サクラは好きですか?

サクラの季節となりました。

妙祐寺のしだれ桜も満開です。

1459404452834.jpg

若狭坊は昔から「春」「桜」というと
出会いやスタートというより・・・
別れ・・・というイメージが強い。

今年は大切なパートナーを送り出しました。
いろいろ共に歩み、苦難を乗り越えてきた仲間。
新しい人生に幸あれ☆
また助けをお願いするかも!?です。

「あかねさす契り想ひて歩き行くかすむ桜や手をかざし見ゆ」



さて、若狭坊も明日からは心機一転です。

いろいろな広報媒体が完成し、いよいよ活用推進に飛び出します。

DSC_18988.jpg

仕事の本質は変わりません V(^。^)V
ご期待くださいませ。

ということで、今から引越し作業です。

明日もバタバタでしょうから、
今週は土日出勤となりそうです (^^);

スポンサーサイト

和倉温泉の旅♪


水・木・金と怒涛の飲み会三連チャン

水曜日は
「御食国倶楽部の四季を愛でる会」

海の駅のお話を聞いた後に美味しい醤油干しなどを満喫。
でも、ノンアルビールからウーロン茶ですごしました。
海の駅は若狭坊も携わっていた仕事。
4月からも、もちろん関わっていきます。


木曜日は有志で
「ふるさと納税の幸を楽しむ会」

県内で唯一1億円を突破した小浜のふるさと納税の御礼の品々。
満喫しました。
まちづくりに携わるもの、しっかり説明できないといけないので。
面白かったのは、小鯛のささ漬け食べ比べ。
各事業者により、やはり微妙な違いがありました。
この会も、ノンアルとお茶で楽しく過ごせました。
ということで、今月の木曜会は欠席となりました。


金曜日は
「くぼたん米舞倶楽部定例会」
毎年田んぼシーズンを前に開かれる年間計画確認&飲み会です。
ここでは少々いただきました。
缶ビール1本、酒1杯、焼酎少々(笑)
抑えて飲むペースもつかまなければね。


そして、
週末は、

家族で和倉温泉の旅♪

娘もいよいよ高校進学ということで
お祝いをかねての旅行となりました。

まずは、金沢の寺町散策。

DSC_1888.jpg

金沢には重伝建地区が4箇所もあり、
さらに「こまちなみ保存地区」なんてのもある。
金沢全体が城下町の文化的景観であり、
保存の大切さを基盤においた観光戦略があったからこそ
北陸新幹線開業後の賑わいにつながっている。

主計や東茶屋町は行ったことあるので、今回は寺町台です。
「寺カフェ」が良かった。

DSC_1885.jpg

門前には手書きのおしゃれな看板。
門を除くと前庭にパラソルがガーデンテーブルが並んでいる。

この、ゆるさ。
小浜で出来たらいいな☆
と思った。

と言っていると、家族旅行じゃないやん。
親のマニア旅行か!と思われるる(笑)

メインは「忍者寺」だったのです。

DSC_1887.jpg

忍者が住んでいたわけでなく、複雑な建物構造からそう呼ばれている。
商標登録 もされている(笑)

概観は2階建てだが、階段だらけの4階7層構造。
隠し階段、隠し扉、落とし穴、抜け穴いっぱい。
藩主祈願所で寺町の監視所、出城的構造。
面白い建物でした。

子どもが調べて「行きたい」といっただけに、
2人とも、かなり満足度が高かったようです。
子どもたちも実は歴史マニアなのだろうか・・・

拝観料1000円程度で予約案内制度。
30分おきの拝観には、50人以上。
外国人は3割程度か?
北陸新幹線効果を体感しました。


寺町散策でだんごをほおばり、ランチを食べて
「のと里山海道」を和倉温泉まで一直線。
昭和おもちゃ館を冷やかして夕刻には旅館につきました。

DSC_1895.jpg

妻の両親と弟とその子どもたちも合流し、
温泉にゆっくりつかり、美味しい料理に舌鼓。
ちょっとだけ飲んで、楽しめました。

旅館もアジア系旅行客の団体さんがありました。
金沢からもほどよい距離ですからね☆



翌日は、ちびっこたちがいるので「のとじま水族館」へ

DSC_1896.jpg

ちょっと寒かったけど楽しめました。
小浜もこれくらいの水族館あればいいな☆といつも思います。

七尾の食祭市場で昼食をとり、

帰りには白山市の昆虫館に立ち寄りました。

DSC_18977.jpg

生き物好きの小坊主には、たまならいところ。
大興奮でしたが、若狭坊と娘は疲れと花粉症でお休みタイム。

ということで、盛りだくさんの春の家族旅行が終了しました。

結局「疲れた」が感想ですが(笑)
子どもと過ごす時間は若狭坊の宝物です。

でも、何処に行っても
「小浜ならどうする?」
「小浜で出来るか??」
みたいな目線で見てしまうなぁ。


どっこいしょ


体重が減って、かなり動きが身軽になった若狭坊です。

いま山に登ったら、かなり早いんちがうかな?
いや・・・まだ体力自体は戻ってないか?

でも、まちづくりへの動きは病気前よりスピード落ちてるかな。
だめだな。
いろいろがんばらないと。

お彼岸といえば飯盛寺さんの採灯護摩と火渡りで。
若州修験道さんが務められるので一度行きたいと思いながら
今年も足が浮きませんでした。
アクティブに行かないとあかん。

ともかく山の季節となってきました。

さて、アクティブ感が徐々に薄れ、
年を重ね、いろいろ声がでるようになってきました。
「よっこらしょ」とか「どっこいしょ」とか(笑)
おっさんです・・・

「どっこいしょ」といえば
民俗学者の柳田國男先生は「何処へ」が語源ではないかと言われています。
個人的にはこの説が説得力あると思うのですが、

ヘブライ語に語源が・・・みたな説もあります。
伝統行事や民俗に係る言葉にヘブライとの共通点が多いのです。
おもしろい説です。

もうひとつ。
「どっこいしょ」といえば・・・

FB_IMG_1458685656641.jpg

「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」の訛りではというものです。

大峯修行では今でも「懺悔懺悔六根清浄」が当たり前ですが、
富士山もそうであったように全国の霊山で唱えられていました。

山に腰を下ろし、荷をかつぎ、「どっこいしょ」
なるほど☆と思います。

六根とは「眼耳鼻舌身意」で、山修行の中でこれを清浄することが
悟りへの近道となります。

里で見る・聞く・心に思うこれらはすべて幻であり、
それらの執着から離れ、山で自然と一体となり「無」にすることが修験道。

止観や座禅なども方法は違えども、目的は同じものです。


般若心経にも
「無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法」とあるように
この世のものすべては「空」で夢まぼろし。
執着せずに、悟れば新たなものが見える。

いろいろな人とつながり、いろいろな意見を聞くと
いやな思いをしたり、批判したりすることが多くなってきます。

抑えて・抑えて。
一歩外からみて「いろいろな考えがあるもんだ」と思いましょう。
そして、すべてが「空」であるならば、
批判じゃなくて認めることからはじめましょう。
自分の六根六境も「空」で、正しいことなんてないから。

里の行に苦しんでいます。

早く山ですべてを洗い流さないといけません。

最初の春山行はどこにしようか・・・
今年の大峯まで3ヶ月強です。


旭座☆真の春の目覚めへ♪


春の陽気です。

人魚も気持ちよさそうです。

DSC_1877.jpg

八百歳生きることもできるか?みたいな気持ちになります。


いさざも遡上してきています♪

DSC_1878.jpg

旬のものを食し、自然から生命のチカラをいただかなければなりません。

陽気に誘われ
気分は上々ですが、別れの季節。
別れのことを考えれば、淋しさもこみ上げてきます。

今日は市内の別の場所での会議があったので立ち寄りましたよ。

DSC_1876.jpg

まちの駅

中央に時計台。右はガラス張りの物販などの交流施設。

そして左側には・・・

DSC_1874.jpg

旭座

いよいよ復活間近となってきました。

旭の懸魚が素敵です☆

DSC_1875.jpg

にぎわいの創出のため、さまざまな人たちと利活用について話合われているようです。

多用途施設です。
さまざまな人が絡めば思いもさまざま。

ご担当は生みの苦しみにもがかれているでしょうが、
みんなに愛される施設となりますよう・・・

新しい取り組みも計画されています。

FB_IMG_1458615474109.jpg

若狭坊もこけら落し連続公演の一つを担当することとなりました。
ちょっとアカデミック部分で「にぎわいの創出」とは異質のものになるでしょうが・・・。

5年以上前から、講演やシンポジウムを何度も仕掛けてきましたが、
たぶん、その集大成みたいな感じになるかな??

「飲みもって旭座を語ろう!」

たぶん、そんな、若狭坊らしい、イベントになります(笑)



三連休後半戦


20日の午後は家の用事を色々していたため少年野球は欠。

なんと2勝でR162大会優勝とのこと。
よかったです。

夕方から仕事場の宿直を何事もなくこなし朝を迎える。


21日。

仕事場では、京都へ出張する車が列をなす。

DSC_1878 (2)

出町商店街と円山公園に「食」を売り込みにいく面々です。

鯖街道が日本遺産になってから、さらに京都をターゲットにした戦略が進んでいます。

「お疲れ様」と思い、
自分がいけない情けなさを想い帰宅。

朝食を食べてすぐに少年野球の練習試合塁審。

DSC_1878 (1)

寒い・・・
寒すぎる・・・

2試合終わって、3時前に帰宅してガサガサ昼食。

墓参りをし、
またまたタイヤ交換をし、

DSC_1879.jpg

グラウンドにもどり、練習を見学して1日が終わりました。

さて、年度末の忙しさに備えて休みましょう。



三連休前半戦


三連休ですね。

19日は日本遺産シンポジウム@食文化館

DSC_1865.jpg

盛りだくさんのプログラムで1日「鯖街道づくし」です。

しかし今日はイベント目白押しの1日。

出演のみなサバにとってもいい話をいただいたのに、
多くの人に聞いてもらえずに残念でした。

DSC_1870.jpg

ひとえにイベント担当の若狭坊の広報不足す。
遠方からお越しいただいたのに出演者の皆様には本当に失礼でした。

でも前日の懇親会から当日まで。

いろいろな前向きな計画が出てきました。
サバを京都へ、全国へ、どんどん発信です。

疲れの残る中。

20日は、区の彼岸奉仕作業。

道路沿いの側溝を掃除して、その後、獣害柵の点検でした。

DSC_1871.jpg

区の奉仕作業は年3回かな?

他に自警団や青壮年会の奉仕作業。
寺や神社の奉仕作業なんかもある。
地域はコミュニティの連携で成り立っています。

若いときは面倒だったけど。
(今も面倒に思うこともあるけど)

これはこれでいいよ。
こういうことが少ない都会よりよっぽどいい。

ということで、昼にまったり休憩しながらブログ書き込み。


午後からは少年野球に顔出ししようか・・・

夜は宿直なのでゆっくり休もうか・・・

悩んでいます。


明日も少年野球は練習試合だから今日は失礼するか!


バタバタなのに・・・


年度末です。

イベントも控えています。

でも、昨日は通院で福井市でした。


しょうがないのですが、毎月の通院は大変です。

検査も思ってたより早く終わり、夕刻には帰宅。

日が長くなりました。

今週末は仕事と区の奉仕作業、少年野球。

日がないので、疲れた体に鞭打ってタイヤ交換。

DSC_1863.jpg

春です。


さあ、今日からイベント準備。

明日は食文化館にお越しくださいね。

0001.jpg

お待ちしています。

球春到来☆


花粉症がいよいよひどくなり。
朝ウォーク休止中の若狭坊です。

ここ数年のブログを見ていると、
3月下旬から4月上旬のウォークスタート。

あと2週間くらいはダラダラしますか・・・

さて、選抜高校野球の組み合わせも決まり
少年野球も試合のシーズンとなってきました。

数ヶ月、小坊主の練習を見ていませんでしたが、
まあ、それなりに上達しているかな?

DSC_1862.jpg

とにかく野球は楽しくやってほしい。
技術的なことは、ヒントとなることを少しだけ言って
あとは彼の問題でガミガミいいません。
監督・コーチと違うこといったら混乱するから。

あとは、若狭坊はダメだしせずに褒める。
失敗したら「悔しい」という思いを持たせる。

今はこれだけです。

昨日の練習試合。
守備機会は4回で、エラー1。
打席は2打数ノーヒット。
三振とセカンドゴロでした。

くやしかったようです。


そりゃ、やる限りは上手になってほしいは親心ですが
子育てのやさしい心で見守りましょう。

チームプレイになるので、どうしても親としてはガミガミになるのですが。

ガミガミいって、練習黙黙とやらせて成功したら
全員、甲子園球児となりプロに進みます。

若狭坊は、小坊主の興味を最大限引き出してあげたい。
野球はその中のひとつ。

何に興味をもち、大きくなるか。

楽しみな奴です。

彼の成長を見届けるためにも・・・
今まで以上に健康には気をつけなければいけません。


打ち勝つ!

打ち勝つ!!!!

退院後3ヶ月。
なんとかチカラをつけて、体をもどそうとしていますが。
退院後からも、2キロばかり体重が減少しました。


手術前・入院時から比べれば、13キロばかりの減となります。
まあ、普通に食べれませんし、あせらずゆっくり行きましょう。

毎月の定期健診の状況もすばらしく良いので。

さて、仕事も休んでいて噂も広がり、見た目も変わったのですから
いろいろな人に病気のことを聞かれます。

最初は煙に巻いていましたが、面倒くさいので最近は言っています。
(細かくは言っていませんが)

病名は「食道胃接合部癌」
ステージⅠの早期がんで、転移もなく外科手術で取り除けたとのこと。

まあ、最初に宣告されたときには仰天しました。
ただ、後は戦うだけですからね。

胃がんであれば、早期がんで最近は治癒率もかなり高く、
80パーセントとか90パーセントなのですが、
若狭坊のヤツは出来たところも悪く、転移もしやすい悪性のもの。

いろいろ調べると5年生存率も早期とか関係なく、かなり良くない・・・。

でも、生存率どうこうじゃなく、「生きる!!!」のですから問題ないのです。
自分は完治する気満々ですから。
だから、「早かったし治るよ」とあっけらかんと言うようにしています。

とにかく、食事から生活習慣までを一変させ、
とくかく、自己免疫力をあげて、転移していきそうな悪性くんたちと戦います。

発酵街道の連携

冬空のような一日。

上の娘ちゃんが中学を卒業いたしました。
早いものです。
高校もなんとか合格したようで・・・

バタバタで一緒にいれなかったけどごめんなさい。


卒業式にも合格発表にも行かず・・・

今日はお隣の若狭町であった国際シンポジウムに顔出し。

DSC_1859.jpg

「振り返れば未来の道 発酵街道」

いいネーミングですよね。

日本遺産を契機に・・・

1.鯖街道を活かした一体的連携の復活

2.若狭の海の幸を原点とした伝統食の発掘と現代的価値の検証

3.ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」を活かした交流産業

って・・・

おいおい、小浜の食のまちづくり丸々パクられていますよ。

なんて・・・安っぽいこといいません(笑)

ただ、食文化館リニューアルで、真っ先に小浜でやらんなんことなのですが。

まあ、日本遺産にあるように小浜と若狭は一体なのです。

お互い連携して進めていきましょう。

会場には鯖街道沿線にある「鮒スシ」や・・・

DSC_1861.jpg

千葉県神崎町の酒や魚醤、かつおやマグロもありました。

DSC_1860.jpg

発酵は面白いです。


さて・・・・

今晩はくぼたん自警団の総会&懇親会

発酵系を飲むことはできませんが、行きますか。

ちなみに本日は若杯者の乾杯式もありまして・・・
こちらは先約があったので残念ながら・・・です。

子どもの卒業祝&合格祝いは日を改めます(笑)

こんなことばかりしていると、家族に見放されるのか???


日本遺産シンポ@若狭小浜


小浜市と若狭町の歴史遺産

海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群
「御食国若狭と鯖街道」

が、日本遺産に認定されて間もなく1年。

海と都をつないだ1500年の拠点と街道遺産。
そして、和食の大成を支え続けた聖地。

全国どこを探してもない歴史的ストーリーです。

今回は、鯖街道をテーマにシンポジウムが開催されます。

0001.jpg

面白さ目白押しのプログラムです。

お昼には、鯖料理のふるまいや
おばま醤油干の試食もあります。

0002.jpg

19日(土)は、ぜひ食文化館へ。


それと、落語好きのアナタ。

同日には旭座こけら落としプレの落語会もございます。

12650794_1702809329931600_9107690995502385025_n.jpg

なかなか地方都市では見られない寄席になります。

落語のまち小浜!元気です☆

おしゃべり週間終了


今朝の定点観測。

DSC_1858.jpg

夜明けが早くなり鳥のさえずりが心地よくなってきました。

春です。
胸いっぱいに朝の空気を取り込む深呼吸が元気の素ですが
花粉まで入ってきます。
いやな季節です。

金曜日は今年7回目の文化庁。

DSC_1852.jpg

日本という国は本当に文化に対する予算が極端に少ない国です。
それでも守っているシステムを維持しているのですからスゴイのですが
そろそろ破たんも目前だと感じています。

そういう視点の国会議員も必要です。
また、マニア目線の専門集団の文化庁の意識改革も必要です。

予算折衝の話をしていると、本当にイヤな気分になります。

まあ、マニアな若狭坊が言うと説得力ゼロですが(笑)


さて、

先週からの怒涛のプチ講師週間が昨日で終了いたしました。

昨日は勝山市にある「ゆめおーれ勝山」さんへ。

DSC_1856.jpg

織物王国であった勝山市の近代化産業遺産。
旧工場がまるごと博物館。
体験やお買いもの、飲食もできる多目的博物館として中心市街地の拠点をめざして運営されています。

DSC_1855.jpg

生きた博物館です。

たしかに規模はちょっと小さいのですが、すばらしい空間を創出されています。
勝山といえば「恐竜」ですが、「織物」も大きな可能性をもっています。
なにより、観光的に突出してしまった恐竜より、住民のかかわりが作りやすい。

小浜の「食」と同じで、「衣」も人間生活に必ず必要なものだから。


昨日の若狭坊の出番hは、まちづくり講座「はたやフォーラム」。

DSC_1857.jpg

博物館を拠点としたまちづくりということで、食文化館の事例をご紹介。

博物館は人とモノをつなぐ空間。
人とのネットワークを増やすことで、博物館の枠自体もはみ出して発展していく。

それは「場」としてもそうで、市街地にも広がりをみせれば目的に近づく。

みたいな話を偉そうにしてしまったのでした(笑)


実は、小浜もこれからなのに。

小浜旭座は、人と人をつなぐ生きた文化財として中心市街地の核をめざす。

これからも仲間として勝山さんとも情報交換しながらやっていきたいですね。

「衣・食・住」のコラボです。

ん?

「住」はどこだ。

生きた博物館ということで、町並みなのだろうか?

いろいろ頭の整理ができた一日でした。

やっぱり、お国を向いて仕事をするより、地域を見つめた仕事です。


「お水送り」無魔成満


三月二日 お水送り

あわただしい一日を過ごしました。

午前中は、お水送りの地元、遠敷小学校の学習発表会の
合間にプチ先生。

テーマは

「ふるさと遠敷と日本遺産」 ~遠敷ってすごいとこやねん!~

子どもたちが「鯖街道」や「御食国」、「お水送り」を一生懸命しらべた
発表会。昨秋にも遠敷小学校でお話の機会をいただき、ふるさと学習に
活かされていることを形で見せていただき感動でした。

その後、キッチンラグーのあだっちゃんの個展へ。
時間がなくさらっとしか鑑賞できず、もう一度行こうと思いました。
若狭の仏像の数々があだちゃんらしいタッチで描かれています。
メッセージもあたっちゃんらしい。

で・・・その後・・・
森林の水PR館で、銘酒 「鵜の瀬」を買おうかどうか悩み、
結局あると飲んじゃうので買わず(笑)

急いで着替えて、お水送り出仕です。

DSC_1851.jpg

すばらしい手作りのおばんざいの数々で腹ごしらえし、6:00に上堂。

思いの他、寒風吹き付ける遠敷川沿いでしたが・・・

14569527542356.jpg

本年も無事に奈良へ御香水を送ることができました。

1456952747662.jpg

若干直会でいただき、早めの就寝。

お水送りを終え、春がやってきた若狭小浜です。

写真は親友のひびちゃん撮影の若狭坊後姿です。

しかし・・・やせ過ぎやな・・・


テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
629位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
89位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR