一献集中!

残業と懇親会(飲み会?)を交互にこなしている若狭坊です。

こりゃ・・・カラダ壊すな(^^ゞ


火曜日はお世話になっている某会社で秘密裏の鍋パーティー♪

木曜日は第三木曜日恒例の「木曜会」@大谷食堂でした。

ともに酔っ払いだったので写真ありません(笑)

鍋は豆乳ミルフィーユ鍋おいしかったです。
プラス鯨肉も熊肉もおいしゅういただきました。

木曜会は小浜が誇るいづみ町の老舗で。
おさしみも炭火で焼いた肉厚のサバも最高でした。


さて、合間の水曜日。定休日ですが・・・

和食のさまざまな料理の食品サンプルレプリカ作成。

DSC_0880.jpg

まずは本物の料理を作ります。

そして写真で色調などをしっかり記憶し、法量もとります。

そして寒天をながしこんで型どり。

DSC_0883.jpg

現場ではここまで。

あとはすべてお持ち帰りで、型にロウをながし彩色盛り付けして完成となります。

完成すると・・・こんな感じに。

DSC_0882.jpg

日本が誇る技術なのです。


金曜日は時期は違うけど、日本が誇る「おせち」の撮影。

DSC_0885.jpg

もったいないのでいただきました。

そしてビールでやりはじめ・・・

あかんあかん・・・

FB_IMG_1414145592228.jpg

これでんがな(笑)

結局家でも深酒なのでした(^^ゞ

ぐいのみ?として使っているコップ。

前金峯山寺管長 五条順教様の一字です。

「恕」

人は怒りに震えると見境がなくなる。

人を許す「恕」の心を忘れてはいけない。

蔵王権現様は両方持ち合わせていらっしゃる。

忿怒の相をみせる権現様。
でも青身色は恕の心を表す。

心を落ち着かせるために日々般若湯です。



スポンサーサイト

多田ヶ岳の登山道


今日も遠足・体験学習で賑わっています。

DSC_0879.jpg

ふと展示をみて気付いた・・・・

DSC_0877.jpg

これ・・・
全国で発行された観光案内の小浜バージョン。
昭和8年(1933)の発行です。

多田ヶ岳部分をアップにしました。

現在の登山道は妙楽寺コースと多田コース。

でも書かれているのは

(1)妙楽寺コース

(2)龍前~神宮寺神体山コース

(3)遠敷~上記コースへの合流


元来、いまある多田から上がるコースがメインと考えていたのに書かれていない。
本地図には未記載ですが多田寺・多田神社の尾根を行くのが元来の古いコースかもしれませんね。
古代の峰入りもそうだし、近世までは修験根本道場だったのですから。

(1)は今もあるコース。妙楽寺との関係から興味深いですね。
(2)は、伝承では聞いていたコース。若狭彦姫と神宮寺との関係です。
(3)は初見です。遠敷の湯谷から上がっているよう。
古代の信仰と関わるとすれば注目です。
この周辺は奈良時代以前の群集墳がある地域ですから、神仏習合前の
様相を示す根本の道であることも否定できません。 

いずれにしても、この道を回峰するなど、今では考えられない山の信仰が
小浜にあったのです。

小浜の社寺建造物群と登山道の配置は、しっかり研究しなければいけません。


テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

毎日怒涛です(笑)

久々のブログ更新です。

何か仕事の波に押し流され、渦潮の中でもがいています(笑)


館には毎日県内嶺北の子どもたちが体験でいらっしゃいます。

DSC_0868.jpg

高速道路開通効果ですね☆

もともと福井県では旧国の若狭(嶺南・越前敦賀含)と越前(嶺北)と大きく隔たりがあります。
文化にしても気質にしても・・・

このような県は全国でもいくつかあるのでしょうが、福井県はかなり顕著。

それが、高速道路開通で子どもの面で交流が増える。
とても良いことです。

そのような「場」をいくつも提供していきたいですね。

でも館運営はしんどい。
やればやるほど自分の首を絞めているような・・・
でも、やっていかなければ・・・

それに食の重要施策、市の未来施策を抱えているのですからキビシイ(笑)

日々修行です。

来年には北陸新幹線が金沢まで開業ということで、
JRの北陸ディスティネーションキャンペーンがあります。

そのエクスカーション金曜日にを食文化館で受け入れました。
秋のお魚総選挙(サババージョン)

DSC_0873.jpg

あわせてOBAMAバーガーと鯖おでんも、全国の旅行会社のみなさまにPR。

食のまち小浜へ多くの方にきていただきたいです。

若狭坊は着物にまえかけの丁稚仕様でお出迎えしました(*^^)v


残業・休日なしの1週間を終え・・・

よし!ということで

金曜一人のみ(笑)

DSC_0874.jpg

昔から職場の前にある渋い店です。

1413544992373.jpg

日本酒はこのカップじゃないと!(^^)!

そして・・・

ここは・・・

DSC_0875.jpg

そうマスターが大ファンということで

ジャイアンツファンの聖地なのです。

クライマックスシリーズを観戦しながらマッタリ呑みました。


英気をためて・・・

土曜日は少年野球新人戦へ!

DSC_0876.jpg

小坊主は3年生でまだまだ戦力にもなりませんが背番号をもらい意気揚々。

ひさびさの週末休ということで、帰宅後もみっちり練習しました。

やっぱり自己練習が大切ですからね☆

楽しく野球をしてもらえれば・・・と願っています。

さあ、

元気も出たし今日は仕事だ


テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

仕事に熱中三連休妄想

さぁ食のまつり2日目です♫
どんなまつりでもウキウキする若狭坊です。
伝統行事であれイベントであれ!

去年まではいそがしかったな。
1日目は「旭座ジャズナイト」だったし・・・
地元は地区民体育祭だし。

今年は仕事に集中です!
お客さん対応&急ぎの事務仕事もろもろ。

さて、

舞鶴若狭自動車道が開通して2カ月強。

なんやかんやで10回くらい利用しているかも・・・

小浜ー敦賀間はトンネル多いのですが・・・・

最近どこに行くにもトンネル名に注目しています。

トンネル名は、おおよそ地域の地名か山名を冠とするので地域の歴史が見えます。

若狭・越前国境の敦賀富士である野坂山☆
野坂の神と近江比良の神が背比べしたという伝説のある信仰の山です。

その野坂岳トンネルの前後のトンネル名。
「御岳山トンネル」と「岩籠トンネル」

iwagomori.jpg

山岳信仰が見えてきますね。

今年の蓮華入峯の時に総長さまから、敦賀出身のお弟子の行者さんが
白山行者の復興をめざして修行中であることをお聞きした。

歴史的基盤をお持ちなのです。

ご縁があればお会いすることもあるかな?

忙しい中、どうしても山に癒しを求めてしまいます。

足を運べない多田ヶ岳を朝から遥拝して、台風無災害を祈りました。

DSC_0864.jpg

南無多田大明神
おんころころせんだりまとうぎそわか
南無多田満山護法善神

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

多様な仕事展開中☆


黄色い外来種のお花の花粉症が発生している若狭坊です。

空き地に群生するアレ!なんとかならないもでしょうか?


さて、いろいろ仕事でアタフタしています。

ある時は予算獲得や事業振興のために理屈を通す資料作成やプレゼンをしたり。

ある時は伝統行事や食の調査をしたり、記録保存をしたり。

DSC_0861.jpg
(これは私担当じゃないけどミラノ万博映像のためのお食い初め撮り)

またある時は施設の管理のやりくり調整をしたり。

またまたある時は、いろいろなまちづくりイベントの調整をしたり。
来年度の夢を現実にするために、いろんな方と語り合ったり。

まぁ、多様です(^^ゞ

体が二つほしいです。


もともと理屈くさいところを求められて今の職場にいるものだと思っていたけど
根っからのお祭りオトコは、小浜を活性化するイベントに手をだしちゃう。

職員が減って、館の管理まで主体でしなければいけなくなる。

やれることから潰し、楽しいことを求めましょう(笑)


今日からOBAMA食のまつりです。

DSC_0862.jpg

本当は御食国若狭倶楽部の一員としてお手伝いしなければいけないのに身動きとれない。
みなさまごめんなさい。
朝ちょっと顔だししたら、あらゆるところのブースが知り合いばかり。
こういう面々と小浜を考え未来に向かう。
ありがたい「友」「仲間」「先輩」をもてて幸せです。

さて、シャトルバス発着点となっている食文化館にも多くのお客様が・・・

お越しの際にはお声掛けくださいね☆


昼休み(ほとんどないけど)のペラペラ読書。

DSC_0863.jpg

まだこういのにも関わってしまっている。
仕事の面でも新しい取り組みにアドバイザー的に関わることとなった。

そりゃ忙しいはずやわ(笑)

多様なお仕事。
求められるうちが花♪

すべてにおいて求められる成果は発揮できないかもしれないけど。
やりがいだけは維持しないと・・・


テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

隠れ肥満ですって

ラーメンを食べにいくと単品じゃなくセットを頼んでしまう若狭坊です。
また、からあげ・替え玉という言葉にも弱い若狭坊です。

毎日残業・先週の水曜お詣り以来のお休みは・・・

なにもしませんでした(-_-)


朝寝して・・・サウナいって、こく亭でラーメン・替え玉・からあげ食べて・・・

庭いじりしてビール飲んでまた風呂入る(笑)

蓮華の山入り以来、久しぶりに体重計に乗ってみました。

DSC_0859.jpg

おっ!変わってへん!(^^)!

あんなに不摂生な夏を過ごしたのに(笑)

MAXで体重90キロ、体脂肪27%をおもえば・・・
よく動けるからキープできてるんでしょうね。

仕事も週末イベントでウロウロするし、水曜は山か寺が多いし。

でも・・・体脂肪率は20.8%。
18~19%やったのに・・・・
BMIと体脂肪の無料診断したら
「隠れ肥満です。体脂肪を0.9%落としてください!」だって・・・

朝ウォークできてませんが、有酸素運動プラス
そろそろ体幹トレーニングだな!

残業三昧でリズムも崩れ始めているし。

めざせ男前の体型!!!


あっ思い出した。

だるま窯のパンフレット原稿あげなければ・・・

呑みながらしよう(笑)



テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

秋の収穫に感謝して


祈!台風無災害☆

南無南無しました。


今日は若狭坊の家のすぐ近所。

若宮三所神社の例祭で伝統文化と食の調査&映像記録。

DSC_0851.jpg

来週は遠敷祭りですが、9月~10月にかけて収穫に感謝する秋祭りが随所で行われます。

今日のメインは・・・・

DSC_0853.jpg

アユでございます。
氏子さんが地元でとれた落ちアユを串にさして囲炉裏で焼いたもの。
燻製みたいなものですね。
5本を藁で束ねてあります。


近年の神社祭礼「神饌」は神社本庁の意向もあり、かなり形式的になってきている。
海・山・里のものを・・・
タイ・昆布・するめ・根のもの(大根やニンジン・長いも)・果物・・・

どうなのだろう。

もともとは神に感謝するため、最上のご馳走である地元の旬のものを供える。
これが普通だったんだろうな。

宮司さんが入らない小さな祠の祭礼などでは、いくつか地元の旬の幸使うから。

そういう点で「アユ」はすごいです。
市内でもあまりしていませんね。

南川沿いの神社ならではではないでしょうか。
昔はたくさんとれたアユをこのようにして冬場のタンパク源にしていたのです。
囲炉裏の上などに保管して。
アユも少なくなり、囲炉裏もなくなり、文化の継承が難しくなってきていますが・・・


もうひとつ・・・
松茸もありました。

DSC_0855.jpg

これも旬ですからね☆

秋の収穫に感謝。
普通の祭礼では洗米がほとんどですが、稲穂も神饌としてありましたよ。


祈り、感謝には地の旬のものを。

そして、おさがりをいただき自らの健康も仲間と祈る。

これぞ本来の祭礼なのでしょうね。


さて・・・

同神社の大正時代の石製鳥居。

寄付奉納社は☆

DSC_0857.jpg

「若州製糸株式会社」「桂製糸株式会社」

DSC_0858.jpg

「口名田酒造株式会社」「若狭瓦製造株式会社」

となっております。

いずれも近代口名田村を代表する産業です。

すでに無くなってしまったものですが。


地域の発展を考えた時。
やはり金を生む産業を創出しないといけないと常々思います。

産業は時代変遷とともに変化するもの。
でも変化しない地の利というものもあったりする。

これは単なる企業誘致などの理念ではない。
地域は地域で考え、金を生む方法を考えていかなければならない。

人口減が進んでいく時代。
地域を守るのであれば口名田の産業をもう一度見つめなおし、考えないと・・・。

そして地域の旬のものを神仏にお供えし。
感謝をささげながらコミュニティーを持続させていきたいですね☆


テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

涼しくなりました♪

朝晩は寒くなってきました☆

残業してからのお楽しみは・・・

DSC_0847.jpg

これこれ(笑)

唯一の地元蔵になってしまいましたが、各地域の酒造りに力強く協調されています。
地元の蔵応援は地元の酒を飲むこと!
これに尽きます。

このパック・・・コンビニで半額で売っていた(T_T)
11月までの賞味期限だからか?
蔵経営の厳しさが見えます。

若狭坊にとっては3日~4日で無くなるものだから11月賞味期限は関係ない(笑)

晩酌のおともは師に依頼されて書いたエッセイの読み直し。

DSC_0848.jpg

タイトルは「若狭行者の時空をこえた旅 ~金峯山寺の蓮華会から~」

若狭坊が書いた歴史系の論文などは、いくつもの本になっているが(専門書ですが)、
たぶん行者として書いたものが公に出るのは初めてかもしれない。

たいしたものじゃないですよ。コラムですから。

大和国を中心に民俗行事を追いかけるカメラマンNさんから写真提供をうけましたが、
モノクロなのでもったいなかった。

内容は・・・

蓮華会に出る若峰講と、吉野と若狭のつながりを少しだけ・・・

3部いただいたので欲しい方は先着2名まで(^^)/


テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

近江の山の寺へ2

ほんとに仕事でいやなことがある。

お願いだから自己保身のためだけで仕事の邪魔をしないでほしい。
過去の実績を捨てて今を見てほしい。真の将来を見据えてほしい。
未来にまい進する力を否定しないでほしい。
なにもあなたの実績は否定していないし尊敬しているのに・・・

と心で愚痴っている若狭坊です(苦笑)

ちょっと、かなり偉い人に反発して反省中です。
(反省プラスどう見返してやろうか画策中(笑))

でも、上から物いう人に反抗しても認められないのは当たり前。
許容する心を取り戻さないと・・・


ということで。

心を落ち着かせるためには寺でしょ♪

早朝出発でまずは山駆け上りで・・・

第十二番札所 岩間

DSC_0829.jpg


正式には岩間山正法寺ですね。
泰澄大師のご創建を伝えます。

ご本尊、赤不動、八大竜王とお参りし、護摩道場前で桂の大木を遥拝しながら勤行しました。


山からの眺め・・・

DSC_0830.jpg

ゴルフ場しか見えへん・・・((+_+))
まぁ、時の流れでいずれは山へと回帰するでしょう。

続いて山麓へ。

第十三番札所 石山寺

DSC_0833.jpg

何度もお参りしているところなので、団体巡礼の皆様を追い抜きお参り。
三十三所の中でも最も古い歴史をもつ寺院の一つといえます。
良弁和尚の創建です。
もちろん、東大寺・若狭とつながっています。

先達に引き連れられる団体さん。

この間も書いたが、いろんな先達さんがいて面白い(笑)


続いて・・・

第十四札所 三井寺

正式には長等山園城寺です。

釈迦堂から金堂を巡り・・・

じっくり見たかった閼伽井堂で南無南無し・・・

DSC_0843.jpg

最後に観音堂で勤行して納経軸にご朱印をいただきました。

DSC_0839.jpg

うげっ・・・
今月半ばからご本尊開帳やん((+_+))

DSC_0836.jpg

はぁ~・・・大失敗

いや・・・いいのいいの。

なにげない風景の癒しが私を守ってくれるから。

DSC_0846.jpg


すべてお参りをすませ

昼には天下一品で「こってり大」をかきこみ・・・

昼過ぎには小浜帰り。

今日のそれぞれの寺は、山登りとワンセットで1日ゆっくり過ごすのが妥当な山の寺ばかり。
はぁ~~ゆっくりしたいわ・・・・

小浜着後は、

まちづくり系の事務・会計用務をひたすらこなしました(笑)


さあ、今日は早めに命の源の水をいただいて早く寝よう!(^^)!

あすからの仕事リベンジのために(笑)

でも一人ぼっちはつらいのです。



テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
111位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR