多田暮雪にふり返る


ゆったりした年末を過ごしています。
昨晩は、保存会長からいただいたDVD

「唄う念仏 踊る念仏 -京・若狭の六斎念仏-」

をチビチビ飲みながらゆっくり鑑賞。

朝からは、1年のお礼をこめて近隣の社寺にお礼参りウォーキングです。

DSC_1014.jpg

若狭八景にも出る「多田暮雪」を南無南無し、一年を振り返りました。


1月

正月なしで、ひたすら伝統行事と食の調査にまい進していました。
あわせて昨年から練っていた若杯者PJがスタート。

DSC_0192.jpg

新酒が搾られ来年にはお披露目です♪


2月

初山行は伏見稲荷から比叡山一日回峰♪

DSC_0278.jpg

今年も山修業に励んだ若狭坊です。
これがないと、忙しい仕事につぶされてしまうのです(笑)


3月

例年のごとくお水送りに出仕。

1979625_438145809650662_769660205_n.jpg

そして4月のお披露目に向けて「だるま窯」活動にまい進していました。


4月

待望のだるま窯お披露目会。

DSC_0354.jpg

多くの方々に祝っていただき、こどもたちのワークショップも開催☆


5月

初の試み。おやじたちのトワイライトコンサート。
盛り上がりました。

DSC_0484.jpg

来年は大きなイベントとして飛躍します。
お楽しみに♪


6月

「和食」がなぜ日本文化なのか?をイベント開催。

調査報告会(web)

若狭坊はいろいろイベント企画しますが、本来はこのようなアカデミック系。
大切なものは意識を共有して真剣に残さなければならない!!

この月、大切な祖母を亡くした。
力強く生きていきます。


7月

今年も大峯へ!

DSC_0581.jpg

道中奉行の大役もなんとか・・・
自己の修業もさることながら、先達としての重みが増し始めています。


8月

ひさしぶりに歴史系の研究会「新・清州会議」に出席。
まだまだスキルを磨かなければいけない。

DSC_0725.jpg

でも、若狭坊は研究者ではない。
地域に入れば先輩や後輩と楽しくむらづくり。

DSC_0733.jpg

これが根本☆


9月

この頃から仕事の忙しさ本格化。
かなり病みはじめる(笑)
鳥取の鯖サミットで新たな出会いがたくさんありモチベーション若干アップ。

DSC_0817.jpg


10月

取材・調査に奔走するが、維持管理の簡易な仕事が立て込み
本来やりたい!やらなければいけない仕事に時間が割けない。

DSC_0853.jpg

ジレンマの中、さらに病みはじめる。
一人でする仕事はつらいものだ。
毎日、助けがほしい!仲間が欲しい!!と思っていた。

この頃から、祖母の供養も兼ねて西国三十三か所をめぐり病をとる体制に入る(笑)


11月

取材で京都へ。
目線を変えられると病から抜け出せる(笑)

DSC_0951.jpg

若狭坊の根本は、いつも意識の高い人、活動している人に接してモチベーションをもらう。
だから、そういう話ができずに仕事にこもると病むんだろうな!
本当なら仕事場はそんな人や話ばかりでモチベーション上がるんだろうけど・・・

でも・・・
さあ、来年花開かせるぞ!!!


12月

若者たちと100年先の若狭を語る。

DSC_0994.jpg

若狭坊は一人じゃない。
仲間がいっぱいいるゃないか!!!


いろいろな意味で来年は花を咲かせるぞ!
仕事場には求める人材は?だが。

地域にも・・・
小浜にも・・・
全国にも・・・
一杯いる仲間とともにね☆

来年も地域むらづくり、小浜のまちづくり、山修行

どれも手を抜かずに走ります。


スポンサーサイト

休日にできる今年の〆


忘年会ラッシュで体重激増の若狭坊です((+_+))

しかも最終の忘年会は記憶を飛ばしている。
右足首はひねっているし、体に擦り傷いっぱいやし。
何したんだ??

もう無茶呑みする年代は過ぎたな。


さて・・・

年始は2日から仕事ということで、年末休みを満喫しています。

27日は一日、若狭小坊主と行動をともにしました。
二日酔いということもあり、朝から二人で濱の湯に行き・・・
バッティングセンターを満喫し・・・
家で工作を楽しみ・・・
夕食は二人でカレー作り。

一緒にいれることが少ないからこそ、いろいろ楽しめます。
まだまだ甘えん坊のボクちゃんでかわいい。

昨日、一昨日は、加賀に色々リサーチの旅。

舞鶴若狭道開通で近くなりました。

まずは金沢の近江町市場。

DSC_1005.jpg

小浜の市場周辺のまちづくりに携わっているので観光的な見せ方や展開をリサーチです。
年末の買い物客のごった返している時期だからこそリサーチできることがあります。

正直むっちゃ高いし、鮮度もねえ。
でも人だらけ。

広報であったり雰囲気であったり。
観光とはそういうものです。

だから、本物ですればすばらしい観光地と変化する。
そういう出発の年に来年はしたいものです。

みんなでそれを考えていく。
少しでも進んだかも。
でも、まだまだ足りないよね。


その後は・・・

若狭だるま窯を守る会として赤瓦のリサーチ。

DSC_1007.jpg


若狭にいると異様ですけど、
山陰にしても、越前にしても、加賀にしても
赤瓦文化圏。

その空白地がいぶし瓦の若狭瓦。

気候と文化圏を思い知らされます。

弥生時代から山陰と越国の文化点には共通点が多い。
一方中間の若狭は、近江や丹後との交流圏。

これからは、こういう狭域文化圏をもう一度見つめなおす必要がある。

そういうバックボーンがあるのです。

それは風土であり気質であり。
年月がたっても変わらない根本のものがある。
人は馬鹿じゃないのです。


帰ってくると・・・

DSC_1008.jpg

ありがたや・・・正月のめるぞ・・・サバのなれずし。

まちづくり、地域づくり、修験でお世話になっている先輩であり同志である
大切な方からいただきました。

毎年ありがとうございます。


ということで。
なれずしをいただき思いだし。

今日は朝から運動がてら菩提寺の興禅寺へ若狭瓦調査。

DSC_1010.jpg

あまり見かけない瓦灯篭。

実は若狭瓦で残存しているもっとも古い年号を刻んでいます。

DSC_1012.jpg

これで、ようやくパンフレット入稿できるな☆


さあ、来年も忙しくなりそうです。

楽しく愉快に未来を見つめて。

仕事もまちづくり活動も手を抜かないぞ!!!


朔旦冬至

本日、12月22日。

めでたい日です。

朔旦冬至

陰暦の11月朔日と冬至が重なる19年ぶりの日。

太陽と月の復活が重なる日です。


由緒ある地でご来光(方向だけでしたが・・・)に向かい勤行。

DSC_0997.jpg

すばらしいパワーをいただきました。


古くは宮中でも特別な宴をしたそうです。

江戸時代にはあった朔日の宴もなくなりつつある文化。

特別な日であるからこそ・・・

自然とともに生きる日本人として見つめなおしたいものです。

DSC_0999.jpg

太陽を意識して配置される神社仏閣は全国に数多くあります。

恵みをもたらす太陽に南無南無。
復活を喜び南無南無。

いいものですよ。

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

自然学校・自然エネルギーフォーラム若狭小浜

飲みすぎでしょうか?
腰と背中の間が痛む若狭坊です(^^ゞ

座っているのがしんどい・・・


さて・・・

昨日はお休みで標題のフォーラムに参加させていただきました。

DSC_0994.jpg

「百年先の若狭にくらすキミたちへ」

壮大なテーマのように思いますが、そんなことはない。
わたしたちの動きは多かれ少なかれ百年先に受け継がれる。

若い仲間たちが共有して集まっているのだから。


すばらしいパワーをいただきました。
ひげのおじさんや八百比丘尼さんと
「裏方」で支えになりたいね!と話しました。
裏方は関わりを疎遠にするのではなく、一緒に動きたい!という裏方です。

「がんばってるな!」の口だけじゃなく!です(^^)/

会場には若狭を中心とした活動の紹介パネルぎっしり。

DSC_0995.jpg

元気です。
ひとつひとつの動きが
そして、こうして集まれば
必ず百年先につながります。

冒頭は同僚の講演。
何度も聞いていますが、すばらしいプレゼン力。
今回も見習うところをいくつも発見させていただきました。

終わると約20団体の活動報告分科会が3会場で実施される。
すごいですよね。

はずかしながら若狭坊も会長の了承も得ずに活動発表させてもらいました(^^ゞ

DSC_0991.jpg

しゃべりのコマは20分。

若狭坊の今回のテーマは、
パワーポイント全盛の時代に、使用せずにどれだけプレゼンできるか?

事務局には漫談します!と言いましたが
要は、いくつかのポイントだけ感じてもらえたらいい!
という風なイメージです。

もしかすると興味を持ってもらって来ていただいている方には満足いくものでなかったかもしれない。

でも、思いをもって熱く活動してますよ☆

を知ってもらうのが今回のテーマかな?と思いましたので。

担当分科会が終わって、いくつかの分科会を永三坊さんと聴講。

1419050190192.jpg

立ち上げの時から議論していて、動きはじめて何もお助けできていない若杯者の分科会を聞く。
やっぱり、しばちゃん、いけてるよ☆


分科会後は、福井隆先生の講演会。

思いは結構一緒(えらそうですみません(笑))で頭の整理ができました。

終わって先生を含めたパネルディスカッション。

若狭坊の今回のテーマは「難しいこといわんとこ」でした(笑)

若い彼ら・・・

若狭坊が30代の頃と同じ思いもっている。

大丈夫。動いていたら人は集まる。
集めようとはせんでいい。

楽しく未来を見つめていきましょう。

若狭坊もその仲間にいれてください。


テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

小浜好きの子どもたちを・・・


選挙終わりました。

みなさん、次世代の人たちのために投票行きましたか?

最近、選挙に行く時は

「今の自分の生活のため」

じゃなく

「次の日本・福井・小浜」を創造するためのスキルのある人」

を焦点にしている若狭坊です。


さて・・・

選挙の日でしたが職場は賑やかでした。

朝から団体さんのご案内☆

DSC_0985.jpg

キッチンではキッズキッチン拡大編「お正月料理」

DSC_0988.jpg

町家ではボランティアさんのペーパークラフト

DSC_0986.jpg

シアターでは、恩師の「若狭の漁業と鯖街道」のご講演。


なかなかイベントな1日です(笑)


とくに今日は小さな子どもたちが楽しんでいました。

楽しむだけでなく色々なものを感じてほしい。


キッチンは単なる料理教室ではなく、
「いただきます・ごちそうさま」を中心に日本文化を感じてもらう。

町家では日本の伝統的空間で世代を越えて楽しんでもらう。

いずれもちょっと前までの家庭では当たり前だったことが
今では特別な経験になりつつある・・・・
コミュニティの中でも、伝統行事などを通じて伝えられていた。
これもだんだん希薄になりつつある。

でも、小浜には残っている。
これが認められて小浜は無形文化遺産の「和食」に名を連ねミラノ万博へ出展する。

少子化対策・企業誘致に税金を投入するのは否定しない。


でも日本らしさ!を残すと
地道な活動や、歴史文化が全国的にも認められた小浜。

ここから世代を越えた地域づくりをしていくことが今求められている。

全国的にそのような時代が到来するだろう。
自民党政権ももがいているが、いつかは気付くはず。

小浜は一歩リードしている。

その優位性をなくさないように均一化された国の補助金行政を突破し
未来を創っていかなければならない。

実は・・・

なんだかんだ言っても国の施策ですが・・・

これを利用して新たな取り組みが・・・たぶん・・・来年始まります。

若狭坊が10年来積み上げてきたことが少し形になりそうです。

文化を受け入れ、融合させ、華やかな国際都市であった小浜。
時代に取り残され、でもそのおかげで日本文化を残す小浜。

子どもたちが誇りに思える郷土として復活させたいものです。

あくまでも1つのアイテムにしかならないでしょうが。

こうご期待!!!


テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

選挙に行きましょう☆


本日は衆議院議員選挙ですね☆

若狭坊は出勤ですが、出勤前にちゃんと投票してきました。
成人以後、欠かしたことはありません。
日本に住むものの義務であり、先人が勝ち取った権利です。

西洋文化を受け入れ、近代選挙を導入し、今のように普通選挙となったのは先人の汗・涙・血のおかげですから。

でも日本の中近世でも一応はありました。
村や町の長を決めるもので入札(いれふだ)といいました。
でも被選挙権も限られてますし、出来レースみたいなところもあったので今の選挙とは違う。

家柄・世襲・長老制は強かったから。

実は若狭坊の住む区の区長選挙は今でもそうだったりる(笑)
いい意味で伝統です。

いまも世襲議員が多いのは日本ならではですね。
いや外国にもあるな☆
DNAというやつだろうか・・・

優秀な人であれば否定はしません。

今の選挙は政党選挙です。
その施策を通す人もそうですが・・・

個人の「自分でなければ!」というハートとスキルのある人を選びたい。

そのためには情報不足なんだよね。
「人」は関わらないとそれが見えないから。

そういう場所に足を運ばなければ。
なんだろうな☆


テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

百年後のキミたちへ・・・


今年になり日本創生会議が人口減少の地方消滅地図を公表し・・・

増田先生の『地方消滅』がベストセラーになり・・・

小浜も人口減対策で賑やかになっています。


そして藻谷先生の『里山資本主義』もベストセラーですね。

地方から何ができるのか?
100年後のキミたちへ何が残せるのか?
今何をすべきなのか?

若狭を残すために

100年後のキミたちが若狭に誇りを持ち過ごしているところを夢見て


12月20日(土)に県立大学小浜キャンパスで開催されます。

DSC_0982.jpg

地域資源を活かした地域経済内での完結は歴史上も必ず繰り返します。
外国からの特別な文化の受け入れで・・・
これは必ずしも成功せず。
日本らしく融合させて地域社会を創りだす。
歴史は繰り返しています。

今!切り替わりの、まさにその時期にきています。
明治からの欧米文化の受け入れから日本らしい融合を進める過渡期。

100年後のキミたちが日本らしい自然・文化・人の中で
元気に生きていくように・・・

何ができるか?考えていきたい。

若狭坊もプチ参加します。

このような自然エネルギーというテーマを若狭ですると
原発を認めない!人のあつまり?と思われがちですが・・・

若狭坊は先端技術の否定はしません。
あくまでも自然を愛し自然と共生してきた日本人を見直し
地域づくりを進め産業へと結びつける。

ここが大切だと思っています。

そのような催しです。たぶん(笑)


10:20~  講演1 「食から見る若狭」 中田典子(小浜市政策専門員・食育)
11:00~  分科会
      11:00~ ●里山の生活文化を学び育て伝える
              NPO法人森林楽校 森んこ
            ●わたしが見た小浜の観光と可能性
              地域おこし協力隊
            ●薪ボイラー×太陽光熱温水器
               (有)JASTY
      11:30~ ●里山を活用した高校生の取り組み
               若狭東高校
            ●若狭つながり市民ソーラー共同発電所
               ooiみらい塾
            ●大阪の小中学生が若狭町の魅力発信
               類塾かみなか長期合宿
      12:30~ ●森・山・里・ひとを次世代へつなげたい
              やまめの会
            ●農山村におけるエネルギーの自給
              NPO法人自然体験共学センター
            ● 煙立つふるさとの復活に向けて
               若狭だるま窯を守る会

            ※あくまで取り組みだけですが若狭坊が紹介します!(^^)!
      13:00  ●原発と向き合って見えた「私たちが大切にしたもの」
              夢のちからプロジェクト若狭
            ●夜空を楽しもう!
              名田庄天体観測クラブ「星の庄」
            ●里山でのびのび育て未来の大人たち
              里山里海湖研究所
      13:30  ●成人が彩るボクらの酒
              若杯者プロジェクト
            ●40年前に廃村の京都市左京区大見での活動
              大見新村プロジェクト
            ●みえない水を通じた里山・里地・里海湖のつながり
              福井県立大学臨界研究センター
      14:00~ ●地域資源のナショナルトラスト
              NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト
            ●森と狩猟の役割
              ㈱環境アセスメントセンター
15:00~  講演2「地元学からみる若狭」福井隆(東京農業大学客員教授)
16:00~ パネルディスカッション
          「100年先の若狭にくらすキミたちへ」

なんて盛りだくさんなのでしょう。

まちづくり大好きな方
山伏の方(おらんな(笑))

ご参加検討くださいな☆
 

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

山…閉じました


12月9日です。

今日は市内の至る所で「山の口講」が行われる日です。

若狭坊もいくつか調査させていただきました。
(昨年ほどではないですが・・・)

日本人が生きていく上で大切な木材や山の幸を生み出す山。

古くから神仏が宿る異域。
生死の境目の異域。

本来ならば人が入るべき地ではなかった。
農業に関わる天候の不順は山から来る。
農業に大切な水も山から来る。

人々は山に向かい祈った。

しかし恵みを求め、神仏の力をいただくために人は山に入った。

今・・・若狭坊は未熟な修験者として山に入る。
今年の山修行は終わった。

仕事に明け暮れ、今年の山行は少なかった(-.-)

農業を支えていた山から迎えていた女神は一度山に帰られる。
年明けの1月9日まで。

その間、山の神はお休みされる。

12月9日は里の幸、山の幸の恵みに感謝し山にお帰りいただき
1月9日に再び一年の幸を願いお迎えする。

ゆっくりお休みください。
ゆっくりお休みいただくために山には入れない。

若狭坊の山行もしばらくお休みです。

さあ、寒い体を温めるには・・・

カキフライにしようか・・・

DSC_0978.jpg

鍋焼きうどんにしようか・・・(笑)

DSC_0979.jpg

修行が足らない若狭坊は雑念だらけです(*_*;

でも

いただきます。
と感謝をこめて。

山を遥拝して

毎日恵みに感謝します。

自然に育まれ自然とともに共生してきた日本人として☆

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

光るななちゃん☆


小浜といえば「鯖」ですよね。

鯖街道の起点ですから。

そういう小浜の公式イメージキャラクター(ゆるキャラ)は・・・

さばトラななちゃん♪

DSC_0460.jpg

実在のサバ模様のかわいい猫がモデルとなっています。

ポッケに鯖をしのばせているんです♫

まちづくりの先輩であり友人である「あだっちゃん」渾身のデザインです。

クリスマスを前に食文化館のななちゃんは光っています☆

DSC_0976.jpg

彦根のひこにゃんに始まり、最近はふなっしーとくまもんの二強ですね。

でも、ななちゃんは本当にかわいい❤

なんとか有名にする仕掛けがないものか・・・

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

日の出間近♪


さぁ・・・寒波です。

寒いです。

はやくタイヤ交換しなければ・・・


さてさて・・・

ようやく辿り着きましたね。

DSC_0971.jpg

旭座移築に伴う解体工事です。

DSC_0972.jpg

全国でも数少ない明治時代の芝居小屋が。

小浜の観光まちづくりの起爆剤として動きます。


しかし・・・

遅くとも今年には移転復元完了した事業。

高速道路開通などに間に合い、おおきな起爆剤になるはずだったのに。


本当に将来を見据え、小浜に活気をもたらす気持を再認識してほしいものです。

スピード感大切なのにね。


さて・・・

定休日ですが出勤します。

旭座の二の舞になって、小浜のまちづくりが停滞しないように♪



テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

バット納め

好天の日曜日☆

口名田地区クラブ対抗のソフトボールがありました。

DSC_0974.jpg

参加チームは、相生クラブ、上中井ファミリー、飛川クラブ、ブルーインパルス、須縄クラブ。

地域にこれだけクラブチームがあるってすごいですよね。

スポーツは地域の結束を深めますから。

DSC_0973.jpg

昨年から始まった今シーズンを締めくくる行事です。
各チーム入り混じっての合同チームでの対決。
楽しく親睦を深めました。

最後はおっさんチーム対若手チーム。

おっさんチーム勝利!!☆

まだまだ若いもんには負けません。

若狭坊は、4打数2安打。
ホームラン1本。
まだできるかな。
いや・・・そろそろ引退や(笑)


せっかく運動したので昼すぎから我が家で打ち上げしました。

「もつ鍋」パーティー。

気がついた時には我が家は人であふれていました(笑)

そして飲みすぎて撃沈です(^^ゞ

あぁ~今日も二日酔い・・・

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
386位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
63位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR