史跡管理な一日


2週間くらい前に・・・

大嵐で・・・

国史跡若狭国分寺跡の・・・

大木が折損し・・・

今日はチェンソーな一日でした☆

NCM_0779.jpg


小浜市には国史跡が3つ。

若狭国の国分寺跡である「若狭国分寺跡」

122.jpg


古代の官営製塩所ともいえる「岡津製塩遺跡」

366-1.jpg


若狭守護の居城である「後瀬山城跡」

324-1.jpg


若狭と言えば数多くの重要文化財の社寺建造物と仏像が有名ですが、史跡もあるのです。
文化財都市でしょ。

いずれも古いですがそこそこ整備され公園化しています。
(後瀬山城跡は遊歩道のみですが)


でも、管理が行き届いているかどうかは?
財政難の中、完璧な管理は難しく。来訪者には??みたいになってるかも。
さみしいです。

でも精一杯のことはしています。
地元で理解のある方のお手伝いも少しあります。


これから史跡を目指す遺跡もありますが、恒久的な財政投資と地域に密着した
活用できる史跡整備が必要です。
遺跡を守るだけでなく、よりよい活用ができるように・・・

文化財保護の面で、もっとも活用しやすい体制が整いつつあるのは「建造物」
もっとも活用しづらい縛りがあるのが「史跡」です。

史跡の活用!真の活用をめざし、もう少し柔軟な考えも必要かと日々思っています。


しかし・・・

切れないチェンソーでの作業は体に堪えます(+_+)

スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

【特別展】若狭を撮るⅡ


福井県立若狭歴史民俗資料館の特別展☆

若狭を撮るⅡ -井田家所蔵古写真のまなざし-

NCM_0778.jpg

開催中です!!


若狭小浜の近代写真家の井田米蔵氏が撮影されたすばらしい写真の数々です。

後期展では、神社仏閣や史跡、祭りなどの記録写真を中心に展示されています。


すごい!!の一言

写真の情報量はホントすごい。多くの文字や難しい言葉でなく一目でわかるから。


多くの方にご覧いただきたい。
若狭小浜の風景。文化。

そしてそれが守られてきた歴史を写真から。


損はしません。

後期展は、

11月25日(日)まで(^O^)/

歴史文化に興味がある方は、前期展の分を含めて図録を入手されることをおススメします☆


小浜をポチっと応援してネ
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小浜情報へ
にほんブログ村

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

【演劇】白百合の君盛況で終演


山川登美子さんを顧みる演劇☆
盛況の中、終了しました!

山川登美子記念館開館5周年を契機に、山川登美子さんをもっと知ってもらいたい☆という想いからスタートしましたが、みなさんの熱い思いが結集しました。ありがとうございました。

若狭坊もキャスト・スタッフが公募で少なければ入りたかったのですが、多くの賛同を得たので裏方の裏方に隠れました。

若狭坊の仕事①

NCM_0772.jpg

看板がない!?で大急ぎ作成した告知看板


若狭坊の仕事②

NCM_0775.jpg

会場導入部のデコレーション☆
まあまあだったかな?


あとは静かに観劇させていただきました

NCM_0777.jpg



最後に劇団長から丁重なお礼をいただきました。
なにもしていないのに・・・

「猛きものなかれ!」を改めて感じました。

人間、「自分が成功」・「やっている」・「やりとげました」になると猛きものになりがちです。
でも、それはダメ。

多くの支えがあり自分がいる。
人の悲しみ、喜び、辛さがわかり共有でき、それを糧にして纏める力が、地域づくりを主導する人には必要ですよね!

K下さんありがとう☆

最高の夜でした。

キャストのみなさま、すべての裏方さん☆サイコ―でしたよ。



多くの方に登美子さんを知っていただきたい!

登美子の化身と朝まで過ごしたい、素敵な夜でした。
ありがとう♪

テーマ : 演劇
ジャンル : 学問・文化・芸術

【演劇】『白百合の君』まもなく公演☆


演劇公演
白百合の君』~山川登美子の生涯

NCM_0650.jpg


日時:平成24年10月27日(土)19:00~
場所:小浜市文化会館大ホール


明治時代に「明星」で与謝野鉄幹・晶子とともに活躍した山川登美子。

29歳という短い生涯でした。

しかし、その人生。優しく・熱く・強く・素敵に生きたその感性。
若狭坊をいつも熱くさせてくれます。

山川登美子さんをもっと知ってもらいたい。

山川登美子記念館開館5周年にあわせ開催される演劇です。

小浜の劇団久須夜さんを中心に、公募のキャストや裏方で半年以上準備して
きました。

多くの方にご覧いただき、登美子さんの生涯を感じていただければ☆


裏方の裏方の若狭坊は、ホール入り口の展示準備に試行錯誤(^O^)/

NCM_0771.jpg

インパクトをもってもらうために、大きな短歌バナーをホワイエにさげます。

ちょっと準備に四苦八苦しています。


来てくださいね~☆☆


元気な小浜応援してね☆☆
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小浜情報へ
にほんブログ村

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

これからの地域力


23日☆ 仕事関係で東京からお客さまをお迎えしたので、夜は同僚も含めて急きょ懇親会でした。

お刺身盛りから最後は「若狭スペシャル」(笑)
神酒としてしか見なくなった1合瓶にサバのへしこ。


NCM_0770.jpg

酒の味は???としても、昔からの若狭小浜の蔵の酒!神酒であることが裏付けているからね☆
この酒。若狭坊に流れる「血」みたいなもんです。

ただ、後は「早瀬浦」や「黒龍」でしたがね(^^ゞ


今回お迎えしたお客様。

実は山口県萩市でまちづくりに携わっている方で。

萩は、あまだい(ぐじ)が有名だったり、木戸孝允の妻が松子(小浜出身の幾松)だったり、細かな町のなりたちや取り巻く状況も似ていて親近感をもっていました。

話もとても面白いものになり、改めて小浜の方向性が再確認できたり勉強になったり。
とにかく共有・賛同できるところが一杯。
いわゆる同志です☆



地域力をあげるための特徴抽出と特化。
食の重要性。
住民主体の真の地域力への転換。
周辺自治体との連携・周辺自治体との自治体間競争のバランス。
歴史を共有する近隣大都市へのブランド展開。
国際観光転換の必要性。

小浜の歴史文化・食を活かす取り組みには、まだまだ余地があるし、いまこそ真剣に取り組まなければならない。萩や小浜が日本を牽引していく馬力になるのだと思う。これからは地域の時代。まずは、住民も行政も真剣に意識をもたなければならない。

日本を代表するまちづくりができる素材に恵まれた小浜。
みんなの力を結集して進まないと、ありふれた地方の死んだまちにもなる。

今・・・大きな岐路の渦の中にいる。


もう一つ。
彼が萩を出て東京で大きく学んでいるように、
小浜を客観的にみるために、外に出て勉強する人材が必要!!と改めて思った。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

雲龍丸よ未来へ!


この船ご存じ??

NCM_0769.jpg

小浜水産高等学校の実習船 雲龍丸

小浜港船籍で最大の船です。


大正時代から連綿と続いてきた実習船「雲龍丸」

来年には小浜水産高校と若狭高校が統合される。
どうなるのだろう雲龍丸。


先日、内外海小学校の生徒がこの船で修学旅行に行き、かけがえのない体験をしました☆

ブログに素晴らしい様子が記されています。

ぜひみてね!

   ⇒ 内外海 うちとみ

雲龍丸はいつまでも若狭の若人を連れて、人生の大海原の海道を案内してくれるでしょう☆


小浜水産高校は、小浜湾浄化をめざしたアマモの定植を市民のサポーターと進めています。
さまざまな産官学住連携の取り組みも精力的に取り組んでいます。

11月10日(土)には全国アマモサミット2012 in 若狭 が開催!

   ⇒ 全国アマモサミット2012公式HP

楽しみですね。

元気な小浜情報
 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小浜情報へ
にほんブログ村

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

イヤなことの倍いいコトを迎えいれよう☆

怒涛の連続飲みも昨日の市民体育祭の打ち上げで終了☆

NCM_0764.jpg

わがチームは総合6位!
綱引き準優勝☆
よかったです。

すべての選手団の皆さま。役員さま。お疲れ様でした。

NCM_0765.jpg

ただ最後に驚くくらいイヤナことがあったケド・・・

ボランティアとして動くもの。それぞれの立場で、それぞれが必至に動いている。
もちろん見えていないところでも動いている。

それが見えなくて批判するとねえ。
見えていると思っていた人にいわれるとなおさらね。


ダメダメ!
修行がたりないなぁ(+_+)里の行は大変です。

一に勤行、二に掃除、三に追従、四に阿呆です。



でもイヤなことがあればいいことを探す。

待たないで自分で探す。それで忘れちゃえ~♪♪

これぞ人生です(^。^)y-.。o○

【読書の日】若狭の修験と神仏習合


昨日は会議の後、結局「ちょっとだけ」タイムが入り楽しい夜でした。
このメンバーなら「進むよね!」を思わす仲間たちです。

帰ってきたらベランダに珍客☆

NCM_0760.jpg

たぶんチョウセンイタチ
戦後の外来種ですね!

ハクビシンやらアライグマやら・・・どうなることやら(ー_ー)!!


で、

結局3日連続飲んでるので、今日はゆっくり読書の日。

若狭の修験や神仏習合を考える1日にしました。

NCM_0762.jpg


またいずれブログで紹介しましょう(^^♪

今日もちょっとした飲みに招待されています。

明日は市民体育祭で監督を務め、当然慰労会。


体いたわらないとね(^^ゞ


テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

古い町家での一日

今日の午後はは重伝建地区「小浜西組」の公開町家で管理人をしていました。


格子から眺める街路☆

NCM_0755.jpg


主屋から奥をみれば中庭を挟み土蔵☆

NCM_0756.jpg

農村にすむ若狭坊には新鮮な時間が流れました。

ゆるやかで静かな時間の中・・・
お世話になっっている大僧正が本を出版されるということで
ひたすらゲラ校正しました。

NCM_0753.jpg

歴史を活かしたまちづくりにまい進とか言いながら。
わたしのしているまちづくりのほとんどは、諸先輩方の研究を生かしているだけ。

地に足をつけて小浜の歴史を解明する研究をすすめること。
そして、後世のひとびとが歴史を活かしたまちづくりを進めることができる要素をだすこと。

みんなと楽しくまちづくり&深い調査研究。

この両輪が大切ですよね☆


さあ、

でも・・・

今日は「若狭おばまのはしご酒大会~スタンプラリー~」に出陣します(^。^)y-.。o○

NCM_0757.jpg

まだ昨日の酒が残っているので気分じゃないのですが(笑)


元気な小浜応援隊
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小浜情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

伝統文化と食の調査(中間)


夏前から取り組んでいる「伝統行事と食」の調査。


小浜は食のまちづくりを約10年前から進めています。
これまでは「御食国」や「鯖街道」という歴史テーマに主眼がおかれていたのですが
もっと住民に密着した歴史からも「食のまちづくり」のキーテーマが現れるのでは?
ということで事業化されました。

NCM_0752.jpg


意外と知られていませんが、若狭地方は民俗文化財の宝庫といわれています。
神社仏閣が自然と一体となって集中して残る神仏習合の聖地ともいわれます。
日本を代表する地域性を持っているのです。

しかしながら、これらの風景が当たり前になってしまい重要さが認識されていない。
そして、少子高齢化でピンチの文化や伝統が多いのです。

伝統行事と食には、当然人々の祈りが根付き、神仏に感謝する「神饌」や人々が集
まり食す「ハレの食」に特徴が出てきます。

ここに小浜の特徴が出るのでは?ということです。
日本の文化と食は、神仏に感謝する心、健康に直結するもの、地域風土にあった産業
など、さまざまな隠れたアイテムを包括しています。
そして、文化財保護のみならず、産業・教育につながっていきます。

これらを深く調査し、内容を知り、地域に誇りを持ち、どこにも真似されない経済
活動につながる真の「食のまちづくり」つなげたい。

実は文化財保護というもの。現在は行政の保護施策が大きいですが、当然人の生活
と密接に絡んで伝承されてきたのだから、経済のバックボーンがないと衰退するの
は歴史上当然のこととなります。

だから経済活動につながるものにしなければならない!

伝統行事を行う。そして人が集まる。
地域コミュニティをもう一度見つめなおし、日本人らしい共同体を再認識する。
大震災以後、改めて注目されているところです。

ここからも日本全体をつつみこむ少子化や人口流出の歯止めとしての、日本の
心をしめす地域にしたい。さらに産業も生まれれば雇用も創出される。


これから、日本の食文化はどんどん注目を集めていきます。
歴史・自然に囲まれ、豊かな食文化をもつ若狭おばま。

小浜の将来を握る事業であると自負しています。

この調査結果。
これからどんどん公開していきますから乞うご期待です。

来年の3月3日にはシンポジウムも計画中でっす!
みなさん予定あけておいてね☆(ちなみに「お水送り」の翌日)


さてさて、
今日は仕事場の歓送迎会にいってきます。

も・ち・ろ・ん 日本人だから「日本酒で乾杯!!」かな?


小浜の元気な情報はこちら
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小浜情報へ
にほんブログ村





テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

祭りのあと・・・2

昨日は口名田地区民体育祭☆

無事に大会委員長を務めることが出来ました。

参加された皆さまお疲れ様でした。
役員のみなさま、ありがとうございました。

あっ、バタバタで写真とってないやん(@_@。

体育協会役員。
忙しいので敬遠される方が多いんです。

でも、さまざまな人たちと交流がもてるすばらしい役職です。
生きていく上でマイナスになるようなことは何一つない。
改めてそう思った一日でした。

よせばいいのに同チームのお隣の区の慰労会にまで出席した
迷惑な若狭坊。
ちょっとした頭痛の中、反省中です(笑)

体育祭は再来年は50回の記念大会です。楽しみですね。
10年前に40回記念大会開催した時は事務局でしたから、わたしの
体協歴も10年を越えることになります。

昨日は、FBC「ふれあい若狭」出演の放送日で、多くの方から
メールいただいたのですが、酒宴真っ盛りで返信できていません。

ごめんなさ~い。

写真は友人のひびわれさんがパシャリとTV画面をとったもの。

2012101417160000.jpg

なんかドヤ顔やし・・・(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小浜情報へ
にほんブログ村

テーマ : スポーツへの純粋な想い
ジャンル : スポーツ

谷田部坂

この間の村づくり会議。

「今年の健康ウォーキングどうしよう?」
に簡単に「谷田部坂がいい!」と言ったら採択されてしまった。

14日の運動会前に主要メンバーが下見に行くのですが、若狭坊は運動会の
大会委員長なので無理。

だったので、こっそり先駆けしてきました(笑)

谷田部坂。

いわゆる深道のしっかりした旧街道が残っています。

NCM_0747.jpg

小浜から丹波への南進道として古代からの主要街道で、小浜からの出口の峠道。
大正時代に隧道が開削されるまで使われていました。

このため交通の要衝をめぐる攻防は多く、南北朝時代や戦国時代には多くの戦いが
この峠周辺で行われました。

峠にはひっそりと茶屋の腰掛石と「深谷のシイ」という怪力が運んだ赤石が・・・。

NCM_0744.jpg

NCM_0745.jpg

かなりの人馬がここを通ったのだろう。

ちなみに小浜への人は峠前から大荷物を川船に積み替えていたそうだ。

峠を降りると旧居屋敷が立ち並んでいたであろう気持ちのいい杉林。

NCM_0746.jpg

谷田部トンネルの上。峠道約30分の往復でしたが楽しかったです。

ウォーキングの当日は峠下の八幡宮のお薬師さんとともに若狭坊がガイド予定です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小浜情報へ
にほんブログ村

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

弁天さんの縁日

弁天さんの縁日は己巳の日。

九月、一一月の己巳の縁日にお参りできなかったので、今日の巳日にお参り勤行しました。

職場をスタートして西津の宗像神社さんで南無南無♪

ここには市指定の船霊さんがいらっしゃいます。
江戸時代に航海の安全を祈り奉納された船舶模型です。

宗像弁天丸

海の守神。小松原の弁天さんならではです。
この弁天さんは創建不詳といわれますが、西津の成立を考えると戦国末から江戸初期かな?

今の地はたぶん鎌倉期には山王さんがいらっしゃって、その後役所があったといわれる三味線堀という地がここだと若狭坊は比定しています。

ここのお祭りは式年七年大祭(七年に一度)と式年上葺遷宮祭(十三年に一度)。

西津七年祭という名称で小浜市指定文化財となっています(たぶん来年には県指定になるでしょう)。

特徴は、船屋台や太刀など若狭西部から丹後にかけてみられる漁村祭礼の形態。

西津七年祭

とはいうものの、神楽や棒振大太鼓という祇園系都市祭礼の出し物もある。

ちなみに、西津は今の小浜よりも先に都市化が進んだ場所で、南北朝期には六月祭の文献も残っています。ただし、津神社(釣姫と玉津島)の祭礼でしょうが・・・。でも、たしかに川西の大太鼓は古そうで、小浜の祇園系祭礼を知る上で重要です。


さあ、

てくてくあちこちの石仏を拝みながら・・・

おっ

これも弁天さん??

IMG_8648.jpg

いやいや八百比丘尼さま。
南無南無。


次は日吉の弁天さん(厳島神社)へGO!

NCM_0560.jpg

小浜では新しい江戸後期の創建。
筑紫国から小浜浜辺の松の大木への漂流降臨伝説がある。
江戸後期の荒れた世情と、海運安全信仰が融合した結果かな?

おん そらそば ていえい そわか♪

最後に常高院さんの守護持仏を常高寺さんで拝みたかったがタイムアウト!

山門から静かに勤行。

太郎のおいしそうなニオイと心の中で格闘し、最後に海のかなたを拝む良い勤行となりました。

IMG_8826.jpg

夕闇の海のグラデーションもいいもんです☆

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

若狭おばまのはしご酒大会

週末、行事や祭りで酒のんでぇ♪

毎晩遅く帰っても晩酌ぅ~♪♪

「なにかにかこつけては飲んでる!!」
6年生になって、少々女性らしく生意気なことをいうようになった長女。

若狭坊
「日本人はなぁ~、昔から神さんや仏さんに感謝して、みんな集まって酒飲むのが文化なんやでぇ~。」


「拝むだけでいいやん!」

若狭坊
「いただく!という感謝の心がないとあかんのや!」


「ほんならお酒違って御馳走でいいやん!!」

若狭坊
「・・・・・」


「昔なあ、○○で酒が飲めるぞぉ~♪♪みたいな歌あったわ!男は屁理屈で酒飲むんやで」

若狭坊
「いや・・・・あの歌『日本全国酒飲み音頭』も・・・・奥深いんやで・・・」

いつの時代も女性の言葉には勝てません(笑)
理屈いっても関係なしになるから。
ここは他力本願だ!

若狭坊
「いっぺんお父さんが入っている日本酒で乾杯推進会議のHP見てみな」

NCM_0243.jpg

私がお酒を好むこと☆
この会に集約されています。
というか・・・日本文化を大切にしよう!!という会☆

  HPはこちら ⇒ 日本酒で乾杯推進会議


「お父さん!お酒は日本酒だけやで!! 他はあかん!!!」

あ~ぁ、変に偏りよった(*_*;


というわけで、若狭坊は今週末から来週まで酒づけになります。

来週のメインイベントは☆

377617_356705764410329_685155178_n.jpg

もう十回目

若狭おばま活性化イベント「はしご酒大会」

1時間半で4軒のお店を回ります。4軒は好きなコースが選べますよ。
各店ともワンドリンクとおつまみです。

前売りの方がお買い得!会議所や観光案内所、参加飲食店で販売中。

小浜の方、ご参加くださいね☆ 新規店舗開拓にはいいイベントですよ♪

ぜひどうぞ。若狭坊にも遭遇します(笑)

小浜の情報はコチラ
 ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 小浜情報へ
にほんブログ村

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

祭りのあと・・・

一日旭座が復活しました。

にぎわいの旭座
わたしたちが動き、早く道筋をつけないといけない!と改めて思いました。

楽しく元気な同志と共に。

昼間はグレゴリーたちとのトークのふれあい☆

NCM_0729.jpg

外からの目は、まちづくりを志すものに大変参考になります。
忘れかけているものを思い出させてくれます。

夜は旭座ジャズナイト2

NCM_0733.jpg

昨年同様盛り上がりましたよ。
出演の白井さん、北川さん、森永さん、猿渡さん、三好さん☆
無理のあるステージで、急な申し出にも快くお受けいただき本当に感謝です。

不備が多々あったことはご容赦ください。

そしてお客様、サイコ―のスタッフのみんな☆本当にありがとう!

疲れたけどね(^^ゞゆっくり打ち上げしましょう。
ねっ!APECさん、駅長さん、住吉坊さん、永三坊さん!(^^)!



さて、翌日。

ちょっと昨夜のお酒が残る中、駅前で開催のまちなか夢通りへGO!
ちいさな熊が自転車にのるサーカスのような光景。
よく見ると会場を行ったり来たりするAPECさんでした。
ホンマすごいわ(笑)

子供を一日店長に送り、まずは会場を通り抜けて「食のまつり会場へ」

NCM_0734.jpg

朝からお腹が減ったという子坊主と奥美濃カレーをたべて・・・・
小浜YEGの新開発のおばまぱお(焼きサバ・へしこが入るちまき)を買い。

知ってる人ばかりの駅前を歩く。

市役所の協働展示を覗き・・・

あだっちゃんの作品展を覗き・・・

お手伝いした鉄道遺産のパネル展示を覗く。

NCM_0736.jpg

ここにも近代の鉄道遺産が多くある小浜線を、なんとか活かしたいと活発に動く人たちがいる。

最後に社協の会長さんにつかまり、もちを一臼つかせてもらい会場を後にする。


帰宅して桂の宮さんの宮入へ・・・

NCM_0737.jpg

早朝勤行より少し長めに子坊主と南無南無!


食のまつりもまちなか夢通りも桂の祭りの雨に打たれちょっと残念でした。

まさか雨男が本領発揮したのかな??APECさん。



祭りが終わった朝・・・

NCM_0742.jpg

充実感の後にさみしいものが残りますが。

祭りは来年もあります。人がいる限り活動は続いていきます。

という三連休(^^ゞ


今日は旭座の片づけ&幟たおしです。

桂の祭り

昨日は旭座ジャズナイト☆パート二の準備を有志で!

NCM_0724.jpg

APECさんの指揮監督のためか途中大雨に会いました(^_-)-☆
が、再生の会会長の永三坊さま(勝手に名付けた(笑))や道の駅駅長さんと行動し、ほぼ用具搬入は終わり。

あとは、ジャズナイト前に開催されるアーティストインレジデンスOBAMAへの作家の作品搬出や制作を待つばかりです。でも、これ片づけてジャズナイトに場転換するの大変だなぁ~。

ちなみに下の写真は、昨年の作品。

NCM_0697.jpg

とにかく!?
さまざまな方法で人の五感を表現できるアーティストはすごいと思います(●^o^●)

APECさんの「飲み行こっ」に後ろ髪ひかれつつ市民ソフトボール大会準々決勝へ!!

みごと大敗し、夜中まで一人やけ酒でした(笑)



さてさて

遠敷祭りに次ぐ大太鼓情報!


今年の若宮神社例祭(桂の祭り)の出番は「桂の大太鼓」

wakamiyajinjya.jpg


現在、桂(東相生)の大太鼓、五十谷(上中井)の浦安舞、飛川(下中井)の謡曲や雅楽が出し物で、それぞれが持ち回りしているので、この太鼓も三年に一回しかご覧いただけません。
地元では八日祭りといわれ、旧暦九月八日開催でしたが、現在は一〇月八日に近い前の日曜日で執り行われています。


若宮神社は、若州管内社寺由緒書によれば、延文三年(一三五八)に、桂木(東相生)・窪谷(西相生)・五十谷(上中井)・飛川(下中井)の四ヶ村の有力者によって創建されたといいます。

社殿由緒によるものでしょうか?大正時代発行の口名田村誌には、承久二年(一二二〇)に須恵野四名の神として山城の石清水八幡から勧請したと記述されています。

ちなみに、わがくぼたんは六所神社を区の祭神にしたため、現在は直接関しませんが、若狭坊は早朝ウォーキングでのお参りを欠かしていません。

この若宮八幡さん。
いわゆる陶器大神ですね。若宮八幡を勧請するところは焼き物の産地が多く、別名陶器神社と良く言われます。

須惠野四名のとおり、古代からここは焼き物(須恵器)の産地。
この祭神として勧請されたのでしょう。

近世以降も若狭瓦の産地。

桂大太鼓も瓦業者の寄贈により始まったといわれています。


祭りや祭神にも歴史があります。


南無八幡大菩薩。南無陶器大明神。

テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

遠敷祭

秋本番ですねぇ~。

灯籠から秋を覗いてみました。

NCM_0721.jpg

秋一色。
今年は遅いですね。ちなみに小浜藩酒井家菩提寺で八百比丘尼入洞地がある曹洞宗空印寺の写真でございます。

NCM_0719.jpg

さて、
週末のイベント準備に奔走している若狭坊。

週末の催しは

一〇月六日~七日

「OBAMA食のまつり」

全国のB級グルメや小浜の食を楽しんでいただけます☆


告知しまくりの

一〇月六日

「旭座ジャズナイト」

ジャズとお酒をお楽しみあれ~♪
昼間はグレゴリーコ―ツの現代アートも展示されてます☆


これが楽しい

一〇月八日

「まちなか夢通り」

個人的には小浜を代表する美術作家のあだっちゃんの展示が楽しみ☆
若狭坊の娘も二年連続で一日店長でお出迎えしますよ(^O^)/


ですが、

若狭坊が紹介しなければならないもの!

そう!

若狭一宮の例祭

「遠敷祭」

今年は島・市場・中村の大太鼓が出番でございます☆

小浜の大太鼓には棒振りがつきます。
ほんで笠鉾もつきます。
祇園さんの系統ですよね☆
京都の祇園さんでいうと綾傘鉾と四条傘鉾です。
鉾の露払いの鉦や太鼓、棒振りが主役になったのです。

遠敷祭りは検見坂・池田の神楽太鼓と今年の大太鼓が隔年で出ます。

いずれも祇園の系統をひく小浜の都市祭礼と似ています。

いつからこうなったのだろう?誰か教えてくださいな。


さて
素敵なポスターですよね♪

NCM_0723.jpg


六日(土)の夜は・・・
県指定の建造物になっている下社、そして社叢の千年杉がライトアップで~す。

上社とあわせ、ぜひお参りくださいな。

最近、畿内からの隠れたパワースポットとして注目されています。


若狭坊も力がほしいときには上社「若狭彦」様にお会いしに行きます。

南無若狭彦大神。南無遠敷大明神。南無多田満山護法善神。南無シラヤマ姫神。


テーマ : お祭り&行事
ジャンル : 地域情報

蔵王堂秘仏本尊の御開帳

十六夜からの朝☆

NCM_0713.jpg

NCM_0714.jpg

NCM_0715.jpg

月は沈み日は昇る。
なにげなく流れていく毎日。
決して無駄にはしたくないですね☆



大峯での蓮華入峰から三カ月。

里の行に翻弄され、パワーが減退中の若狭坊です。


蓮華会の峰入りは一〇年ほど行かせてもらっています。

最初のころは丸一年間、お山のパワーで乗り切れていたけど
最近は色々なところで責任ある立場を任され・・・
オレがせんなんの??みたいなことも日々降りかかり・・・
パワー切れが顕著です。

仕事も地域活動もそこそこに自分の世界で楽しみながら生きる人。
ただただ家族の愛の中で生きる人。
地域のため、人のためを思い、それが具現化し、認められることを生きがいにする人。

どれもが人生では正解なので。すべてをクリアできる人になりたいが。
人生で何が正解なのか?
死ぬ前に「幸せな一生だったな☆」と思えれば、ただただOKですよね(^O^)/

年かな??


こんなことを思う時はバリバリ疲れているだけ。

そこに吉報!

世界遺産金峯山寺国宝仁王門 大修理勧進


「秘仏本尊特別ご開帳」


246671_402925123106816_1113293487_n.jpg


蔵王権現さまにパワーをもらいに行きたい・・・

でも行事づくしな週末。


一二月初旬までの御開帳。なんとか都合つけたいな☆

おんばさらくしゃあらんじゃうんそわか♪


テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

アーティストインレジデンスOBAMA☆

ことしもお越しいただいているアメリカの造形作家グレゴリーコ―ツさん☆

大変小浜を気にいっていただいています。


今年は作品展示が旭座で行われます。


また、10月6日(土)の午後は、グレゴリーさんとのふれあいや、彼が見た小浜
などをみんなで語り合う場が設けられます。


旭座ジャズナイトの前に、外から見た小浜のすばらしさをみなさんと共有したい。
そして、日本を・・・小浜を表現した彼の「五感」作品に触れてください。

Image1.jpg


旭座は芝居小屋だけではありません。

小浜らしい多目的ホールです。


それを実践していく住民団体のパワー☆
すごいですね。


財政面からの旭座復元活用に反対の意見も多くききます。


でも、小浜らしい、無くしてしまうと二度ともどらない文化遺産を

「みんなの活動の場に・・・」

と一生懸命動く人たちがいること。



そして不足している「まちなか観光」の発着点にと意識している人々が多くいること。
全国的に稀有な文化遺産を起爆剤にして「まち」を活性化したいと願い・・・


多くのみなさんに知ってもらいたいです。


テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
100位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR