1月木曜会♪


さわやかな目覚め♪
の若狭坊です。

昨晩は月に一度のOBAMA懇親会!

「木曜会」

濱の湯に入って、その後グビグビという趣向でした。

もう始まって何年になるんだろう??

さまざまな業種、さまざまな年齢・性別の垣根を越えて集まる熱い面々。

ある時は酒をあびて大騒ぎ。
また、あるときは自分の活動を報告し連携を模索する。

一生懸命の活動を聞いて刺激を受ける。

いつも元気をもらえる会なのです。

理屈だけで動かない面々が多い職場柄。
やはり自分は動かなくちゃ、走らなくちゃと再確認できる。

大切な会です。

DSC_1051.jpg

当然飲まないひともいるので、このような組み合わせになったりもする!(^^)!

昨日も色々でましたねぇ。
将来性のあるもの、計画して一緒にしようよ、もう日決めちゃおう。

まぁ早いです。
会議なんて木曜会だけでいい(笑)

とくかく元気をいただきました。

DSC_1052.jpg

しっかり飲んだ後、アイスを買おうとしている某NPO理事長をしり目に・・・

職場に戻り、プチ仕事をして帰りました。

さあ1カ月。

次の木曜会までがんばろう!!!


スポンサーサイト

インフルがやってきた


さてさて水曜休。

予定では福井あるいは京都六角堂&革堂詣りだったのですが・・・

我が家にインフルがやってきちゃいまして・・・・

看病家籠りでした。


なので、ひたすら風呂読書。

読んでいたのは、古事記・日本書紀&神仏習合の成立について。

いろいろなことを交錯させて・・・


やはり国家が神仏習合を受け入れ体制化させていく中での若狭は面白い。
修験道を志すものとして。

古来の信仰である多田ヶ岳と多田寺、多田神社。

国家の神仏習合受容の中での若狭神宮寺と若狭彦神社。

妙楽寺、羽賀寺、谷田寺の成立。

新羅との関係。

葛城との関係。


お水送りを前に

何が若狭小浜に求められたのか?

信仰の想い。国家体制。どろどろとした政権交代に係る人の動き。

想いをはせました。


お水送りは、律令国家の成立期におけるさまざまな要素を包含しています。

そんなことを思いつつ、行に精進するのも良いことです。

真相がわからないにしても・・・


御嶽山を想い


御嶽山の噴火から4か月・・・

復興・風評被害からの脱却を願い木曽の商品を購入した。

酒・・・ですけど☆

DSC_1050.jpg

低精白純米酒の「中乗さん」

名前の由来は木曽節にある「木曽のなぁ~、なかのりさん」ですね。

これは木曽川を下る川船の「中乗り」でまず間違いないのでしょうが。

一説には木曽御嶽修験の「中座」という神託をつげる人という説もある。

だから・・・若狭坊・・・・買っちゃいました。


もうひとつ惹かれたのが地元酒米での「低精白純米」というところ。

この間、「若杯者」を飲んで、低精白の雑味なんだろな?
でも本来の酒ってこんなんだろうな?

と思ったので飲み比べしたかったのです。

結果。

この「中乗りさん」美味しいです。
やっぱり「若杯者」とは比べ物にならない(^^ゞ

そもそも若狭坊は吟醸香を好まないので純米酒主体なのですが。
「中乗さん」はいいお酒です。

雑味じゃなく、しっかりディープな酒の旨みが最初から来る。

若杯者の道険し!
でも、それはそれで・・・楽しく造っていければいいのかな?

新しい酒つくっちゃうか(笑)
若者が旨いというものを。

なにはともあれ!

御嶽の怒りが静まるよう願いを込めて勤行し、
美味しくいただきました。

日本酒は本当に奥が深いですね。

正月酒浸3week目

土曜日☆

3年目となった社長を交えた新年会♪
大盛況でした。

1年めは、なんか演じ物淋しいでしょ!
ということで無理やり友人たちとゴールデンボンバーズ

昨年の2年目はフォーチュンクッキー(笑)

2年目からは職場の青年部もまけじと演し物を出す。

3年目の今年は若い人たちに任せればいいのになぜか?

10704121_10203083509321850_8187152992918968313_n.jpg

んぅ~!!!

そろそろ辞めてもいいですか?

ダメよぉ~ダメダメ!!

sono1.jpg

てなことで酒を浴びました(笑)


翌日の日曜日は・・・

くぼたんの区の初総会。

9時から昼過ぎまでびっちり会議です。

小昼用にあんぱん、メロンパン、ちくわが出ます。

DSC_1049.jpg

この3種と古くからメニューは決まっています。
新しい食文化を創出しています。

昼過ぎからは日本酒オンリーでの懇親会。
古くからの食文化を守っています。
総会でもめたりしても、盃で新年の契を結ぶのです。
公に話できないことを議論するのです。

表の会議と裏の会議ですね。

でも・・・行かなかった。
奥さまも婦人会の新年会で・・・
子どものお迎えに行かなければいけなくて・・・

残念残念!!

さぁ~
あとはくぼたんの組内の新年会を残すのみ!

コミュニティーの団結が希薄になっている方々からみれば
なんて田舎なんだ!と引くでしょう。

でも大切なことなんです!!

大峯奥駈道の特番

今日も福井市にいる若狭坊です。
時間をもてあまし
珍しく昼間のブログ更新☆

昨晩はKBS京都を珍しくみる。

昨年の蓮華入峰に取材同行していた三重TVの番組放映でした。

世界遺産10周年の『熊野古道』というシリーズもので
大峯奥駈道でした。

20150123153723d55.jpg

結構分かりやすい番組でした。

若狭坊や若峰講の仲間もちょこちょこ出てました(笑)

まぁ真剣にみてて、「あっ!」くらいですが

20150123154116212.jpg

山行きたくなりました。

色々疲れてパワーが欲しい

録画してあるし、帰ってゆっくりもう一度観ようっと!

そろそろ精進☆


水曜休。

ちょっとした用事で福井市へ!
舞鶴若狭道の開通で近くなりました。

でも用事自体はどんより重~いものなのでリフレッシュにはならない。

仕事の電話も携帯にバンバンかかってくる。

休まりませんね(^^ゞ


さて、大峯まであと半年となりました!(^^)!

まずは3月にはお水送り☆

DSC_1035.jpg

そろそろ精進です。
朝ウォーク勤行も、2月くらいから再開しよう!!!

お水送り。
いい行事です。
歴史的背景を考えるとき、深~い想いに入っていきます。

結構、過去記事に「お水送り」紹介しています。


検索してご覧くださいませ。
(あくまでも個人的見解なので読むだけですよ(笑))

正月酒浸2Week目


先週☆

1月11日の自警団初出式は、数十年振りでは?

という三丁町でのお座敷遊びとなり・・・(^^ゞ

この週末は青壮年会の総会&新年会でした!(^^)!

土曜日の若杯者のプチ打ち上げで英気を養い・・・

日曜はお昼から4時間ばかりの酒三昧でした(笑)

次から次に登場する食べきれないごちそうの数々。

2週目ですから珍しく?最後までおらず早めに退席。

早めの風呂に入ってお酒を抜きました(笑)

おかげさまで心地よい目覚め(^^)/

さあ、3Week目に向けて体調を整えよう。


でも・・・

予定びっちりですが行きたい展覧会が一つ。

DSC_1034.jpg

若州一適文庫で開催されている「渡辺淳」さんの展覧会。

渡辺淳(すなお)さんには、絵画展の審査をお世話になったとき懇意にしていただき
アトリエを見学させていただいたり、執筆本を恵与いただいたりしました。
小さな作品もいただきました。

佐分利という小さな谷奥で生きてこられたすなおさん。
話をしていると若狭坊がすむ窪谷とかぶってくるのです。

昔の炭焼きをしていた時代の話など勉強になりました。

なんていうかな。
先生の作品は最初のイメージは暗い感じなんだけど生きる力がみなぎっている。
風景画には自分を育んだふるさとへの愛が凝縮されている。

行きたいな!
なんとか調整しないと期日が迫ってきたな(^^ゞ


酒のこだわり

酒!
若狭坊の命水です(笑)

酒というと言葉的はアルコール飲料全般を指すようになっていますが
現在も「日本酒」に特化して「酒」を用いることが多い。

それほど日本酒がわが国の主要な飲み物だったということですね。

語源は諸説ありますが・・・

「サ」は日本語でよく使う古来からの接頭語です。

神が宿るというような神聖な言葉として使われることも多いです。

「サクラ」とか「サナエ」とか「サツキ」とか「サオトメ」とか・・・・
米に関わることが多いですね。
春になり山の神が稲に花に降臨するという感じです。

「ケ」は飲食物です。

「御食(ミケ)」なんかが典型的ですね☆
「御食国」(ミケツクニ)です。

神が宿るコメによる日本の最高傑作の飲み物とうことにしましょう。

諸説ありますが、若狭坊の個人的解釈ということで(笑)


さて・・・

毎朝、連続テレビ小説「マッサン」を観ている若狭坊です。

「マッサン」すごいですよね。
これぼどソウルドリンクである日本酒に対抗した馬力は凄いです。

鴨居社長(サントリー創設者鳥居氏)もワイン事業など凄い馬力です。

そのパワーがあるからこそ、現在日本のウイスキーが本場をしのぐほどの品質になった。

若狭坊もたまにいただいて、「旨い」と思います。


でも、若狭坊は晩酌の基本が「サケ」で・・・
「焼酎」や「ウイスキー」は酒を楽しむときにいただきます。

なぜか?って?

晩酌は日本食にあわせるのだから「日本酒」が一番なのです。
西洋料理のときにワインが一番のように・・・
和洋折衷のときはビールを飲むように・・・

焼酎やウイスキーは、蒸留酒ですから、発酵酒ほど料理とはマッチしません。
でもアルコールらしいキレの旨みであったり、原料の香りを楽しむのには最高で。
夜、一人楽しむのに最適です。

ウイスキーやビール・焼酎は麦原料。
実は麦も日本では古い栽培作物。

米じゃなくって麦が日本のソウルフードになっていたら
「サケ」は焼酎やウイスキーになっていかたかもしれませんね。

だから外来だからって美味しいサケをサケじゃないと否定してはいけません。

日本酒のコメだって外来作物だからね☆


もしかしたら1000年後には、日本のサケはビールになっているかもしれないし。

キリンやアサヒ、サントリーという大手ビール事業者から
本物のビールが各地の地ビールとして展開している流れからみても・・・
ワインもそうですね。海外ワインから国産ワインに良質なものが移りつつある。

日本の南方で好まれる泡盛や本格焼酎なども温暖化で北進化するかもしれない。

これを否定する気はさらさらなく・・・
歴史文化が創造される一過程ですからね。

でも、日本酒文化を守っていきたい。
2000年かけて造り出した日本人にあった日本の風土にマッチした
生活、伝統文化に根付いている日本酒を・・・

そこには替えることのできない先人の英智が込められているから。

若狭坊の願いなのです。


さあ!今晩は「若杯者」の懇親会。

今年の反省をして、第2期のサケ造りに動き始めます♪

ちょっとストイックに☆


鯖街道関係で秘密の出張を入れていたのだが・・・
前日夜に先方の都合により急きょキャンセル↓↓

水曜の予定が空いてしまった若狭坊です。

来週からいよいよ仕事場も水曜休がなくなる((+_+))

寺詣りでもいくか・・・
と思って奥様に言うてみるものの・・・

おとなしく家にいたら!というお言葉。


しゃあない!体調も思わしくないしゆっくりするか!

と思って洗濯と筋トレを済ましたもののソワソワ。


いや!正月の体重を絞るのは今日しかない!

ということで朝からお山を遥拝して1時間ウォーク。

そのあと、西方に進み風呂とサウナで2時間。

帰ってきて、ブルブルマシーン3セットと筋トレ。

その間、飲み物は特茶(笑)


2㎏弱絞ることができました。

さて、

晩酌は、

DSC_1030.jpg

「若杯者」

とうとう完成しましたよ☆


構想実に2年くらい??

DSC_1031.jpg

今年の春から19歳のみんなが集まり

田植えして

草取りしてバーベキューして

おちょこも作って、酒蔵見学し

稲刈りして

酒づくりも鳥浜酒造さんの全面協力ですべて体験☆

実行委員の一人でしたが何もできませんでした。

でもいただきます。

感想は・・・

若い!!

なんていうか。
フレッシュな白ワインのような。

最初の一口はうわっ!!これは??って思ったけど。

なんていうか・・・米の味がするよ。
去年自分で試したどぶろくに近いかな??

この酒。コシヒカリの純米なのですが。

いまや酒米を極限まで削ってうま味のみで作る酒が主流。
このような酒が旨い!が定着しているけどどうなんだろう。

米、発酵のパンチがくる「若杯者」のような酒が古来の「酒」なんだろうな。


若いチカラいただきました。

ありがとう!(^^)!


ご予約された方は事務局から納品方法の連絡があると思います。

またご購入希望、ご予約希望の方は下記リンクを参照ください。

限定品なので売り切れ必至です。

若杯者プロジェクト

どんどから初出式


激太りの若狭坊です。
まだまだ飲み食いが続きます。
ピンチです。

さて、11日はどんど&自警団初出式でした。

DSC_1028.jpg

火にあたって五穀豊穣、無病息災を南無南無。

その後、伝統の法被をまとい・・・

DSC_1029.jpg

区内の危険個所点検とポンプ点検&放水。

昼からは、ひたすら飲む(笑)

夜まで(^^ゞ

いい親睦ですがカラダだけは大切にせんと・・・ね。


テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

ごちそうをいただく♪


まだまだ本調子でない若狭坊です。
仕事でもいきなりやる気をなくす態度に失望しています(笑)

駄目だなぁ~。
まあ求めずに自分のできることをやるだけです。

でも上にたつとき。
上をみず、下に目を向けて仕事したいな。
いつまでも管理職でも駒として自ら動くことを忘れたくないっす。

さて・・・

よそからお客さんを招いて小浜の食を楽しんでいただこうと思ったとき・・・

よく民宿を利用します。

DSC_1022.jpg

いまは、ふぐ、かに、かき、魚とサイコーの時期です。

小浜にきたら民宿☆
間違いないです。


で・・・

よく外からの人と食事をしていて気づくこと

1.箸の持ち方がおかしい

2.食べるときに器に口から行く。

3.ごちそうさまでもお茶碗にご飯粒がいっぱい。


どれだけ、いい人、グローバルで頭のいい人でも幻滅しちゃうんだな(笑)
女性なら、なおのこと幻滅が倍増します(笑)(笑)

若狭坊の口数は一気に少なくなっていきます。


だいたい小浜の人(若狭坊の周りの人)に、こんな人はほとんどいない。

若狭坊は祖母であり村の人であり両親から学びましたが・・・
食のまちづくり・・・大切です。

いのちをいただく。
毎食が真剣勝負。
粗末なことはできません。
「いただきます」「ごちそうさま」に願いをこめて。

飽食時代、食育が伝達されていない今の社会に慣れた方に、

さて・・・小浜の食のまちづくりは伝わるのだろうか・・・


理屈を並べて「発信しましょう!」という方は数多くいますが。

その頭の良さよりも、生活に根付く姿に注目してしまう若狭坊なのでした。


初まいり

大雪でした・・・
正月は雪かき正月☆
カロリー消費にはちょうどいいです♪

さて・・・
2日の出勤後。

3日は、朝から自警団の雪かき。
埋め込み式の消火栓とホース格納庫周辺の雪かき。
あわせて、集会所前、駐車場の雪かき。
あわせてあわせて、区内の車両がすれ違いできるように
いくつかの場所を雪かき。
一人暮らしのお宅の前も雪かき。

市内は突然の正月降雪で大変だった。
おそらく除雪を担当する役所や業者さんは休む間なかったのではないかな。
その中には、モンスターペアレントみたいなクレーマーも多かったんじゃないかな。

わたしたちはできることから村内では共助です。
大切なことだと思っています。

終わった後はみんなで呑みました(笑)
これからしばらく日曜日は地域コミュニティの呑みが連続します(^^ゞ
大切なことです。
が、体は大変です(笑)


さて・・・
4日はフリーになったので初まいり。

DSC_1020.jpg

西国三十三ヵ所の中山寺です。

DSC_1021.jpg

安産祈願で有名ですね☆

ここの凄いところは、参道にエスカレータ完備なところ。
お年寄りや妊婦さん、お子様連れにやさしい♪
違和感がないといったらそれまでですが、若狭坊はアリだと思いました。
大峯にあったら拒絶しますが(笑)

初詣で賑わっていました。

もうひとつ凄いところは・・・
寺内に中山寺古墳があり、横穴式石室や石棺が見れること!

DSC_0922.jpg

古代寺院のおいたちを考える上で興味深いです。

考古学に携わるものとしては、当たり前のことですが。
寺院のなりたちはそこまで遡らないと。

人でごった返していましたが、山麓の町を見渡すと
神聖な心も感じ取れます。


テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

今年もよろしく願いします

1月1日。

朝は快晴♪
ご来光を南無南無し、お屠蘇とお雑煮をいただく。

でも・・・
午後から・・・
若狭小浜は久しぶりの大雪です(*_*;

あっという間に積り。
夕方には家の前の積雪は50cmほどに。

早朝から呑んでいたカラダをたたき起し雪かき。
そしてまた呑み。

本日2日から出勤ですが、

DSC_1016.jpg

ひたすら勤務地の雪かき。

DSC_1019.jpg

町家の飾り付けをし・・・

DSC_1018.jpg

明日のかるた始めの準備。


はぁ~、今日も肝心の仕事できんかったなぁ~。


今年も仕事は邁進、里の行☆
もちろん仲間とまちづくり。
山の行は楽しみで。


気持ちはわすれずにガンガンいこう。

本年も若狭坊をよろしくお願いいたします


テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
83位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR