ストリートビュートレッカー


今朝の多田大明神☆

DSC_2400.jpg

僅かに光る月に向かって南無南無です。


午前中は若狭神宮寺の茶室において護摩堂跡を眺めて秘密会議。

DSC_2401.jpg

文化財の活用の前段にあるのは、もちろん保存や継承。
色々と意見を交換し、情報交換をしながら前を向いていくこととしました。

午後からは・・・

Googleさんからトレッカーというカメラを借りて根来坂の撮影♪

image1.jpeg

昨日から社寺境内などを撮影中ですが、鯖街道も撮らないとということで。

数ヵ月後には、ストリートビューでご覧いただけるようになるかと思います。

ストリートビューをきっかけに多くの方に若狭へお越しいただいたいものです。

今週中は市内の街中や蘇洞門などを撮影予定。
怪しい機械を背負った人を見かけたら遠慮せずにお声掛けください(笑)

初秋の風が吹き始めた根来坂は爽快でした。

台風後で空気も澄み、多田、久須夜、若狭湾と綺麗にみえましたよ。

DSC_2402.jpg

でも長く不安定な20kg弱のカメラを担いでの山行はしんどい。
普通のバックパックの20kgとは格段に肩にのしかかる重圧が違う。

息絶え絶えになんとか遠敷峠でゴールです。

image4.jpeg

しかし、500gの鯖30匹から40匹の背負いで京都へ向かった人々に比べれば・・・

昔の人は偉かった・・・

それとは別に上根来の道路の美しさ。
なぜ人がいないのにこれほど美しいの?

それは、上根来の旧住民の皆様でつくる百里会の美化運動の賜物。

国土交通省から道路美化表彰を受けられました。

IMG_9967.jpg

道路や水源の美化、山の管理、雪室などの新しい取り組み。


今のひとも偉い!!!のです。






スポンサーサイト

フェスティバル週末☆


おはようございます。

今朝の定点観測☆

DSC_2394.jpg

なんとも妖艶な朝焼けでした。
天気が崩れる前には朝焼けといいますが・・・
台風接近中ですから納得ですね。

さて、土曜日は「六斎念仏フェスティバル@旭座」

DSC_2385.jpg

かなりお問い合わせも多く満員御礼を期待していましたが、
おげさまで大入り袋がでるほどでした。
定員170名で席をセットしましたが、常時立ち見を入れて200名オーバーでしたね。
出演者と出演補助者だけでも100名以上いましたので、300名以上の入りです。

_20160826_140127.jpg

で・・・この大入り袋は勝手に昔の大入り袋をデザイン化して作っちゃいました(笑)

プログラム最初は浴衣で美しい柿本先生のご講演。
六斎念仏の発祥から伝播、伝承されてきた歴史。
若狭と京都の違い。
判りやすくお話いただきました。

その後、若狭の4つの保存会の六斎念仏。
講演を受けて順番にみると似ているところ、ちがうところ。
色々あって面白い。

DSC_2387.jpg

最後は壬生六斎念仏踊り。
芸能化した六斎の頂点をみた感じですね。

DSC_2388.jpg

企画運営とご協力いただいた皆様。
本当にありがとうございました。


片づけを大急ぎで済ませ・・・

夜からは地元くぼたんで第4回男気祭。

DSC_2389.jpg

若者たちが企画する夏の終わりの地域フェスです。
実行委員会に入っていますが準備委員会にもほとんど顔ださない若狭坊。

申し訳ないので必死で焼き鳥を焼いていました(笑)

今年はだるま窯保存会ともコラボ。

だるま窯型竹あかりを作成し

FB_IMG_1471090175318.jpg

キャンドルナイトとなりました。

FB_IMG_1472356978954.jpg

お酒を人並みに控えた翌日は・・・・

朝から学校の奉仕作業をして午後からは少年野球の座学。

DSC_2390.jpg

あっという間に過ぎ去った週末でした。

さあ、うつくしい朝焼けもみたから今週もがんばります。


鯖街道プチ南下


今日の定点観測☆

DSC_2368.jpg

ついこの間まで、4時過ぎだったこの風景。
今や5時過ぎです。

どんどん秋が近づいてきますね。


さて・・・

今日は仕事関係で、多田のふもとから遠敷峠を南下し根来坂まで。

まずは若狭姫神社。

DSC_2370.jpg

随神門から眺めれば、すばらしい本殿・社叢と千年杉。
過剰な看板と張り紙には興ざめしますが、若狭を代表する神域です。

ありがたいパワーをいただき、上根来へ向かう途中・・・

鵜の瀬周辺で30名を越すバックパックな面々が小浜方面に向かっている。

お話を聞くと、クラブツーリズムのツアー。

京都から分割して小浜をめざすツアーの最終で、
鵜の瀬から、神宮寺、若狭彦姫神社を参詣していづみ町の起点をめざすとのこと。
そして食事は若狭フィッシャーマンズ・ワーフでとり京都へバスで帰るというツアー。

鯖街道が日本遺産となってから大人気のツアーになっているようです。

うれしいですね。

上根来では、そんなバックパッカーの休憩所・ガイダンス施設整備中。

DSC_2372.jpg

といっても古民家を最大限生かしたものです。
地域の方々の活動拠点になれば・・・と願っています。

ちなみに遠敷の町並みにも古民家改修でおなじ休憩所を整備中。

DSC_2378.jpg

山村と町家という比較もおもしろい。

この秋には両方をつなぐお披露目ができればいいな☆
と願っています。

鯖街道は遺産として死んだ道ではありません。

1500年の歴史をつなぎ、今も奈良・京都へとつながる道として再生されます。


藁の行く末


今朝の多田大明神☆

DSC_2366.jpg

いつもより若干アップで撮影です。

周りは草野に帰っていく水田ばかり。
いいような・・・わるいような・・・です。

人が減り、人の活用が無ければ元の自然に帰るのは当たり前。
それを無理に維持しようとするのは自然の摂理に反するのですが・・・

でも先祖から血と汗を流して開墾されてきた農地を
活用の方法があるのに眠らせるのは、やはりもったいない。

若狭坊に資金と仲間があれば・・・
と日々思います。

経済でも生活でも小さい循環型が改めて評価されています。

人間はおバカなので、小さい政府や小さい経済と、大きな政府や経済を
歴史上行ったりきたりします。

日本では、江戸時代にかなりエコな地域循環型が大成していました。
エネルギーの無駄遣いの抑制とリサイクル社会、分業制です。
地域循環もそうですが大都市江戸も世界を代表するエコ都市でした。

でも、明治維新で大規模消費型に転換し、それが戦後さらに急速に発展。

江戸時代の生活を懐かしむ今となっています。



さて、土曜日に行われた松上げ。

DSC_2362.jpg

火の玉の松明をいれる籠の部分は、竹とワラで編んでいます。

1日の労力を考え、近隣の松上げでは鉄枠や市販のコモなどを使う
ところも増えているようです。

なぜかというと。

わらがない。ワラうしかない(笑)

稲刈りの機械化が進み、ワラはコンバインカットで田にまかれるのです。
実はこれもエコで、土を豊かにする循環型農業なのですが・・・

昔はワラは生活に欠かせないものだった。

かまどなど火をつける最初はワラや杉檜葉を用いることが多い。
雨具や農漁業服は、蓑や菰となる。
履物はわらじである。

稲は神が宿る神聖なもの。
米や酒が神饌に用いられるのと同じように、
ワラも、神輿や祭礼用具に多用された。

ワラがなくなっていくのはしょうがないが・・・

ニッポン伝統の自然を敬い、循環型の生活をしていたことが
生活から消えていくのが最も危険だと思っている。

神饌はパン、肉、お菓子
祭礼用具にもビニールや紙などが利用され、

ニッポンの根本である自然との共生が無くなったとき
ニッポンという長い歴史をもつ国が滅びてしまうんだろうな。

日本人もバカでないので気づきはじめているが・・・

異国の文化を上手に取り入れ、日本らしさと融合させましょう。
それがニッポンの歩む道で歩んできた道。

地域で唯一ワラを提供してくださるN先達の田んぼを眺め

DSC_2367.jpg

いにしえの生活やこれからのニッポンを考えれしまう若狭坊なのでした。

この風景って、日本の秋ですよね☆

松上げ終了


月曜日の朝☆

若狭坊は夏休みをいただいております<(_ _)>

でも、これから小坊主の自由研究対応です(^_^;)


さて、週末2日は松上げ一色でした。

土曜日は朝から「もうじ組み」。
松明をあげる籠の部分です。

DSC_2362.jpg

竹で骨組みをつくり藁で編んでいきます。

昼過ぎには終了し、子供たちとお菓子の買い物。
今日は子供たちが地区の集会所にお泊りします。

昔から続く縦割り学習の場です。

その後、寄付をもらった村中にお菓子を配って、
夕方には松上げ起こし。

DSC_2363.jpg

日も暮れた頃、地区の薬師堂に集まって火伏と五穀豊穣を祈願。

DSC_2364.jpg

約30分かかって今年も無事上がりました。

DSC_2365.jpg

結局、子供たちと集会所に泊まってしまい飲みすぎ。

日曜日は早朝から片づけをして今年の松上げが終わりました。


若狭坊も小坊主も抜け殻です。


いまから頑張って宿題モードに転換します(^_^;)


祭りの季節到来☆


明日は若狭坊の地域では、伝統行事「松上げ」です。

松上げは、火伏せや五穀豊穣を願う火祭りですが、

これから収穫の秋を迎えると、各地から祭礼囃子が聞こえてきます。


明日から、福井県立若狭歴史博物館において、

日本遺産認定記念テーマ展

「小浜祇園祭と放生祭」

がスタートします。

13996203_1771195513162073_1819206157876308617_o.jpg

日本遺産「鯖街道」がつないだ京都と小浜の文化。

小浜祇園祭から放生祭への系譜などがわかりやすく展示されることでしょう。


で、今年の祭り本番は9月17日18日の両日です。

_20160819_134119.jpg

今年は、9月11~15日にかけての夕刻は、小浜旭座で出番区の公開本稽古も行われます。

楽しみですね。

それと8月27日には同じく旭座で、京都祇園祭綾傘鉾囃子方も登場します。

六斎念仏保存会としてのご出演ですが、棒振りがある祇園ばやしも演じていただけます。

これから約1ヶ月は祭礼づくしですね。

博物館で
芝居小屋で
そして神社や町並みで

京とつながく小浜文化を体感くださいませ。



BS-TBS「日本遺産」ロケ


突然ですが・・・
若狭坊の好きな番組にTBSさんの「世界遺産」あります。

本当に美しい映像で、行ったような錯覚にもなり、行きたい欲望も沸々と・・・みたいな。

このスタッフさんが小浜市・若狭町にお越しくださいました。

目的は、BS-TBSの新番組 「日本遺産」のロケです。

TBS日本遺産(小)

もう!間違いない!!!素敵な番組に仕上がるでしょうね☆


ということで、14~15日は若狭町ロケだったのですが、
16~17日は小浜ロケでした。

小浜ロケ最初は、妙楽寺&明通寺。

IMG_20160816_142723.jpg

すべてのお寺を回れないので2箇所ということで、
寄棟本堂と二十四面千手さまが素敵な妙楽寺と
国宝本堂&三重塔の明通寺をピックアップ。

個人的には妙楽寺も明通寺も、ロケ段取り(挨拶だけですが(笑))後に
一人境内を回って南無南無していました(^^);

DSC_2340.jpg

明通寺では、ドローンによる撮影も行い、
その後、京まで続く鯖街道の山道イメージをとるために、
鵜の瀬から再びドローン撮影。

その間も一人南無南無

DSC_2346.jpg

午後からは知り合いの伝統工芸士さんの作業風景と
若狭塗のビューティーショット撮影☆

DSC_2347.jpg

その後、若狭ぐじの若狭焼きや鯖寿司の撮影。

古い町並みの撮影と・・・1日びっちりでした。

DSC_2353.jpg


翌17日は朝から小浜漁港。

定置の水揚げから

セリ風景。

DSC_2359.jpg

お盆明け&夏枯れ。

お目当ての若狭グジと地鯖とは遭遇ならずでした。

自己主張していたお魚は、サゴシ&サワラ、シイラでしょうか?

DSC_2360.jpg

その後、大雨となり、目的だった遊覧船からの小浜湾風景撮影は×。

若狭歴史博物館で、日本図世界図屏風と館長インタビューで全行程終了となりました。


次は放生祭を撮影いただく予定。

はやく編集された番組みたいな☆

11月の放映予定なので決定したら本ブログでもお知らせします。




SSMJ 10


お盆も終われば夏も終わりに近づく。

子どもの時から、ず~っと一緒。

松上げが終われば淋しさ倍増で・・・

ぼ~っとしながら宿題をしていたなー(笑)


どんな年代になっても夏の終わりは少しだけ淋しいものです。


さて、未だに夏真っ盛りの宮川では☆
いまも「ひまわり畑」が見ごろです。

今週末はお祭りもあるようです。

13879403_526022030936841_4938965607431714193_n.jpg

元気な宮川の村づくりのノリは大好きなのです。

宮川ひまわり未体験の方。お急ぎくださいね。


そして小浜の夏の終わりといえば・・・

SEA SIDE MUSIC JAM ♪

FB_IMG_1470746069526.jpg

なんと記念の10回目でございます。

食文化館に会場を移して3回目。

携わらせていただいただけに思い入れのあるイベントです。

残暑にはロックでしょ♪
お楽しみに~。


というかYOSAKOI も SEA JAMも海の駅で路線作ったのですが・・・

もっともっと、イベント誘致してほしいものです。

小浜で最高のロケーションをもつ会場。
路線が作られたものだけで満足せず、
元気な小浜を生む会場として仲間をもっともっと増やそうね。

若狭坊は、今年は「鯖サミットin若狭おばま」で使わせてもらいまっす。


お盆のひととき


お盆です。

皆様いかがお過ごしですか??

若狭坊は、本日はお仕事ですが久しぶりに家族との時間を過ごしました。
たぶん近年にあまりなかった(笑)

それほど、仕事やら付き合いやらを優先していたんだろうな。
ちょっと、改めて生活に変化を・・・です。

それが健康に一番ですから。



11日は、福井県知事杯学童野球大会。

DSC_2324.jpg

福井県内から100チーム以上、1700余名が参加。

ここから、中学野球に進むのは800~1000名くらいかな?
さらに、高校野球に進むのは400~500名くらいでしょうね。

そして甲子園に進んでベンチ入りするのは・・・・と考えれば本当に狭き門です。

とにかく、小坊主には野球から色々学んでもらって、
大人になっても野球好きでいてくれれば!と思います。


12日は何をしていたかというと・・・
小坊主の宿題対応(笑)

頭をかきむしりながら計算ドリルをする息子の横で読書してました。

でも、あまりにもかわいそうなので・・・・

午後から少しだけ川遊び☆

DSC_2332.jpg

近くに清流があるのは、本当にありがたいことです。
川流れしたり、アユつかみしたり、生き物調査したり・・・
数時間リフレッシュです。


13日は、1日ラウンドワンのスポッチャで楽しみました(^^)/~
卓球・インライスケート・バッティングなどなど。

終わってからのゲームセンターも楽しみました。


14日は、墓参りのあと・・・

1日地域の子どもたちと松上げの準備です。

あんどん書いて、あんどん洗って、松明つくって、寄付金あつめ。

若狭坊の子どもの時には、子どもたちが半月以上毎日あつまって
していたことを1日でやってしまいます(笑)

でも、無くなるよりいいですね。

今の子ども(大人もそうですが)は忙しすぎる(^^);

昼・夜は、妹、弟が帰ってきたので昼食、夕食を共にしました。

里帰りではありますが、二人とも小浜市内住ですので仰々しいものではない。
気楽にできます。
近くに兄弟がいてくれるのは本当に心強いものです。

さあ、まだ盆の最中ですが、今週も忙しい日々が始まります。



小浜旭座の「和と洋」


明治時代の芝居小屋である旭座。
日本の古き良き空間を感じさせる文化財として人気です。

NEWS000000688001.jpg

が、完全な和空間でないことも、来訪者を落ち着かせる一因です。

えっどこ??

DSC_2321.jpg

ん???

original-b9fc97687643669694e85f7693540d79140cfeb1.jpg

と思われますよね。

DSC_2323.jpg

単純に「木」の雰囲気ただよう「和」が際立ちますが。

かなり和洋折衷しております。
まず建物の根本。

隠れた小屋組(天井裏の骨組み)ですが、
客席上はトラス組という洋の技術をつかっています。
このことによって、柱を抜いて大空間をつくっています。

一方、舞台は伝統的な平面配置となるので、和小屋の組となります。
舞台上を見上げると確認することができます。

実は他にも色々あるのですが、
一番は天井でしょうね。

DSC_2322.jpg

薄い緑色ですねん。
わりと違和感なく受け入れられていますよね。
洋風建築の色は、白色、レンガ色、薄緑色が基調色です。
石や金属の文化ですから。

しかも天井中央には格子組のデザインを用い、大きなシャンデリアがあります。

これら、よく見ると色々和洋折衷しているのですが、あまり気づきません。

このような和洋折衷が、日本文化となり明治から昭和初期のノスタルジーを
感じるわけです。

実は二千年近く日本は和洋折衷を進めている国で。
日本文化!と思っているものの中にそれらは数多く潜んでいます。

その文化を受け入れていたのは若狭小浜。
小浜旭座は、それを感じさせる最も新しい文化財なのかもしれません。


ゆっくり休みたい(笑)


慌しい週末だった。

はまかぜライブ10周年&旭座の音楽語に行こうと思っていたのに・・・
結局行けず・・・

夏の週末はこんなもんだな!

さて、金曜日は食文化館で鯖迷路イベントを行いました。

DSC_2317.jpg

鯖の背中模様は迷路にぴったりでしょ!
ということで、ず~っと温めてきた企画なのですが、若い後輩たちが
企画実施してくれました。

これからも色々な方法で鯖迷路ができればいいな☆

その夜は気の合う楽しい飲み会で愚痴や豊富などを・・・
久しぶりに飲みすぎて夜のまちを徘徊してしまいました(^^);


そして、案の定、土曜日の朝は二日酔いからスタート。

午後から少年野球のバーベキューでした。
暑さと迎え酒でソッコー二日酔い解消(笑)

ですが、ここは控えめ令発動で、早めに帰って家で静養しました。


日曜は・・・

小坊主の野球の練習試合もとっても気になったのですが
娘のオープンキャンパスへ運転手として・・・

DSC_2319.jpg

暇だったので中庭から、ずーっと空を眺めていました。

DSC_2320.jpg

夜帰ってきて、オリンピック観て寝不足の月曜の朝・・・

福井まで9ヶ月の検査へ走る。

不摂生な週末でしたが、CTも血液も問題なしでした。
3ヶ月ごとのドキドキでございます。

11月の1周年が終われば、少しだけ安心が増えます。
待ち遠しい・・・

とんぼ帰りで旭座で六斎念仏フェスの会場確認会議。

なかなか表現はしずらいのですが、
いいものは、
仲間にも、
来訪者にも、
見てもらいたい。

祈りという本来見せるものでないにしろ
日本というものを感じるように魅せられる行事。

ぜひ小浜を魅せてくださいませ。

あっ~。。。はよ寝よ。

なんか病気前の生活に戻りつつあるから危険だな。

しっかり自己コントロールせんとあかん。

夏休み♪タコにします?サバにします?


8月4日です。

箸の日です。

今日は小浜市の箸のふるさと館で

「箸まつり」ですよ♪ご来場お待ちしております。

さて、鯖街道の起点、御食国若狭の夏の魚は??

若狭坊は最近「岩牡蠣」が好きです。

といっても家庭の食卓にあがるものでもなく(笑)
ごちそうですね。

夏休み☆
若狭の海と海の幸を楽しむのには、こちらがおススメ☆

FB_IMG_1470168362048.jpg

サザエ網もタコかごも面白いです。

もちろんタコづくしのお泊りセットもあるよ。

FB_IMG_1470168369091.jpg

小浜では民宿泊の体験セットメニューたくさん取り揃えています。
シーカヤックや定置網水揚げ、地引網などなど。

くわしくは
↓ ↓ ↓
若狭おばまの海の宿「漁師体験」


そうそう☆

明日、御食国若狭おばま食文化館では・・・

日本遺産の楽しいお話のあと、サバ迷路を書くイベントをしますよ☆

FB_IMG_1470187725673.jpg

すずしい食文化館でサバ遊びしませんか??

日本遺産の鯖街道は、自由研究素材としても楽しいですよ。

タコ?サバ??よりどりみどりの若狭小浜です。

元気なまちですよ~♪


そうそう・・・

旭座イベント情報もついでに

旭座といえば落語なのですが、今回は音楽とのコラボ☆

160807_onraku.jpg

音楽語

よくばりですけど面白そう。
小浜らしいですね~。

そして旭座音楽といえばジャズも浸透していますが・・・

FB_IMG_1470263676049.jpg

圧倒 的な歌唱力と表現力でジャズ界を震撼させる魂のシンガー坂田佳子、初の帰郷公演!

楽しみですね♪

8月だ!


早いもので八月ですよ。

仕事でしたが久々に田村麻呂さまのお薬師を南無南無です。

DSC_2310.jpg

夏の午後

ひぐらしの合唱と一体となった塔婆です。


さて、若狭おばまもいよいよ伝統行事月間。

DSC_2308.jpg

違和感からか?
横になってしまう松上げ。

やはり松上げは、海もフェスティバルも似合わないな☆

もしもフェスティバルにするのなら元気にいかなくっちゃ。
スーパー大火勢という立派な先達があるのにね。



プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
629位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
89位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR