高浜七年祭


木曜日は恒例のまちづくり結社??木曜会の定例会@ごえん

NCM_1363.jpg

金曜日はフェイスブックの若狭管内メンバーによる懇親会@がじゅまろ

飲みすぎですな(笑)
酒は飲んでも飲まれるな!!です。


さあ…
いよいよ高浜七年祭の熱い一週間が始まります。
神社祭礼としては、県内ナンバー一だと個人的に思います。

高浜町佐伎治神社の祭礼で、いわゆる祇園会のような「御霊会」ですね。

NCM_1367.jpg

くわしくは上記のパンフレットを高浜で入手されるのがいいと思います☆

各種芸能の奉納場所や奉納時間が地図とともに記載されています。


NCM_1368.jpg

お田植、太刀振、神楽、曳山芸能、神輿巡航。

ぜひ高浜七年祭へお越しください。
シャトルバスも運行しています。


七月には小浜広嶺神社の祇園さんもあります。

五月にあった西津七年祭、小浜の祇園さんとあわせてご覧になると、どこかに中世若狭の民衆の願いを見ることができるかもしれませんよ。



スポンサーサイト

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

京都愛宕大権現へ

天候もまあまあ

朝七時に家を発ち、松上げの道と呼ばれる周山街道を南下する。

京都愛宕山から若狭小浜への道すがら、松上げという民俗行事が分布する。
おそらく愛宕の火祭り信仰の一端なのだろう。

名田庄(小浜市の口名田・中名田含む)界隈の松上げでも山腹や山頂に勧請された愛宕社にお詣りしてから実施される松上げは多い。しかしながら、五穀豊穣や区内安全のいわれも多く、さまざまな民俗行事が習合している。

若狭坊の住むくぼたんも八月二三日に松上げがある。
のに、愛宕さんお詣りしたことなかったしぃ~(笑)

いざ愛宕山へ。

今日の目的は、新築した家の台所にいただくお札&大峯前行。
愛宕山は八世紀初めに役行者と泰澄両師が神廟を置いたと伝わる☆

若狭坊の前行は・・・

役行者ゆかりの多田ヶ岳。
泰澄大師開山の青葉山。
で・・・愛宕山。
そして来週は役行者・神変大菩薩の大峯ですから、最高の前行の流れです。

ちなみに
平安京の北方鎮護は東は比叡、西は愛宕とよく例えられています。
歴史上諸説ありますが…平安京を守る大切な場所であったのでしょう。
なお、さらに北方で鎮護していたのは若狭です。

愛宕山は京都で朝日が最初にあたる場所なので、古くは朝日峰と言われていたようです。


朝日をあびで九時すぎ清滝着。
いくつか登拝道があるが、悩み悩んで愛宕参詣表道へ。

NCM_1347.jpg

趣のある参詣道です。標高差九〇〇m続く階段はつらいですが(^^ゞ

NCM_1348.jpg

至るところに茶屋跡があり、参詣でにぎっわった愛宕山を彷彿させる。

山頂までは、行程が確認できる丁石と地蔵さまを南無南無しながら進んでいく。

NCM_1350.jpg

かわらけ投げの場所で古典落語の「愛宕山」を思い出す。
NHK朝のテレビ小説「ちりとてちん」を思い出し一人にやけながら、京都市街を望んでしばし休憩。

しばらく進むと、元白雲寺の惣門が見えてくる。

NCM_1352.jpg

明治の神仏分離まで愛宕山白雲寺は修験の聖地だった。愛宕神社を中心とし、多くの僧坊を抱えた愛宕山だった。
全国への愛宕勧請は、火伏せを願う民衆の心と修験者(愛宕聖・清滝川聖)の力が大きかった。

想いを馳せて南無南無。


そして山頂の愛宕神社にお詣り。

NCM_1354.jpg

お札もゲットしました。



帰りは、もう少し山らしい道をということで、愛宕五坊の一つである月輪寺をまわるコースへ…
素敵な緑のトンネルの自然林の登山道を下ると急にあらわれる月輪寺☆

NCM_1356.jpg

空也上人、法然などにゆかりある寺院。
数多くの重要文化財仏像もある。

なかなか素敵な山寺です。山の寺研究は若狭坊の研究分野でもあるのでしばしウロウロ。
最近、中世史や考古学で山の寺研究はブームです。
でも、信仰の根本や今残る寺院をしっかり踏破せんと研究進みませんよ。
机上の卓論の研究をよく見かけるから。


シメは空也滝☆

NCM_1357.jpg

いい滝です。しばらく諸真言で南無南無(滝には打たれていません(^^ゞ)。

滝壺には役行者さまと前鬼・後鬼も…

NCM_1358.jpg

いい前行となりました。
修験の聖地をまた一つお詣りできました。


清滝駐車場九:一五発、愛宕山頂一一:〇〇着、月輪寺経由で一三:一五に清滝帰着。
他にお詣りもせず、風呂にもいかず、健全に周山街道を北上して帰路につきましたとさっ!


そして

我が家にも愛宕のお札がお目見えです!(^^)!

NCM_1361.jpg

小浜ではいまでも愛宕講がある地域が多くあります。いわゆる代参講ですね☆

今でも丁寧なところは年一回、京都愛宕山に代表者がお詣りし、月一回、小浜の後瀬の愛宕さんにお詣りするところがあります。まもなく七月。小浜の愛宕さんの大たいまつ行事も近づいてきました。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

そうだ!お参りに行こう☆


朝の勤行ウォーク風景@多田大明神☆

NCM_1341.jpg

いよいよ大峰へ!蓮華奉献入峯2週間前です。
綺麗な朝焼け&朝靄でございます。
蓮華会へ、若狭坊は9回目の入峯になります。

朝の悲しい風景1

NCM_1343.jpg

しっかり電気柵回されているのに鹿に食べられた稲。
結構やられています(T_T)

朝の悲しい風景2

NCM_1344.jpg

耕作放棄地に作られているイノシシのヌタ場(T_T)


朝勤行で、ちょっと暗めの時間からスタートすると必ず鹿とイノシシに遭遇します。


若狭坊の地区の「くぼたん」が金網柵を回したからだろうか?
南川対岸に、昨年・一昨年に比べて、かなり増えている感じがする・・・

自然との共生。難しいものです。彼らも必死で生きていますから。

個人的には、もっと「いただきます」した方がいいと思っています。
感謝の心を忘れずにね。


さて…

若狭坊の今週は…

館の燻蒸業務で月曜から金曜まで、な・なんとお休みなのです(^_^)/~
GW休みなしだったから、プチGWみたいなものです(^_^;)

でもね…

健康診断やら会議やら立会いやら。実はほとんど休みはありません(笑)


でも…今日は!!何もないやん!!!

思い立ったので・・・

松上げの道を南下して京都へ。
愛宕山に登拝し南無南無してきます(^◇^)

どうやら最後の前行になりそうです。

まずは多田大明神に本日の無魔成満を祈念して。

NCM_1345.jpg

南無南無。オンギャクギャクエンノウウバソクアランギャソワカ。





テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

OBAMAバーガー


来週の健康診断に向け、食に気をつけている若狭坊です。
あまり意味ないけど(笑)

でも、3月に小浜市から発行された『元気食生活実践ガイド』を読んでから、
かなり「食」に気を使い始めました(^_^)/~

NCM_1290.jpg


まもなく講習会が始まります。
みなさま受講よろしくです。

講習会の内容・日程はこちら ⇒ 小浜市公式HP

目からウロコ。小浜の食のまちづくりが詰まっています。



さて、
若狭坊の昼食で、最近良く食すもの・・・

お食事処 濱の四季 の

「鯖サンド(saba sand)」

かなりイケますよ☆

この「鯖サンド」も含め、4月から市内ではOBAMAバーガーが売り出されています。

NCM_1333.jpg

小浜産の米粉をバンズに使い、市内食材や市内加工品のこだわりパテです。
B級グルメじゃないし。食のまちづくりのA級グルメです♫
小浜市が認定した公式バーガーですから。

鯖や小鯛、若狭牛、鹿肉などさまざまですが、どれも美味しい!!

ぜひお試しくださいませ。

 OBAMAバーガーの情報はこちら ⇒ 公式HP

気軽に小浜の豊かな幸、安全安心の幸を味わってください。


テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

今年も始動!

体調不良により3日間お休みしていた早朝勤行を再開した若狭坊です。
わが職場は風水上よくなく、体調をこわす方が多いとか…
そんなもん若狭坊の験力(ないけど…)で調伏します(笑)

昨日は久々の旭座再生の会☆

NCM_1340.jpg

本年の事業計画詳細を練りました。
いま現在、若狭坊がまちづくりで最も気を許せるメンバーかもしれません。

昨年はかなりがんばりましたからねぇ~。

福井県で唯一残る明治時代の芝居小屋。
老朽化は著しい。
旭座に残された時間は多くありません。

いま残る姿で「必要なし」という人たちはばかげている。
何故、この付加価値を最大限に生かして小浜をPRしようとしないのか?
もしそれがダメというなら、すばらしい対案を一度だしてほしいものです。

映画、音楽、芝居、生涯学習、文化財。
全てを包括している。
多くの市民活動の場となり、文化財としての付加価値があり。
市民と観光客との交流の場となる。

おいしいものをいただきながら、飲みながら、日本らしい文化を楽しめるホール。
食のまちづくりにも活かせる。
夜の仕掛けづくりも可能だ。

復活させるためにがんばらないとね☆


終わったら、恒例のノスタルジーな空間での飲食(笑)

NCM_1339.jpg

旭座再生の会の定番となっています(^_^)/~

なつかしの映画や音楽のお話です。復活したらバンバン事業できます!!

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

今週も怒涛のように…

先週の怒涛の1週間から…

子坊主の風邪?もウツリ疲れがピークの若狭坊です(^_^;)
不覚にも仕事を休みました。お恥ずかしい!!

今週は
17日(月)夜 小浜港 海の駅フェスタ実行委員会(担当なのに欠席)
18日(火)夕 展示改修にかかる打ち合わせ(担当なのに欠席)
19日(水)夜 ecoecoキャンドルナイト 事業実行委員会
20日(木)夜 旭座再生の会 事業実行委員会
21日(金)夜 若狭瓦 だるま窯保存会 委員会

もうダメかも…(^_^;)

だれか若狭坊を癒してください☆


でも

若狭坊を動かすのは…
カラダではなく、小浜を良くしようという熱い仲間の心意気☆

若狭坊を動かすのは…
気合いで乗り切れ「里の行」
1年ぶりにご挨拶できる大峰の神仏への想い☆

早くこいこい七夕様です(笑)


テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

川遊び☆


子どもと遊ぶ時間…
少なくなりました。

地区行事以外の久しぶりの日曜休日☆

朝のうちは学校の資源回収。
1週間の毎夜の会議と酒疲れ…

父の日やし少し休ませていただき(笑)

午後から子坊主と川遊び☆

NCM_1338.jpg

石をめくって生き物さがしたり、タモで小魚つかまえたり、
若狭坊が子どもの時、カメがいっぱいいた場所を紹介したり、
トンボになったヤゴの抜け殻を大量に集めたり、ナマズを見つけて興奮したり。

楽しく過ごしました。

水が少なく、アユ釣りの人もほとんどいない南川。

NCM_1337.jpg


びしょびしょになって、色々探検したのです。


朝…
早朝勤行から帰ってきたら。

泣きながら若狭坊をまつ子坊主。


すごい熱(T_T)

ごめんよ・・・気づかなくって・・・
ちょっと二人で羽を伸ばし過ぎたね(+_+)

出勤まで一緒に寝ようね☆



テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

節句


6月も半ば…

13日は旧暦の端午の節句でした。

食文化館でも節句の展示をしています。

2013-06-15-09-08-56_deco.jpg

菖蒲を邪気払いで玄関に飾る風習は全国にありますが、小浜の町家では1階の下屋に置く風習があります。これもほとんど見かけなくなりましたけど。

2013-06-15-09-09-45_deco.jpg

床に季節の花を飾る。日本ってなんていい文化をもっているのだろう。
花を愛でるだけではないのです。屋内にも自然を取り込んで感謝の心を忘れないのです。

館には最近、修学旅行・教育旅行・遠足の子供たちが集まります。

NCM_1330.jpg

昨日は総勢110名。元気なあいさつができる子どもはいいものですね。

小浜ではいろんな体験プログラムがあります。

NCM_1332.jpg


食とコラボするものが多く「食育ツーリズム」として売り出して行こうと計画進行中。
小浜が誇るキッズキッチンや今年作られた元気食生活実践ガイドと体験のリンクです。

NCM_1334.jpg

小浜が誇る寺院や仏像も忘れてはなりませんよね。海のある奈良と形容されるように、これほど狭いところに国宝重要文化財の社寺遺産が密集しているところはありません。関係ないようですが、食との関わりは大きいのです。自然への感謝のこころと「いただきます」「ごちそうさま」。
小浜の食のまちづくりは「フードリテラシー」にまで踏み込んでいますから。
「一物全体食」で感謝の心を忘れないように(^_^)/~


昨日の夜は…

職場のGWの打ち上げ☆

NCM_1331.jpg


美味しく楽しく「共食」で団結力UPです。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

若杯者プロジェクト

暑いぜ!!小浜!!!

昨日の気温は34.7℃。
早くも猛暑日まじかです(T_T)

朝の勤行ウォークでも汗がふきだす

NCM_1327.jpg

噴き出すほとんどは昨日の酒だろう(笑)


昨晩は「若杯者プロジェクト」の第2回会合…という名の飲み会☆

19歳の時に来年の成人者募集して
田植えして
稲刈りして
酒しこんで
みんなで飲もうよ☆

というもの。

公益まちづくり、ブランド発信、日本酒の再評価という
さまざまな目的を持っています。

ということで、
打ち合わせは半分で
いろんな酒を飲み比べ☆

NCM_1329.jpg


暑かったので先に
ビール飲み過ぎた(T_T)

でも若者と話ながらの夢のある楽しい会でしたよ。

ゆる~い会ですのでご希望の方。
ご参加くださいな!!

まちづくり!熱いぜ小浜!!!

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

青葉大権現へ

もう我慢できない…

しばらく休んでないし…

山が呼んでいる(笑)


ということで蓮華の前行で青葉大権現にご挨拶に行くことに

NCM_1312.jpg

若干昨日の酒が残るのにテンションがあがる(^^ゞ

青葉山は若狭三山の修験の山☆
多田ヶ岳でしょ、飯盛山でしょ、そして青葉山です。

若狭富士と古くから例えられる秀麗な山で、神仏がおわす山。
山頂には青葉大権現が、東の山麓には中山寺、西の山麓には松尾寺。
ともに国指定重文の馬頭観音さまをご本尊としている。
意味深いですね~☆

今回は、中山寺コース。
中山寺の参詣駐車場に車を置き、本堂で南無南無。
しばらく歩いて山へのとりつき。

NCM_1313.jpg

非常に整備された山道で初心者向きですね☆
杉林の電柱は大嫌いだけど…

NCM_1315.jpg

途中の展望台からは高浜町の海岸線が綺麗に見えます☆♪
遠くの多田と飯盛を遥拝南無南無。

NCM_1317.jpg

ちょっといくと金毘羅さん。
南無南無。

NCM_1319.jpg

馬の背を覗き風に修行して直登すると東峰です。

NCM_1320.jpg

勤行後、すぐに西峰へ向けて出発☆
修験道の聖地らしく鎖場の連続を行く。地下足袋にしたらよかったと思う。

泰澄大師が修行されたという大師洞をくぐり

NCM_1321.jpg

西峰山頂に到着☆ 先客一名。
青葉大権現さまで松尾寺の奥院となっている。南無南無。

NCM_1322.jpg

山頂からは若狭湾国定公園の大パノラマ☆

NCM_1323.jpg

う~ん。完全復活!(^^)!

松尾寺に降りてお詣りしたい心を押さえて元来た道を下山。
しかし整備されすぎていて、階段は下山にはきつい(*_*)
ツルツルの靴にストックなしはダメだ…
やはり行者は地下足袋と金剛杖もってこんとね。

今回は普通の格好に念珠と錫杖のみでした。
装束だと出会った人にびっくりされるしね(^^ゞ

いい前行(高地トレーニング??)になりました。

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

小浜のお酒

若狭坊は日本酒で乾杯推進協議会員です(笑)

日本酒をこよなく愛しています!!!

地域づくりを考える時。
地場産のものや歴史に誇りをもつことが第一ステップ。

という流れで、小浜には地域づくりから派生したお酒がたくさんあります。
理解のある蔵元があるからですね☆

まずは
「岳颪(やまおろし)」

20121223_2763038.jpg

今富地区の方が五百万石を栽培して地元の蔵元で仕込まれています。
若狭坊が愛する多田ヶ岳からの風により作られているのです。
なかなかのものです。


「百伝ふ(ももつたう)」

sake-10210-m.jpg

雲浜地区一番町に湧出する名水百選の雲城水を使っています。
森林源から地下水となり100年かけて湧き出す清らから水。
おいしいですよ。


「鵜の瀬(うのせ)」

20130217-481014-1-N.jpg

遠敷の清らかな水、奈良までとどく聖なる水をイメージ。
3月2日のお水送りの時に、地元まちづくり団体により限定販売されます。


「華の郷」

(本年から・まだ画像なし・味見なし(T_T))

宮川地区のまちづくりは華。
美しいお酒を連想させます。
でも、酒のみがあつまり、地場産の酒をブレンドして味を作っているという
地域でもめずらしい取り組み。今年は酒米も生産するみたい・・・


そしてプロジェクト中のものもありますよ。

中名田地区は、酒米・水・ラベルとすべてに地域特産を用いるというこだわり
で本年製造されるみたい☆
若狭坊のお隣の地区ですから楽しみですね♪

詳細はこちら  ⇒  中名田ブログ係


若狭坊も今年からあるプロジェクトに。

「20歳の酒」

水曜日は2回目の会合(飲み会)です(笑)

こうご期待(^_^)/~

さて、今日は…

某旅館で地域づくりの会合☆
もちろん日本酒を楽しんできます(笑)


テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

「和食」のユネスコ無形文化遺産

若狭坊の今週の予定…

10日(月)夜…若狭瓦達磨窯保存活用の第1回会合
11日(火)夜…地域文化誌の出版に関する打ち合わせ
12日(水)夜…酒を活かしたまちづくり若者プロジェクトに関する打ち合わせ
13日(木)夜…エンゼルヒルクライム実行委員会
14日(金)夜…職場のGW打ち上げ
15日(土)夜…地域の後輩の結婚式二次会

笑えてくるわ☆
ほとんど飲み付属なので財布と肝臓に厳しいです。
もちろん、こんなに歩いているのに、体重も減りません(笑)

でも、ネットワークは何をするにしても一番大切。
仕事であれまちづくりであれ私生活であれ。
「人生でもっとも必要なもの」と自分に言い聞かせるのでした…


さて、現在、我が国はユネスコに

「和食 日本人の伝統的な食文化」

を無形遺産に登録するように申請しています。


現在は、同様のものとしてフランス料理や地中海の食事として広域で登録されているものがあります。

で…

日本の食文化といえば…
単純に懐石料理や精進料理を思い浮かべるのでは??
でも申請書にあるように、そんな単純なものではないのです。

日本人の食文化の根源は、食材を生み出す自然への感謝が大きいのです。
「いただきます」や「乾杯」は、それを象徴するものです。
神仏への年中行事や祭りとも大きくつながっています。

祈りと密着した、地域性があり多様な食が日本人の食文化なのです。

それともう一つ。
神仏へ感謝し、コミュニティで祝い、共食すること。
これが家族や地域コミュニティのメンバーとの結びつきを強める。

この2点が、ユネスコへの申請の大きな核となっています。



だから、

今週の共食の連続は、日本人らしい社会的慣習。
ユネスコへの和食申請の根源をみずから進めていると思おう(笑)

和食の世界遺産。早ければこの秋にも登録されます。

世界遺産登録を前に、「日本らしい食文化」「食のまちづくり」を進めている若狭坊なのでした(^_^)/~

もちろん☆
登録を契機にババ~ンと小浜の食のまちづくりをNEXTステージに押し上げるように色々画策しているのでありま~す(^^)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小浜情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

ひさびさに・・・

ちょっと毒を吐いてみよう(笑)

最近、いろんな人が相談をもちかけてくれたり愚痴を言ってくれる。
信頼されてるのかな?
ありがたいことです。

なにもアドバイスできない若狭坊は聞くだけですが。

でも連続すると厳しい。
ほとんど現実への悲観であったり、悪口だったりなので。
聞いているだけでもブルーになる。

まだまだ里の行がたりない。

一度その人を認めようと思って下さい。
あなたの知らないところで、その人は凄い才能を発揮しています。
見えないところで努力しています。
社会の一員として大きな貢献をしています。
あなたより素晴らしいものをもっていたり、素晴らしいことをしています。

特に自己の正当性をだそうとして他人や他の事業所、団体を批判する人。
見えないところに色々な苦労があると思ってあげましょう。
その人(団体)も同じような苦労をしているのですよ。
そして、その人がやっていることに、あなたが学ぶことも多々あります。
あなたが出来ないようなこともやっていらっしゃいます。

お互いを認めて高めましょう。素晴らしいものが見えてきます。

自分の価値観だけで評価しないようにしましょう。

人はそれぞれ素晴らしい才能をもっている。
自己は完璧ではないです。
だれからも学ぶことがあります。
一度認めてあげましょう。

その人の言葉・行動に気分が害されても…
それはあなたのためになっています。
その人も傷つく人間です。
その人がいないところでの批判は絶対やめましょう。

人を批判するより
人を認める
感謝する

人生が開けて行きます。

       by 優婆塞 若狭坊
          ※ いつでも誰でも愚痴は聞きますよ(笑)


なお、若狭坊も心許す人には愚痴をいう小さいやつです(^_^;)
まだまだですな(笑)
今日の「毒」は、自分にも言い聞かせているのです☆

最近、大寺院の高僧であっても、他人の批判を入れて自己主張をする人を見かけます。書籍であったりネット上であったり。FBなどのSNSであったり。怖いことです。

今年も蓮華奉献入峯へ

今年も修験の聖地大峰へ…

蓮華奉献入峯まであと一ヶ月♫

若狭坊が一年でもっとも楽しみにしている日が近づいてまいりました。


修験道の開祖である役行者さまは、大峰連山で修行され、古来の自然崇拝と渡来の神仙思想や仏教・道教が混淆した日本らしい信仰形態「修験道」を大成されました。

この修験の聖地と吉野金峯山寺で、毎年七月七日~八日に蓮華会と蓮華奉献入峯が行われます。

「金峯山寺の蓮華会」という名称で奈良県指定無形民俗文化財に指定されています。

行事は役行者さまがお生まれになった時、産湯に使われた奥田の弁天池のハスを吉野から山上蔵王堂までの拝所にお供えする練行です。七日は、金峯山寺蔵王堂まで行列を組んで蓮をお運びします。蓮運びと御輿の大役を若狭若峰講が奉仕させていただきます。すごい経験になります。

その後、全国でも奇祭といわれる「蛙飛び行事」が行われます。

八日未明から山上へ向けて出発。隊列を組んで峰々の拝所に蓮をお供えしながら二四㎞。
かなりツライ練行です。

でも、現在、山上蔵王堂への主道が洞川上りになっている中、古来の由緒ある奥駆道の一部を行く吉野上りは最高の信仰の道です。

俗世間を離れて自然の中で体を追い込み、無の世界へ…
すばらしい体験になると思います。

もちろん、新客(はじめての方)には、著名な「西の覗き」などの貴重な修行体験がつきます。


一度経験されることをおススメします。健康な男性ならOKですよ。


若狭でも「男は一度は大峰参り」といわれてますからね☆


くわしい行程はこちら⇒
若峰講行程


テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

休日なのでしょうか??

奉仕作業の後の2週続けての飲みが体重に影響している若狭坊です(T_T)

気合いをいれて歩かなければ…

夜明け前の月グラデーションと多田大明神。

NCM_1306.jpg

ご来光と多田大明神。

NCM_1307.jpg

よし気合い入った。

休日やしサウナでもいくか…と思ったら、いつもの店は定休の日(T_T)

しょうがない、と思い先週にオープンしたお隣町のうみんぴあ大飯にリサーチ。
ついでに、車に積み込んである館のパンフレット一式の設置をお願いする。

NCM_1309.jpg

休日でもがんばっている若狭坊です!!!

偶然、同級生で小浜のホテルAP支配人のYさまと遭遇(笑)
お互いリサーチ意識をもっているね(^◇^)
競争と融合を繰り返しながら、若狭の地域づくりを進めて行きたい。

駅長さんや観光関係者としばし談笑。

「ジェラード食べよっ!」のYさまのありがたいお誘いを断り
約束のあった高浜町へ走る。

その後、重要文化財中山寺さまへお届け物。

NCM_1308.jpg

観音霊場巡りの方?あるいは西国三十三ヵ所の松尾寺から竹生寺への途中でお立ち寄りなのか?本堂前でご詠歌とご真言を唱える団体のみなさまと遭遇。鐘楼横で仲間に入り静かに南無南無する。

休みならお山に入らせていただき、青葉大明神にご挨拶に行くのだが・・・

昼から3ヶ月に1度の季節労働があるので急いで小浜へ引き返す。
出張や団体、このような本店の会議系統はなぜかお休みの水曜日に重なる(T_T)
4月から定休日の半分も休んでないぞ!(苦笑)

7月の蓮華入峯までに、もう1度どこかのお山で前行したいのですが…
無理かな(;一_一)

ひととおりをこなして…

夜は小浜市民ソフトボール大会の決勝戦へ!

もちろん優勝☆☆☆☆☆
もちろん祝勝会は深夜まで♫♪♫♪(^_^)/

NCM_1310.jpg

充実??した休日?????になりました(笑)


テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

毎週の奉仕作業


いい季節です☆

NCM_1295.jpg

夕日が沈む瞬間。
太陽まで海の上を歩いていけそうな妄想に。


さて、

日曜日はクリーンアップ福井大作戦。
定着して、クリーン作戦の方が通りがいいです(笑)

NCM_1301.jpg

朝からひたすら草刈り。
終了後、河川沿いの倒竹木や覆いかぶさる竹木の伐採。

終わればもちろん飲み(^_^;)

変な草花の花粉?に鼻がやられたみたいでくしゃみが止まらに中、
それでも飲む(笑)


夜、いまだほろ酔いの中、少しだけ寝る前に読書。

いま入手しておきたい本は…

NCM_1300.jpg

若狭の古墳時代の研究といえばI江先生です。
学生の時、実地で古墳の測量方法や遺物出土状況の実測を教えていただきました。

わたしも研究からは離れるつもりはありません。

中世都市研究の1校の校正を送らなければ…





テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

このブログって☆

早いもので六月です♪

もうすぐ「お山」です。
楽しみ♫
近々もう一度行程をアップします。
興味のある方は一緒に行きましょう☆

さてさて、少し前にも書いたのですが。
このつまらないブログの記事アクセスでもっとも多いのが
山伏ネタとコアな歴史ネタです(^_^;)

最近の記事はわりとそのカテゴリーが多くなってます(笑)


でも…

ブログを始めたそもそものキッカケは…

歴史文化豊かな若狭おばまの
「歴史や文化」
「伝統」
「それに伴うイベント」
の情報発信と

「まちづくり」に熱い仲間の紹介と自分の意識醸成
なんですよ☆

たまに再認識しないとマニアックなブログになってしまいます(+_+)


ということで情報発信☆
と思ったのですが…

六月の伝統行事や関連するイベントって少ないんですよね。

少しだけ…

すりばち

毎年、六月三〇日深夜から七月一日未明にかけて四分一の法雲寺で
中風地蔵尊ご祈祷「すり鉢くぐり」が行われます。
曹洞宗ですが祈祷会です☆☆

逆さのすり鉢の上にもぐさをたいて、下をくぐると中風除けになるといいます。
毎年数千人の信仰を集める伝統行事です。

オン カカカ ビサンマエイ ソワカ 南無地蔵大菩薩

現世ご利益のある仏様☆

小浜では眼病といえば多田のお薬師さん。
昔は多くの参詣があったそう。
妙楽寺の観音さまの縁日には、南川の河原に人があふれたそう。

若狭おばまの多くの仏様。
一度拝みにお越しくださいませ。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
83位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR