました。
ありがたいことです。

その後は、県内の日本遺産担当職員対象の勉強会でした。

昼食でも意見交換いただき、
2日間、本当にフルでご指導いただきました。

丁野先生ありがとうございました。

そして、これからもよろしくお願いいたします。

ということで、
小浜鯖のポスター乗せときましょう。

FB_IMG_1479115569103.jpg

小浜の鯖は今年末から来年にかけて新たな展開をみせます。

日本遺産は、産業・地域活性化が目的。
積み上げてきたものが徐々に形になっていきます。
楽しみにしていてください。

根来坂(鯖街道)~百里ヶ岳(トレイル)~木地山峠


宣言通り。

今年の山納めは多田ヶ岳ではなく、一年の総計ということで上根来起点の百里ヶ岳周回にしました。


8:30 上根来の休憩処「助太郎」をスタート。

DSC_2640.jpg

今日も一人旅。
山伏装束ではありません。
持っているのは熊除けの持鈴(五鈷鈴)のみ。

気楽山行です。
小浜の写真家のS川さんとばったり出会い、談笑後に・・・

8:40 根来坂旧道登山口

DSC_2642.jpg

先日の上根来ワークショップでつけた看板を辿っていきます。

9:10 ゴザ岩(御座岩)

DSC_2647.jpg

若狭彦神がご降臨された時に腰掛けられた岩には神秘的な光が差し込んでいました。

DSC_2648.jpg

正面には若狭神体である多田ヶ岳をきれいに遥拝します。
朝ウォークの反対側から南無南無。

ちなみに、このゴザ岩は20年来50m上にある岩を想定していました。
さまざまな書物に掲載されているものとは違うものを今回住民の皆様の伝承検証からゴザ岩と再指定しています。

看板は旧ゴザ岩を想定して作った説明文なので、現在の真のゴザ岩の説明と合致していません(^_^;)
すみません。

林道へ出ると、近年にないきれいに整備清掃された道。

DSC_2649.jpg

林道舗装工事が始まるので掃除したんだな。
11月の紅葉・雲海をみるための車来訪のチャンスですよ。

でも所詮は林道。
落石バンバンですから、あくまでも自己責任ということで・・・

9:30 池の地蔵

DSC_2651.jpg

フカフカの深掘れの道を歩み・・・

DSC_2652.jpg

9:50 根来坂峠(針畑峠)

今回の山は来訪者の安全確保も目的であり・・・
浮石や枯れ枝の除去をしながらだったのでちょっと遅い。

浮石は下に落とさないように・・・下に落ちない位置に移動。
フカフカに気を取られて捻挫しないよにね。

東に方向を変えて高島トレイル入り。

10:40 百里ヶ岳山頂

DSC_2657.jpg

一気に増える登山客とあいさつするが、できない高齢者多すぎ(ー_ー)!!
こまったもんです。

11:15 木地山峠

DSC_2658.jpg

峠の地蔵尊に南無南無し、
北に足をむけて下山開始。

道は根来坂より若干荒れているが、きれいな深掘れ道もある。
そう!ここもちろん鯖街道なのだ。
というか木地師がいたと思われる平場が峠付近には点在している。

職人の場ですね。

こちらは紅葉が結構楽しめる。

DSC_2660.jpg

赤や黄色に目を向けてゆっくり下りていく。

DSC_2661.jpg

そして・・・

12:00ジャスト 上根来助太郎着

お弁当ひろげてゆっくり昼食タイムです。

DSC_2663.jpg

冷え切った手で、助太郎ノートに書き込み。
第1号なのに、手が思うように利かず、ちょー汚い字(^_^;)

ゆるしてね。

ごろんと横になり

DSC_2664.jpg

百年以上、生活を見続けてきた素敵な梁をながめ

13:00 車にて下山

下山前に里山集落を散策に来られた高齢の方や、炭焼きの炭出しにいらっしゃった元住民の方と談笑し、いい気分で帰ります。
普通なら、即「濱の湯」なんですが、まだ傷口見られるのイヤなので我が家風呂です。

そして現在ブログ更新中(笑)

山の会ガイドでは6時間くらいの行程かな?
遠敷のふるさとづくり作成のマップでは10時間コースだった(笑)

ここを3時間半で回ってくるとさすがに疲れる・・・
トレイルランメンバーにいうと笑われるタイムだけど。

ともかく、充実したので今からお昼寝します。

おやすみ~♪


初物


今朝の定点☆南無南無

DSC_2638.jpg

あまりにも暗くなってきたので、ちょっと時間を遅らせています。
数日、冬のような寒さですね。


さて、一昨日だったかな??
初物いただきました。

DSC_2636.jpg

冬にむけて栄養を蓄えることができました(笑)

最近は鯖づくしだったけど鯖ではねぇ~

DSC_2637.jpg

いや・・・
今ではほとんど食べなくなったけど、昔はたくさん鯖子をたいて食べたというから鯖も冬にむけての栄養補給源だったんだろうな。
毎朝、通勤する南川では、落ち鮎を狙う鷺と鵜の大群を見ることができます。
そうそう、逆に鮭は遡上を始めています。
江戸時代は若狭の特産だった鮭です。

さあ、栄養蓄えたぞ!!

明日から若杯者は酒づくりスタートだけど若い面々にお任せして・・・

ちょっと山いってこよう。

今年の山納めになるだろうな。

根来坂ー百里ヶ岳ー木地山の周回で助太郎でまったりするか・・・
多田を南無南無して走るか・・・お悩み中。



来週の旭座イベント


久々に旭座告知をしましょう!!!

と・・・その前に・・・

最近、まちの駅には「鯖」が泳いでいます。
子どもと見に行ってくださいませ。



その場ですくってお刺身にしてくれます。
一尾3,000円、半尾1,500円です。

ということで・・・


13日(日)は、旭座狂言会

20161024153711.jpg

ワークショップなんかもあるのですが、チケット安いし既に完売かもしれません。
狂言おもしろいですよ~。
「ちりとてちん」にもご出演いただいていた茂山一座です。



14日(月)は、日本遺産大学開講

丁野さん

日本観光振興協会の丁野朗先生に、開講の記念講演をいただきます。

観光のまち小浜、日本遺産を生かした小浜を知る上で貴重なお話になります。

ちなみに3月までの毎月の連続講座になりますが、第2回は若狭坊が担当します(笑)
3回参加すると、非売品の日本遺産語り部ガイドと特製クリアファイルをプレゼントします。

参加無料ですので、まずは14日(月)18:00~ ぜひ旭座へ。



16日(水)は、桂福丸さんの落語会です。

20161024162249.jpg

旭座といえば、、、落語!!!ですから。

お楽しみくださいませ。


年末・クリスマスを前に、まちの駅では間もなくイルミネーションがお目見えします。

クリスマスには旭座で楽しいプログラムもあるようです。

楽しみですね☆♪


チームワーク

案の定体調を崩して寝込んでいた若狭坊です。

でも、昨日の日曜日は野球の体験入部ということで学校Gへ

4名の初々しい体験メンバーと2時間ばかり練習。
その後、通常練習に移ったものの、緊張感もなく早めに終了。
最初の教える!という練習ではしっかり先輩の役目を果たしていたが・・・
ティーボール試合になり先輩までもが遊び感覚になり・・・
その後の練習でも緊張感がなくなったという切り替えのできなさ。

なかなか子どもは難しいものです。
指導者や保護者としては、常に考えることを望みます。
野球は考えて行うスポーツですし、
それだけではなく、常に向上心をもって考えて練習することは何にも必須になります。
スポーツだけではなく人生において。

ここは考えず楽しむところ。
ここは考えて楽しむところ。
ここは考えて苦しむところ。
一人じゃなくみんなで楽しむ、苦しむ。

このあたりは、技術ではなくて
団体競技であればチームの成熟度と関係してきます。

このチームはまだまだチームとして成熟していない。
チームとしての楽しさや苦しさが理解できていない。
集中できないのはチームが信頼できる仲間で成り立ってないから。

この間の新人戦で、みんなが一体となって負けて泣いていたチームがあった。
このチーム強くなるな!と思った。
うちのチームには無かった。

練習試合で勝ってみんなで喜ぶチームがあった。
うちのチームにはない。
この間は練習試合でサヨナラ勝ちしたけど、喜びはなかった。
プロ野球でもよく見るが、サヨナラ勝ちはチーム全体で喜ばなければいけない。
試合内容のイライラ感がチーム全体に蔓延し、それを消し去っていた。

こんなことでは上にいくチームにはなれない。
技術的な考える野球を教えこむのと平行し、チームの一体感を創出せんとあかんな。

そこから練習や試合への集中感が出てくる。

考える野球の個々のスキルアップもそうですが、
チームワーク・一体感がほしい。


ここは、チームの仲間同士の話で、残念ながら指導者や保護者ではどうにもならない。
でも、競わす機会をつくり、チーム仲間同士で褒めあい、認めあい、指導する環境は作ることができる。
ここが今一番必要なんじゃないかな?
この個性あるメンバーが一体となったとき、強くなるだろう。
これからのオフシーズンにはそういう仕掛けが必要になるかもしれない。

ピンチになっても声をかけられない。
かけていても的外れだったりする。
これは個々に、「このシーンにはこう」と技術的に教えるよりも、
苦しみや楽しみを共有するチームに仕立て上げる別のアプローチが必要になる。

一例とすると
かなり古いが「スクールウォーズ」だったり、
最近、いや最近ではないが「ROOKIES」だったりする。

両方とも個性豊かな不良少年たちが主役だが、
「個性豊かな」という面ではなんら変わりない。
あくまでも一例だけど・・・

一体感を創出する熱さ!!!が必要なのかもしれない。
喜びと苦しみを共有できる。
むやみに怒る前に必要なことかな?

それと、「やる気・本気度」は、見た目一辺倒で判断はできない。
表に出てくる形は人それぞれだったりする。
大人の偏った目で縛り付ければ、じつは大人に都合のいいロボットを求めているだけになる。

仲間に打ち解けず、わが道を行ってしまうアマノジャクなウチの小坊主を差し置いて偉そうにはいえないんですがね(笑)
だからこそ、チームの仲間に手を差しのべてほしい。


てなことを考えつつ…
午前中出勤で、午後は1年検診です。

朝からチームワークを意識して、同僚と色々話ししてみよう。
どうしても、自分で「報連相」なしに進めていくクセがある。
やっぱりチームは大切にしないといけない。
喜び・苦しみを共有できるように。

午後は・・・
普通を装っていますが、かなり緊張しています・・・
ここも家族や友人・大切な人に支えられたチームの戦いですが
主役としては早く抜け出したいものです。


ハードスケジュール


2日は若干の体調の不調を感じながら・・・岐阜へ!

DSC_2630.jpg

日本遺産連盟の総会・研修会へ

福井県からも7名参加。
グーグルさんのお話がとっても面白く、仕事に活かしていきたいな☆
と思った。

終わって外にでると

DSC_2632.jpg

もう冬のような透明さと静けさがあります。

本番?ともいえる夜の懇親会に参加。
体調悪いにも関わらず、結局二次会まで行ってします。
一次会の途中で帰ろうと思っていたのに・・・

だめな性格です。
でもとっても楽しく懇親でき、新しい人脈もできました。

ホテルに帰り、飲み足りないので日本酒飲もうと自販機で買ったら

DSC_2633.jpg

最悪(T_T)
一口飲んで終わりました。

翌朝は岐阜朝ウォーク

DSC_2634.jpg

博物館で特別展をみてからトンボ返り。

昼前からは名田庄の野球場で小坊主の練習試合を観戦。

本当にストレスたまりますo(`ω´ )o

本人は一生懸命なんだろうけど、なかなかねぇ~。
なにより人に言われてシュンとしてしまう性格を直さんと・・・

昔の自分を見ているようです。
だからイライラするんだろうな。

でも、最後はレフトオーバーのサヨナラヒット。

二塁塁審をしていた若狭坊で、最近見たこともなかった笑顔を見せてくれました。

差引すればゼロくらいですが・・・

今日は一杯ほめてやろう。

そして、体調くずしそうだから早く寝よう。


百里ヶ岳の遭難騒ぎ


上根来に頻繁に上がっているだけに・・・
気になるニュース。

小浜市最高峰で関西100名山の一つでもある百里ヶ岳。
若狭坊も何回か登っています。

遭難さわぎ・・・
30日に滋賀県側から入山し、行方不明になっていた3名が
翌朝には無事に救出。

なにわともあれ
良かったです。

ただ・・・

午後2時半に入山ってどやねん!

60代後半から70代の男女パーティーで、
女性3名がはぐれるってどやねん!!!

認識甘いっていわれても仕方ないよね・・・


プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
687位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
93位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR