期待半分不安半分

片付け・引継でバタバタの若狭坊です。
20年弱の垢は大変なものです(笑)


前回の投稿でたくさんの方からコメント・連絡いただきました(*^^)v


これまで付き合いのあるまちづくりの面々。

一緒におもしろいことしましょ☆
情報流してね☆
期待するで!!
という心強い言葉の数々。

すでに食のまちづくりを担って食文化館で動く方々。
これまで動いてきた方々。
食のまちづくりを始動させた方々。

期待してます☆
若狭坊は適任やね♪
というモチベーションのあがる言葉の数々。

ありがたい限りです。


いままで文化財といういわばクローズドな仕事が中心でしたが
そうではなく人とのつながりを大切にしたい☆
広い視野でまちづくりを進めたい!!
という若狭坊の動きをみていただいた皆様方。

これからも大切にしていきたいと思います。



春…

木々も芽吹いてきました。

NCM_1107.jpg

若狭坊らしく芽吹いていきます。
そして小浜らしい花を咲かせたい。
そう思っています。

実は引継終わって不安が増大しているのですが(-_-)
プラス思考でいっちまうぜ!!!

でも文化財もちょっと心配。
こちらも小浜のステータスを守る大切な仕事だから。

山行も心配。
若狭坊の1年のモチベーションは大峯にあるから。
休めるだろうか??

まぁ、元来、「休めない」というダラダラ感は大っきらいなので
ここだけは折れてもらおう(笑)
他のときは休みなしでもカバーするし。

集中環境を作って、自分にしかできない仕事を最優先させよう。

期限がせまっている仕事があるけど
根回し系がぜんぜんだし数カ月バタバタするかもだけど
楽しんでしまおう。

忙しい!!と思ってしまったら、自分の持ち味半減だからね(笑)


スポンサーサイト

御食国若狭おばま食文化館へ


連日の酒!で体が弱っている若狭坊です(笑)


さて…

若狭坊は4月から御食国若狭おばま食文化館というところへ職場が変わります。

食文化館

小浜を代表する観光スポットです。

食の歴史展示や料理が楽しめるキッチンスタジオ、伝統工芸体験ができる若狭工房、
癒しの温浴施設浜の湯、おとなりには若狭のかあちゃんの料理が楽しめるレストラン
浜の四季もあります。

観光施設というだけでなく、小浜の食のまちづくりを進める市民の拠点施設でもあります。


楽しみ半分、不安半分。

何せ20年弱、文化財の仕事ばかりしていたので。
でも、昨年から進めてきた伝統行事と食を最大限生かすことのできるところ☆

観光を観点に食文化館とその周辺を新たな「海の駅」として再構築する仕事もあります。
開館10周年の記念事業もあります。

開館のときはお手伝いさせていただき思い入れのある施設。


食のまちづくりのNEXTステージに向けがんばります(*^^)v


小浜の方、いろいろ助けてね☆

市外の方、小浜にお越しの際にはぜひお立ち寄りくださいませ♪




テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

歴史絵本


連日の飲み会で体グダグダの若狭坊です(^^ゞ

今日は市体協の理事会に出席しました。

NCM_1103.jpg

長い間続けていた体協もひとまず終了。

多くの人とのネットワークができ、さまざまなところで助けてもらってます。

土日がつぶれ嫌われがちな役員ですが、できれば若いときに経験してもらいたいです。


さて、

ブログでも何回か紹介している明通寺を舞台とした

小浜市の宝を守ろう会

NCM_1105.jpg

明通寺のお話という絵本をつくりました。

NCM_1104.jpg

一心さん渾身の下絵を子供たちが塗り、絵本縁起になっています。

NCM_1106.jpg

いい仕上がりですよ☆

地域づくりや教育で活用したい方がいらっしゃいましたらお知らせを!
お分けいたします。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

妙祐寺のしだれ桜

天気のいい週末でした。

日曜日…

二日酔いの体をさますためチャリ走で事務局をつとめている
くぼたん米舞倶楽部の支払い関係をしました。

ちょっと足をのばしてお隣の妙祐寺へ

NCM_1100.jpg

市指定の天然記念物なのですが、ほぼ満開でございます。


この桜。樹齢一四〇年くらい。夜はライトアップされ幽玄な姿を見せます。
もともと真言系の一乗坊という庵があったところらしい。

桜は古くから穀物の神として崇められてきました。
農耕指標になるしね☆

大峯では吉野桜本坊にお世話になるし。
お水送りでは若狭神宮寺桜本坊にお世話になる。

桜とはきっても切れない若狭坊です(*^^)v

五穀豊穣と世の中の平穏を祈り静かに南無南無。

ライトアップもいいけど、やっぱり桜は昼だな。
青空とのコントラストがいちばん綺麗だよ♪

自然の美しさは創り出すものより、そのままのものにあるからかな?

NCM_1101.jpg

花見酒と洒落込みたいけど…
仕事のことを考えるとなかなか(笑)

なお、妙祐寺では毎年恒例のしだれ桜祭りが四月七日(日)に開催されます。
たぶん…その頃には…花はもうないでしょうが(-_-)

土曜にしこたま飲んだので。
夜は休肝日にしたかったのに、新年度の地域の青壮年会の三役会議ということで。
会議もそこそこに飲んでしまった。
焼酎のビール割を(笑)


さて、

今日は、御食国倶楽部の「かにかくに」出版のパーティにいまから出陣です。

ちょっと飲みすぎモードで、わき腹から腰がいたい・・・

よくないな((+_+))
セーブできるかな??

というか五分間スピーチをお願いされていた。
まずい…
会場まで歩く道中で考えよっと(笑)

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

小浜市の宝を守ろう会


金曜日は宿直明けで午後休だった若狭坊です。

書斎でゆっくり4月締め切りの原稿に取り組む予定でしたが…
あまりにものいい天気の誘惑に負け、チャリ走&サウナ(*^^)v

いいリフレッシュにはなりましたが、原稿は…



さて、今日は1月に結成された

「小浜市の宝を守ろう会」

の市内バスツアーでした。

NCM_1098.jpg

国宝明通寺を中心に、子供たちに小浜の文化財を知ってもらおうと結成されたのです。

地元の松永地区の子どもを中心に市内全域から30名ほどが入会しました。

NCM_1096.jpg


昨年から寺院の清掃体験や防火訓練参加、ぬり絵教本などを作ってきたのですが、
今日は明通寺を飛び出し、バスで重文の羽賀寺さんと妙楽寺さんへGO!!

たぶん10代から40代の小浜の人で、明通寺・羽賀寺・妙楽寺をお参りしたひとは、ほんの一握りじゃないかな?子供の経験として少しでも小浜の宝に意識をもってもらえればHAPPYです。

そして、みんなが大人になったら、自信をもって小浜の宝をPRしてね☆
子供が産まれたら家族でお参りしてね☆

地域に誇りのもてる子供の体験。

少しでもお手伝いできていれば幸せです。



さあ…

若狭坊は体協の総括飲み会に出陣します(笑)





テーマ : 生涯教育
ジャンル : 学校・教育

中川淳庵顕彰薬草園

三寒四温といいますが

ジェットコースターのように暑くなったり寒くなったり

みなさま体調には気をつけましょうね。

医者にかからないのが一番ですが、小浜の食のまちづくりでは小浜藩医の杉田玄白先生の医食同源の理念をもとにしたまちづくりを進めています。過度な食事は控え栄養をとることが健康には一番ですね。


さて…

二一日は杉田玄白記念公立小浜病院内で整備が進められている中川淳庵顕彰薬草園において小浜市の歴史と文化を守る市民の会の記念植樹が行われました。


急きょK介さんにお願いした植樹標柱☆

NCM_1095.jpg

すばらしい仕上がりでございます。


中川淳庵。

ともに小浜藩医として杉田玄白と同時代を生きた人物ですがあまり知られていません。
解体新書翻訳にも携わり、杉田玄白とともに翻訳者として列記されているのですが。

もとは本草学者として活躍された方です。
いまでいうと薬剤師ですよね☆
平賀源内との親交も深く、彼の医薬・医療用品の開発にも携わっています。

植物学者であったツンベルク(ツンべリー)との交流もあり、当時のヨーロッパのその筋では玄白より名が通っていました。

公立小浜病院では杉田玄白先生を冠名としていますが、淳庵先生も顕彰しようと薬草園の整備が進んでいるのです。


小浜藩出身の偉大な二人の医学者。

まちづくりに活かしながら顕彰できればいいですね。



テーマ : 薬・医者・病院等
ジャンル : 心と身体

別れから出会いを求め☆


昨晩は年度末で初の送別会。

NCM_1091.jpg


小浜記者クラブを旅立たれるみなさまと別れを惜しみました。

とくに地方紙の支社長とキャップ(と支社長がいわれていた)には大変お世話になりました。
仕事というか、もう単に小浜を好きなまちづくりの同志なのです。
職場は変われど、親しいお付き合ができればと思っています。

記者の人との話では、いつもその仕事の大変さを知ります。
自分の足で拾う記事の数々。
わたしが他の町にぱっと行ってそれができるのだろうか?

ほんとうに仕事面でもプライベートでも尊敬できるみなさまです。


今日の若狭坊は…

相変わらず外へでたり中でバタバタ事務仕事したりで…
先週、体調をくずして休んだツケを消化しています。

今日はかわいい娘の小学校卒業式だったのに、それにも行けず((+_+))
しょうがないよね。


この季節☆

外に行かせてもらえるだけでリフレッシュできます。
元来、ひたすらデスクワークをバリバリ というタイプではないので(*^^)v

安国高成禅寺さま

NCM_1093.jpg

わたしは道場入口のこの雰囲気が大好きです。
なんていえばいいのだろう?

禅寺の厳しさと生花や書画、木造建築の日本らしさが凝縮されているから☆


ちょいっと走って鵜の瀬へ!

お水送り以来、行者さまへ御挨拶。南無南無☆

木造役行者像(小)

別れだけでなく、新たな出会いをお願いしてまいりました。
人がいるから。神仏が宿る自然があるから。若狭坊は生きることができています。
常に感謝のこころです。

わたしは自然の中の小さな石ころ。
でも、何かを支え、抜けてはいけないピースとして輝く石ころでありたい。
座敷に飾られるような・・・
指輪になるような・・・
そんな宝石になることは求めていない。


さあ、これから地域の自警団の総会です。

今日も飲むのです(笑)

体調には気をつけましょう(自戒)(^◇^)


テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

肉体労働には・・・


土曜日の…

くぼたん米舞倶楽部の…

酒が残る中を…

ひさびさの朝勤行ウォーク☆

NCM_1083.jpg

花開く梅のバックは多田ヶ岳。南無南無。

気持ちいい!
花粉症シーズンが終われば定例ウォーキング開始だな(^^♪

午前中は地域の「彼岸奉仕作業」
区内の市道全域の側溝清掃です。

NCM_1084.jpg

思うと田舎には年に「どんだけぇ~」奉仕作業があるのだろう??

彼岸・井根たて・自警団・クリーン作戦・青壮年会・夏の奉仕などなど。
自警団は雪かき奉仕もあるし。

数えれば10回以上あるな(笑)
支えあう、良い地域ということでしょう。


側溝掃除たいへんでした。
終了後、腰が痛い中を車もタイヤ交換し春仕様へ。

そして
道の駅2周年イベントへ行きました。
駅長はじめ、小浜の若手のまちづくりメンバーがそろっているので
ご挨拶かたがた色々談笑。

NCM_1085.jpg

肉体労働の後もあり・・・
サバくんピザと小浜ラーメンをかきこむ。

それでも体はパワーをもとめている。


結果・・・
夜は娘の小学校卒業前祝で五味焼パーティー☆

NCM_1086.jpg

胃腸風邪で減った体重も完璧にもどりましたとさっ

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

田んぼもまもなく・・・


連日のいい天気☆
(花粉症の若狭坊にはホントにつらい季節ですが・・・)

気持ちいいですよね。

もう彼岸ですね。
若狭坊の地域の多くでは寺院で涅槃会がひらかれ、花団子が配られます。

NCM_1076.jpg

これを食べれば、1年無病息災です!(^^)!


今日は小浜市の歴史と文化を守る市民の会の総会と記念講演会でした。

NCM_1078.jpg

多田ヶ岳をめぐるお薬師さんと千手さんの話よかったです。

多田神の本地はお薬師さんと千手さんなのです。


深く古代史・仏教史と組み合わせるとおもしろいですよね。


終わって夜からは、くぼたん米舞倶楽部の定例会☆


耕作放棄地を再生して水稲を広げ始めて早4年目。


わたしたちは水稲で経営しようとは思っていません。

基本は地域づくり。

先代が必死に開拓した水田を荒らしたくない。
地域の美味しい水・土・気候の米を残したい。
昔ながらの共同経営でコメをつくりたい。
楽しく飲みたい(笑)

ここに基本があります。

だから農家も非農家も若手も高齢者もいっしょにやってます。

今日の呑みのひとつに「和笑」購入☆

NCM_1080.jpg

若狭の食材にこだわった芋焼酎です。
もちろん、くぼたん米舞倶楽部の米も麹で活躍しています。

NCM_1081.jpg

若狭の風土で若狭の風土をくらう。

若狭坊のパワーの源なのです(^^♪

「和笑」ごひいきにしてくださいまし~♪

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

やっちまった((+_+))


しばらくぶりの若狭坊です(*^_^*)

子供から胃腸風邪をいただき死んでおりました・・・


ようやく復帰!(まだ全快ではないですが)

仕事もバタバタしておりますが、がんばってブログも更新します。


あす13:30からは中央公民館において

小浜市の歴史と文化を守る市民の会総会です。


昨年は若狭坊が講演しましたが・・・


ことしはちゃんとした先生です。

龍谷大学龍谷ミュージアム教授の石川知彦先生による

「多田ヶ岳をめぐる仏像 ー薬師如来像を中心にー」

です。

先生は修験にも造詣が深く、山岳修験学会員でもあり、2000年くらいに
巡回展があった「祈りの道ー吉野・熊野・高野の名宝ー」を企画された
方です。ちなみに修士論文のテーマは若狭多田寺を題材としたもの。

おもしろいお話になりそうです。

ぜひご聴講くださいませ。

よせばいいのに・・・


打ち上げやら何やらで体重増え気味の若狭坊です((+_+))

昨日は小坊主が胃腸風邪??で朝から吐きまくり・・・
介護者がいないため急きょ出張後の休み。

吐いては食べ、遊んでは吐き・・・困ったものでした。

夕方から漸く眠りについたので。

NCM_1071.jpg

若狭飲みセット BY キッチン(笑)
こんなことしてるから太るのだ!!!


ということで今日は快晴。

花粉ジャンジャン飛んでるのにお昼は高成寺にお参りに行きました。

NCM_1072.jpg

若狭にはあまりない禅寺の大空間☆
結構好きなのです。

老僧とちょっとした打ち合わせの後・・・

NCM_1074.jpg

観音堂前にある若州修験道正大先達の石碑の前で静かに勤行。

最近、若州修験道の先達でもあるT口さんと永三坊さんにうかがっていたので。



いい昼休みでした。


しかし…

やはり…

花粉を吸いすぎて、ただいま大変なことになっています。

今からちょっと強めの薬を飲んで

地元、若狭瓦の里保存会の打ち合わせに向かいます。

いい話になればいいのだが・・・。



テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

叙勲を祝う会


金曜は小浜を考える有志との懇親会。


土曜日は若干の二日酔いとひどい花粉症でダウン。
夜から行動して体協の監査と懇親会。


そして今日は中島辰男氏の旭日双光章叙勲を祝う会。
ひたすら写真撮影で飲み食い不足(笑)

中島氏は郵便局勤務のかたわら市県国の青年団活動を行われ、
以後は市県の教育委員としてご活躍されました。

退職後は若狭歴史民俗資料館館長として勤務され、近世から近代の福井のご研究をされていました。


ほんとにすばらしい方です。
若輩のわたしにも、いつも元気になるようお声掛けいただきます。

なにより人と柄がすばらしいのです。

京都と江戸の小浜藩邸には自費を投じて石碑も建設されています。


がんばらねば・・・と思わせていただきました。
これからもご指導くださいませ。


今日のいいこと☆

叙勲を祝う会なので県内各界の有志があつまられていたのですが、
先週の伝統文化フォーラムを大変ほめていただきました。

普通は辛口のみなさんばかりなのに・・・


方向性に間違いないと思えました。
やるぞぉ~!!


テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

つかの間の余裕

昨日・・・

小浜に王貞治さんがいらっしゃいました☆

NCM_1067.jpg

子供のときからのジャイアンツファン♪
いまやホークスファンの若狭坊にとってはたまらないお客様です(*^_^*)

サインもらえばよかった・・・



さて、つかの間の余裕。

しばし夜は読書タイムです。

来週からは仕事・地域活動・送別会など年度末恒例の忙しさ。

読んでいる本。

NCM_1048.jpg

去年、京都国立博物館で開催された「大出雲展」の図録。
とても行きたかったのですが、イベント屋さんの私には時間がなくて(笑)
図録購入しなくてはと思っていたのですが、展示担当のKさまにいただきまして
ペラペラめくり始めています。

おもしろいです。
出雲といえば「神の国」というイメージですが、成立時の考古学検証や神仏拠点の立地環境の研究など、とても興味深いです。

NCM_1056.jpg

若狭中山寺杉本師のご執筆。
若狭の歴史と文化。

仕事で関連した論文の総編集本です。
いろいろ勉強になります。

NCM_1068.jpg

仕事関係でいただいた本。

私の周りの中年層は、結構これを意識しているので、中身はそれなりです。
頭の固くなりつつある管理職層や若手によんでほしいものです。

昔は、若いときに公民館職員を経験して、自然に学んでいたこと。
いま、それが若い人にないことは残念なこと。
地域活動に入り込む「場」は、若手に対してどんどん作り出すべきでしょう。


組織にしばられると地域に飛び出すことにいろいろな制約があります。
組織の長にたてば、それは一種「面倒なこと」になることもあります。
それぞれの組織の長が「協働」を真剣に考えないとダメですよね。

わたしは仕事の関係で、全国的に元気な市町村の破天荒な公務員をいっぱい
みています。残念ながら小浜にはまだいません。

破天荒が5人くらいいれば、十分小浜は元気になるな(笑)

管理職に「飛び出すこと!」を認める度量を求めるか・・・
そんなもん待たずにポリシーで関係なく突っ走るか・・・

まぁ、日本文化からいえば、それの中間を走る人材が認められるのかな。
単純に他人の価値観を否定することはダメでもあるし・・・

「異質なものへの理解と寛容」

母校の校訓ですが、年を経るにつれ「すばらしい言葉」と思います。

祭りの終わり


お水送りも終わり・・・

伝統文化フォーラムも終わった・・・

祭りのあと・・・

なにかしらの充実感とさみしさ。


これは地域祭礼などが終わったときと同じですね。
心地よい疲れとさみしさが入り混じる複雑な想いです。


で・・・

若狭おばまにも春がやってきました。

NCM_1065.jpg

さわやかな海と空の青の境目が若狭坊は大好きです。


伝統文化フォーラム。

「とてもよかった」と言ってくれる人が多くいらっしゃってうれしいです。
若狭坊としてもいい内容だったと自負していますが、会場入りが少なく神崎先生と浜さんに申し訳なかったです。


イベント・・・

興味のある方は「充実した内容だったよね」というお言葉。
興味が偏る方(悪い意味でなく)は「詰め込みすぎで時間長いよね」

対談も・・・
「すごい気づきが一杯あって勉強になった」という人もいれば「わかりきったことだけで眠かった」という人もいるかもしれない。

だから動員しなかった。
イベントが多く重なっていたし。
人の入りが少ないということは需要がないわけだから。

でも・・・
多くの人に聞いてほしかった。若狭坊の努力不足です。

ただ・・・
このような行事は一過性になってしまうけど。
決してそうするつもりはない。
今回はスタートに位置付けている。

次は子供フォーラムみたいにしてやりたいな☆
子供の伝統行事参加が大切☆が今回の対談でも出ていたから。

NCM_1064.jpg

まだまだこれから・・・


いちばんうれしいのは奥窪谷の六斎念仏がよかったという声が多かったこと。


よかったぁ~

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

「お水送り」無魔成満

寒い一日でした。

午前中は三日(日)開催の伝統文化フォーラムの営業。
人の集まるところでチラシまき&ネットワークによる宣伝

終わってから若狭神宮寺へGO!

NCM_1061.jpg

松明がずらりとならぶ中で静かに勤行。

結界・護摩壇もしっかり完成しています。

NCM_1062.jpg

地元や有志のボランティアのみなさまには本当に感謝です☆


その後、若狭彦神社で南無南無

NCM_1063.jpg

いそいで一度帰って着替え。

寒かったけど今年も無事お水送り無魔成満することができました。
若狭の人々・若狭の神仏に感謝。

一〇日後には二月堂ご本尊にお供えされることになります。

行中。写真がないのはご容赦を(^^ゞ

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

いよいよ伝統文化フォーラム☆


いよいよ明後日。
3月3日(日) 13:00~ 小浜市文化会館大ホール

若狭おばま伝統文化フォーラム

伝統文化フォーラム


市民による「地域の宝調査」や「伝統行事と食の調査」の発表☆

神崎宣武先生と浜美枝さんの対談☆

子供たちがつくった「地域の歌」の発表。

子供語り部による地域の行事紹介☆

祭礼囃子や子供みこし、六斎念仏の公演☆

伝統食の試食体験☆

多彩すぎるプログラムです(*^_^*)


高塚の御みこしは既に会場に搬入済みです。

NCM_1058.jpg

市内では北川流域の穀倉地帯で、田植え終了後に子供みこしが出されます。

田の神祭りといわれています。

NCM_1059.jpg
DSC_0020.jpg

高塚区さんのみこしは、サツキヤスミに全戸をまわり、トイレ付近でお清めの行いをします。悪霊・穢れの払いの意味合いが強いのでしょうね。フォーラムの時には行事の模様を再現してくれます。
普通はなかなか見れない行事ですから楽しみです。


フォーラム当日は、「伝統行事と食」の調査結果をまとめた

『小浜市の伝統行事と食』

が配布されます。

NCM_1060.jpg


まだまだ調査途上の一覧ですがお楽しみに☆


では伝統行事「お水送り」に備えて休みます。

おやすみなさ~い


テーマ : 展示会、イベントの情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
111位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR