日本遺産「御食国若狭と鯖街道」Vol.1


日本遺産認定第1弾

いやぁ~めでたい!めでたい!・・・ですが。
 
さて、日本遺産とは何じゃい!!という話になると思います。
日本遺産は文化庁の新制度です。
文化庁というと、どうしても規制のきつい保護機関というイメージがありますが
今回の制度はかなり観光誘客・地域活性化を目的にしています。

特に今回の制度は、インバウンドの獲得を大きな目的に設定しており、
2020年の東京オリンピックまでに100件程度を認定しようとしています。

これまでの、建造物、お祭り、自然など個々を専門的にとらえて指定する制度ではなく、
魅力ある遺産を集合させ、どれだけ日本を代表するストーリー、魅力あるストーリー
を描いて発信できるか?が焦点となっていました。

今回は83件中、18件の認定。
再申請も可能ということですので、第1号がどれほど魅力あるストーリーを
もっているかが理解していただけると思います。

今回の認定の名称は「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群」
サブタイトルは「御食国若狭と鯖街道」となっています。

さて、今回のストーリーで特徴的なのは・・・
第1に街道とその起点ということで遺産を絞ったということです。
 
日本の中枢である奈良や京都、大陸や半島、日本海側諸国を結び、
それらの影響を受けた遺産群が密集している地域であるということです。
そして遺産は点としても魅力的ですが、線や面としても日本の原風景
ともいえる景観に守られている。
住んでいると気づきつらいですが、美しい山、海、里の景観に抱かれ
ており、そこには人の生活があることが認められています。

そして第2には、食というキーワードがあるということ。

御食国として天皇家などに食材や塩を供給していた奈良時代。
お水送りにあるように清浄な水も送っている。
美物として食材を供給、贈呈していた中近世。
鯖街道の名のとおり、大量の鯖が京都に運ばれ、
京都の文化に根をおろした近世から近代。

いつの時代も起点の若狭からは豊かな食材も送られている。
交流で生まれた社寺や祭礼も、もとをたどれば豊かな食を生み出す自然への祈り。

すべての遺産が豊かな自然に抱かれた街道の名のもとに結びつくのです。

というのが日本遺産の今回の認定内容です。


ストーリーは大きく4つに分類されています。

1.若狭街道 ―御食国若狭の原点と鯖街道のメインルート―
2.鯖街道の起点 ―湊町・小浜の賑わい―
3.針畑越え ―最古の鯖街道の歴史的景観―
4.若狭の浦々に続く鯖街道 ―都の祭りや伝統を守り伝える集落―


これから、このストーリーテーマごとに順次紹介していければと思っています。

スポンサーサイト

ドローンにやられた週末

御食国若狭と鯖街道

祝☆日本遺産

DSC_1264.jpg

金曜日の認定記念イベントを終了し・・・
前職場の送別会が朝方3時まであったのに
気持ちよく(酔ったいきおいで)土曜の朝をあるく!(^^)!

DSC_1269.jpg

田んぼに水が入り始めると素敵な景色が現れ始める

DSC_1270.jpg

いい気分で帰り
・・・地方紙も1面トップだろうな・・・と朝刊をみると

DSC_1271.jpg

オイオイ!

一気に酔いが回り始め二日酔いモードに突入((+_+))

眠りについていると新聞社からも連絡。
「記事食われてしまいすみません」
「ところで犯人ご存じない??」

知らんし(笑)

これで目を覚まし、少年野球の応援にいっても話題持ち切り。

田舎町の若狭小浜は、全国ネットの中継車やヘリコプターが
飛び回っていたようです(笑)

日曜日は、そのあわただしい小浜を脱出し・・・

中二の娘と一緒に寺詣り(*^^)v
まだ、つきあってくれるだけうれしいですね。

晴天の南円堂に行き・・・

DSC_1267.jpg

美しいフジに囲まれた葛井寺をお参りし・・・

DSC_1268.jpg

久しぶりに鶴橋でがっつりメシをくう。

K-POPファンの娘のお買い物に付き合い

夕方には小浜に帰ってきました。

週末休で娘や息子とのコミュニケーションも増える。

ありがたいことです。

山登りができず、個人的なストレスはたまっていきますが(笑)

祝☆日本遺産

今日も朝からいい天気☆

DSC_1260.jpg

自然に囲まれた朝の空気は本当に元気がでます。

さて・・・

ビックニュース!!!!

小浜市と若狭町が福井県を介して提案していた

「御食国若狭と鯖街道」

が・・・

国の新しい制度☆ 日本遺産 に認定されました。

kumagawa.jpg

正式名称は

「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群」

nishi.jpg

今日は、鯖街道の起点「いづみ町」と「熊川宿」でお祝いの会が行われました。

270424日本遺産6


83件の申請の中から18件が選ばれました。

内容はまたブログで順次お知らせいたします(*^^)v


街道交流会議勉強会


雨の多い春ですね。

これだけ朝雨でウォーキングに影響ある4月はめずらしいかも。

さて、日曜日は街道交流会議でお世話になる皆さんをご案内しました。

若狭歴史博物館で若狭の歴史的深層を感じていただき、
丹後街道遠敷の町並みから、若狭姫神社、鵜の瀬、小浜西組へ。

DSC_1246.jpg

三丁町の入口に素敵なポケットパークも完成しました。

そして今日の月曜は・・・

朝から御食国若狭おばま食文化館をご案内し、

熊川宿へ。

DSC_1247.jpg

La Festa Primavera 2015で、クラシックカー大集合です。

あいにくの雨で非常に残念でしたが
古い町並みとのコラボもなかなかです。

DSC_1248.jpg

これだけシブい車がそろうと圧巻ですね。

その後は、脇袋古墳群、若狭町歴史文化館の展示をご覧いただき

講演会&シンポジウム

DSC_1249.jpg

ポイントとなるいくつかのキーワードをいただきました(*^^)v

それと・・・若狭の里山の美しさは外から来られた人には響くらしい。

なるほど・・・

メモメモです。

さあ・・・

日本遺産の発表が楽しみです♪


紀伊から南大和路


昨年祖母が亡くなったのが6月中旬。

5月10日に、むかわりをすることに・・・

えっ!?
西国三十三か所ピンチです((+_+))

やはり1月~3月の休みなしお詣りなしが響いています。

ということで土曜日は超特急お詣りを敢行しました。

朝5時に自宅出発。
開門と同時にお詣りしたのは・・・

紀三井寺☆

DSC_1238.jpg

長い階段を走って登り納経・勤行後に駆け下る(笑)

車を飛ばし、次に向かったのは

粉河寺☆

DSC_1240.jpg

朝の晴天の中、各伽藍をお詣り。
休日散歩の方もたくさんいらっしゃいます。
こんなところ近くにあるといいな!うらやましい。

次にナビに入れたのはもちろん

槇尾山☆

今日最大の難所です。
ナビにいれたら裏山から林道で勝手にとりつくコースが出て騙される(笑)

狭い林道を怪しく走る福井ナンバー(笑)

ぐるっとまわって本来の駐車場着。
晴天のため、登山者も団体巡礼の方もたくさんいらっしゃる。

山道を、「よ~おまいり~」と声をかけかけ駆け上り勤行。

DSC_1242.jpg

すばらしい山の寺です。

山上はご本尊開帳中。
内陣近くでお詣りできてラッキーでした。

そう!お会いできて良かったのは馬頭観音の坐像。
若狭から来ました!と僧侶の方と楽しく談笑いたしました。

山を駆け下り、棒のようになった足に鞭打ち向かったのは・・・

壷坂寺(南法華寺)☆

DSC_1243.jpg

蓮華入峯御用達の大淀の道の駅手前を左折して向かいます。
今日の若狭坊のメインのお詣りなのです。

ここまで来ると吉野金峯山寺まで十○kmという看板が気になる(笑)
ここまで来たらお詣りするのが本来なのですが失礼しました。

まだ、上千本の桜も残り交通規制中ですから。
今日は時間がないのです。

壷坂寺は眼病平癒を願う寺。
父の病の退散を願いました。
祈祷をご依頼し山をくだり・・・

まだ時間ある・・・

多くの観光客をかき分け

岡寺☆

勤行以外は走っているので足が棒になりました。

そして・・・
帰り道・・・番外の法起院に寄ったのが大失敗。

長谷寺周辺はボタン祭り開会日で人だらけ。
駐車場には入れないし車は進まない(ー_ー)!!

それでもなんとか車を飛ばし

夜の青壮年会の総会になんとか間に合ったのでした。


残りは、葛井寺、南円堂、成相山、松尾寺、谷汲山です。

DSC_1245.jpg

わたしたちの地域は5月の松尾詣りの風習があるので、成相山と松尾さんはとっておいてあります(笑)

来週は、葛井寺、南円堂かな?

あと番外の空欄二つ。
高野山と善光寺で締めようと思っていましたが・・・

若狭坊の地域では三十三か所ご詠歌で橋立文殊堂と青葉山中山寺を入れるから、これもいいか?
あるいは、お礼参りの善光寺と若狭の社寺で締めるか?
縁の深い神宮寺とか。

いや・・・金峯山寺と善光寺で締めるか。

悩みが尽きない(^_^;)


でも、むかわりまでに表装は無理だな。

善光寺のお礼参りまですませて、法事にはこのまま掛けさせてもらおう。


さて・・・

日曜ですが・・・・

今から仕事に向かいます(^_^;)


Most beautiful place in japan


少し前ですが・・・

アメリカのニュース専門チャンネル CNN のWEBサイトで
もっとも日本で美しい場所31選が発表されました。

姫路城や厳島神社、熊野那智などの世界遺産や
小樽運河のイベントや白馬八方池など選出はさまざま。

その中に

な・な・なんと・・・

蘇洞門♪

th.jpg

京都まで来ている外国人観光客をどう取り込むか・・・

若狭おばまの命題なのですが。

これほどの追い風はないですね☆
海の駅も賑わいをみせることでしょう。

さあ

つぎは

日本遺産だな♪

みなさん、英語勉強しましょう☆

宣伝しよ(笑)


歓送迎会明けの朝♪

DSC_1234.jpg

二日酔いもなく若干の寝不足でウォーキング☆

歓送迎会で二日酔い無しなんて・・・
めずらしい(笑)

刻々と変わる朝の風景♪

DSC_1237.jpg

この積み重ねが歴史をつくっていく。

同じ想いでいにしえの小浜人もご来光を眺めたのか?


宣伝☆☆

小浜の町の景観復元。

_storage_emulated_0_DCIM_Camera_1429075188324.jpg

小浜の歴史すべてでしたい。

_storage_emulated_0_DCIM_Camera_1429075207349.jpg


する時間がないけどライフワーク目標です。

ジャズフェス「若狭の海音」のメイン

好きな音楽は?
と聞かれたら

ロック!!!

と答える若狭坊です。

でも年を重ねるにつれ、身近にあった音楽がどんどん離れていきます。


さて、

数年前、3度ばかり有志で実施した「旭座ジャズナイト」から
JAZZに目覚めた若狭坊です。

というか、クラシックなんかもホールに聞きにいけば感動する。

いや、実は若狭坊の音楽評価は、昔から「かっこいいかどうか」かもしれない。
音に感銘するのは深層のことで、自分にできないことをやるカッコいいものを求めているのかな?
だから表現の仕方が一番あっているのがロック。
表現が違うものの、かっこいいな!と思うのは様々な音楽です。

でも、音楽はいいものです。
もっと身近にあれば・・・と思います。

で・・・そのような想いと小浜らしいロケーションを活かし
「ひとつやろうじゃないか・・・」

と決めたイベント

10881525_1581903905423645_3375490822588148529_n.jpg

マーメイドJazzフェスティバル
   ~若狭のうみおと~

5月16日(土)12:00~です。

会場は小浜湾に接した海のガーデン

DSC_1202.jpg

こけらおとしイベントです。

夕陽の頃がメインで

DSC_1190.jpg

日の入り後は、竹を使った灯篭がお目見えします。

983750_813883485371190_7236314908760744543_n.jpg

メインをお願いしているのは

Fried Pride さん。

楽しみです。


さて・・・

「メイン」「メイン」と書きましたが

最近、新聞やテレビが「メーン」と表記します。
ものすげ~違和感があるのは私だけなのでしょうか?

Mainに表記あてをすればメインとなると思うのですが・・・

ただ、読みでいえばメーンですね☆
二重母音を発音しないのが日本人ですから。

「英語」は「えーご」と発音しますし
「桑田圭祐」は「くわたけーすけ」ですよね。

でも、ふりがなをふれば「えいご」「けいすけ」です。

それを思えば表記は「メイン」だと思うのですが・・・

しかし・・・そうすると「メール」じゃなく「メイル」ですね。

う~ん。日本語は難しいですね。

まあ、こういうのも時代時代で変化しているのです。

とりあえず今日の表記は

「メイン」で(笑)



門が好き

朝ウォークも軌道にのってきた若狭坊です。

土曜日の山行の筋肉痛が抜けませんが(笑)

だいたい1時間程度の朝行なので6000歩程度なのですが・・・

職場が変わり日常の歩行数が著しく減少している((+_+))

食文化館はお客様対応、館内館外見回り、各セクションとの話などで
一日普通に5000歩から6000歩ほど歩いていたのですが
今の職場は・・・昨日までの平均で3000歩程度しか日常歩行しない(>_<)

やばいね。
朝勤行を含めても目標10000歩達成しない。

昼か夜も若干運動しないと体がなまるな。

さて、

朝の菩提寺♪

DSC_1233.jpg

今年はちょっと早いか?参道八重桜が満開です☆

若狭坊はこの門からの景色が好きなのです。

新しいものですが、いわゆる冠木門の一種ですね。
門柱に貫を入れた屋根や扉をもたない門です。

空間を仕切る、という日本人の考えが出ています。
神社の鳥居が、その典型です。
この思想が好き♪

世界的にみると、門は塀とセットになって外からの人、モノという
物質の入場を制限するという機能がほとんどですが、
鳥居や冠木門は俗空間と異空間の狭間の象徴。

俗空間から仏の空間に咲き誇る花を見ると
そこに込められた日本人の祈りを体感することができます。

若狭坊のおまいり写真に門や門柱から
中を眺める写真が多いのは、このことによります(*^^)v



ちなみに吉野から大峯に入ると四門があります。

☆ 金峯山寺近くの発心門(銅の鳥居)
金峯山の総門です。
発菩提心。ここから心新たに金峯山に入ります。

☆ 金峯神社の修行門
いよいよ俗世を離れ深山に入ります。
修行に入る前にさらに心を新たにします。

☆ 御亀石上の等覚門
約20kmの深山修行を終え、等しく覚ることができます。

☆ 山上本堂前の妙覚門
すべての苦行を終え、覚りをもって大峯山寺にお参りします。

空間を仕切り、そこでありがたさを知る。
空間の中での行動をしっかり持つ。

鳥居、門の前では、心を新たにし、中に入れば場に見合った行動をする。

大切なことです。

これを心がけると、職場に入るとき、家庭に帰るとき
自分が何をすべきか!を思い直すことができます。


西の比叡山へ


こんにちは☆

DSC_1221.jpg

にこやかにいきましょう☆

5月16日開催のマーメイドjazzフェスティバルのキャンドルナイト用の竹灯籠が
有志で製作途中です。

ゴールデンウィークにワークショップができればと画策中です。


さて、まだ慣れない週末休(笑)

ジャズのフライヤーをつみこみ兵庫県へ営業です。

といってもメインは山行(笑)

午前中は半日、西の比叡山と例えられる書写山へGO。
時間がないので修験者にあるまじきロープウェイ利用(-_-)/~~~

DSC_1223.jpg

桜が終わり新緑前の気配。
多くの登山者でにぎわっていました。

DSC_1225.jpg

若狭坊は山内をグルグルお詣り行です。

半日、山の中で昼前にようやくご本尊に南無南無。

DSC_1227.jpg

時間が余ったので、修理が終わった姫路城を車中から眺め、一乗寺へGO!
今日はいい日なのか、円教寺もそうだし姫路護国神社でも結婚式をしている。

チャペルもいいけど、白無垢で仏前、神前の式はいいものです。

DSC_1229.jpg

一乗寺では三重塔をいろんなところから眺め、奥院まで勤行。


うん。まだ時間がある・・・

続いて、御嶽山播州清水寺へGO。

DSC_1230.jpg

ここでも山内伽藍を走ってめぐる(笑)。

若狭坊は山の寺にいったら、かならず寺の中心だけでなく伽藍配置を確認するために
全域を極力お詣りめぐりします。

いつだったか・・・
とある山の寺の発掘報告で短絡的な報告を聞いたことがある。

例えば平場の数をすべて坊院跡として数えていたり・・・
単純に礎石の高さ違いで建物の時代差を論じていたり・・・

ああ・・・現場見てないな・・・と思った。

山の寺は、平場の段差を超えて一つの建物を作る。
もちろん礎石の高さの差なんか関係なしに一つの建物をつくる。

現場あわせのすばらしい日本建築の技術。

考古学は、どれだけ現場を見ているか、
それは遺跡だけでなく、今あるものを論理的に見つめられているか、
調査員の資質が非常に問われるのです。

いろんな意味で広い視野が必要なのです。


結構歩いて

夜は一人打ち上げ

DSC_1231.jpg


いいお詣りとなりました。


朝行開始しました


いい季節になりました。

若狭坊の花粉症の季節は、ほぼ終焉のため、
ちょっと花冷えですが朝の勤行ウォーク開始しました。
もう・・・3年目になるかな?

7月の大峯の前行というか、体力づくりのために始めたのですが
早起き、朝ウォークは本当に気持ちいいものです。

今は鳥のさえずりと微かな花の香りに、さわやかな空気に癒されます。
これからは、若葉の香りと虫の羽音の季節を迎えます。

静かな自然に身を置くと、体がめざめ、五感が研ぎ澄まされます。
そして一日元気に過ごすことができます。

今日は夜明け前の4時半から約1時間近隣をテクテク♪

DSC_1218.jpg

菩提寺山門前で、お月さまと開花前の八重桜に囲まれ南無南無。

DSC_1219.jpg

最後に多田大明神に向かい南無南無。

元気をいただきました。


最近、テレビや新聞をにぎわしている嫌な話題。

DSC_1220.jpg

京都二条城や奈良南部の各寺院で、油のようなものが散布されるという
いやな事例。

日本人にあるまじき行為ですね。

わが本山の金峯山寺でも蔵王堂と蔵王権現様にも、その跡がみつかりました。

日本人の信仰を忘れている・・・いやな世の中です。

犯罪でいえば、器物損壊罪にもなりますし、文化財保護法違反です。

はやく解決してほしいですね☆

足掛け4年

このブログもまもなく足掛け4年を迎えます。

思いつきのように始めたのに(笑)
(最近更新頻度が下がっていますが・・・)

小浜の豊かな歴史をしってもらいたい!
元気な小浜の活動をしってもらいたい!

今もその気持ちに変わりはありません。

5年目はもう少し若狭小浜の歴史に焦点を絞っていこうかと考えています。
仕事もそういう部署に復帰したので!(^^)!

5年目はマニアックにいきましょう(笑)

そう!
今年のテーマは

「流通・交流の拠点の歴史を持つ若狭おばま」

です。

プライベート的には、南無南無の山修行報告が増やせれば・・・
という願望に近い目標を設定しましょう(笑)

今年も大峯まであと3カ月です。

日本遺産

各学校の入学式も終わり・・・
若狭小浜の桜も散り始めです☆

新しい仕事として日本遺産に取り組み始めています。

文化庁の新しい制度です。

どちらかというと文化財保護よりも、魅力あるテーマ、観光振興に
ウェートがあるでしょうか?
インバウンドの取り込みという国の観光施策とも絡み合っています。

要は今までの個別の文化財保護施策から、多くの文化財の集合体で
どれだけ魅力あるストーリーが描けるか?

これを誇りに新しい保護啓発をし、観光振興にもつなげようというものです。

すでにエントリーをして結果待ちの状態。

早く結果がわかるといいです。

小浜は、世界遺産暫定リスト提案や歴史文化基本構想などをこなし、
すでにその地盤はできています。
もちろん、その歴史背景は日本遺産に間違いないものです(*^^)v

若狭は
小浜は
特別な場所です。

これで第1号にならなければ、

「なんでやねん!!」

です(笑)


まもなく・・・
結果がわかるでしょう。

それまでに体制を整えること。

これが若狭坊の今のお仕事です。

ブログ読者のみなさま。
ご支援してくださいね。


スタート


4月です。
新天地であたふたしている若狭坊です(*^^)v

さて、昨年取り組んでいた海の駅スタートしています。

IMG_20150406_055421.jpg

七輪焼き広場も賑わっていたようで新聞にも掲載されていました。

5月16日の海のガーデン実施のマーメイドJazzフェスティバルの準備も着々。
はまかぜプラザでプレライブも実施されました。

若狭坊は・・・
土曜日に引き継ぎを終わらせ、
新装開店した濱の四季でプチ飲み会。

DSC_1217.jpg

早く帰るつもりが濱亭のラストオーダまで居続ける(笑)

これからは歓送迎会シーズンです。

でも家でも飲んじゃいます(*^_^*)

DSC_1216.jpg


プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
687位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
93位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR