白山開山1300年


朝の日課の野菜スムージー

201704211242507e2.jpg

病気後から毎日1.5~2literくらい飲んでます。
朝食前と仕事に行った後の午前中の二回にわけていただいています。

若干中身は変わりますが、
基本は小松菜、人参、林檎、檸檬、豆乳です。
体の中からの健康!

さて、前日の書き込みでそろそろ山の季節!
と宣言しましたが…

今年は白山いかんとあかんな!

2017042112424922e.jpg

壊滅した白山行者さんも復興の兆しです。

吉野で修行されていた方
田中利典師から伺っていましたが、
初めて新聞でお会いすることができました。

蓮華会のあと、白山ご案内いただこうかな!


いやぁ、山に登る元気もでてきました。
ちなみに本日は若狭坊47回目の生誕祭です。
(畏れ多いことですが「お大師さんの日」でもあります)

このブログも7年目に突入!!

健康に感謝です。

スポンサーサイト

卯杖作り


なかなか雪融けませんね。
日曜日の午前中は、少年野球。
早く屋外練習出来るよう学校の校庭をテクテク歩いて融雪促進しました。

午後からは、くぼたん1組新年会。
ちょっとだるい月曜日の朝です(笑)

さて…
土曜日は、小坊主の学習発表会を楽しんだあと、ちょっとした作業。

山シーズンが近づいてきたので杖作りです。
N先達が南天を分けてくださると言われていますが、その前に自分でもやってみようかと。

材質は棗(ナツメ)。
硬くて杖向きですがちょっと重い木です。

2017022006182510b.jpg

自宅裏で数年間、枝をはらって真っ直ぐ育ててきました。
本幹を残して真っ直ぐな枝幹を伐採。

ナイフで皮を剥ぎ

20170220061826fd4.jpg

とりあえず完成。

20170220061828802.jpg

あとはじっくり乾燥させる予定。

しかし…
かなり太くて重い。
乾燥して軽くなるといいが…
乾ききる前にもう少し削るかな?

さて、日本書紀の時代から棗は杖材です。

邪気を祓う「卯杖」という風習がありまして、
正月に天皇に献上される伝統があります。

その材は、棗や柊、椿、梅など。
5尺3寸(160㎝くらい?)に揃えます。

宮中行事としては衰退したようですが
神社では杖や卯槌、ウソカエなどの伝統を伝えているところもあります。

ということで、山で使えなくても
邪気を祓う卯杖としておいておく予定です。

とにかく…
乾燥待ち。

軽くなったら白木の部分に柿渋を塗布予定です。

出来れば錫杖頭も着けたく
ヤフオクで探しています(笑)



天川に行きたい☆


早く雪よ融けよ!!と願っている若狭坊です。

今日は、滋賀県高島市、福井県小浜市・若狭町の面々で鯖街道を活かしたまちづくりや観光振興について語り合いました。
最初に偉そうに話題提供という形で少しだけ話をさせていただきました。

201701171350581c9.jpg

今まで以上に連携が必要な時代になってきていますね♪


さて、若狭坊は仕事柄、さまざまな旅行雑誌やパンフレットを見ます。

若狭坊の好きな小冊子の一つにJR西日本が編集発行している
「Blue Signal」というものがあるのです。

昨年の1月は小浜が特集で取り上げられました。
バックナンバー ⇒ 「特集 福井県小浜市 御食国若狭」

そして、本日若狭坊の目に入ってきた今年の1月号は・・・
「奈良県天川村 大峯山麓修験道の聖地」 でございます。

DSC_2902.jpg

ご縁がありますね~。

天川村って素敵な名前ですよね☆
一説には、人が容易に近づかない高天原に由来するといいます。
秘境であり聖地なんです。

人口は1300人。
年間観光入込数は約60万人。
若狭坊も毎年行っているのでその一人です。

DSC_2903.jpg

七夕に山修行して翌日に天川に下りてくるのですよ。
すごい修行でしょ。

若狭坊はいつも天川の洞川温泉に行の最終日に宿泊するのですが・・・
イメージは、標高800mの水の郷(多田ヶ岳より高い(笑))。
いつも、素晴らしい透明感があり、ある場所ではエメラルドグリーンの水がお迎えしてくれています。
この山上川は、天ノ川となり熊野川となり常世へとつながっています。

若狭坊にとっては、行から里への転換の地として重要な場所なのです。

記事を見ながら・・・
この天川でいつも心残りのことがありまして・・・

天河大弁財天社にお参りできていないのです・・・・(泣)

日本三大弁財天として厳島・竹生島とともに数えられ
(最近は天川じゃなくて江ノ島を数えることも多いですが)
芸事にご利益があるとして芸能人やアーティストの参詣も多い。

wakasa-tenkawa.jpg

この五鈴を回して鳴らし、南無南無してみたい。

毎年近くまで行っているのにね。
今日は竹生島を遥拝して高島市今津でお仕事。
今月末には、厳島に南無南無お参りに行くので、本当にご縁を感じます。

天河大弁財天社は大峯本宮と称し、開創は役行者が大峯を開いたときに遡るといいます。
奥院は大峯奥駈道にある弥山山頂にあります。
古くから聖護院や醍醐寺三宝院も大切な行場としてきたところ。
いつかお参りせんとあきませんわな☆

また、弘法大師空海が高野山を開く前の大峯修行をした際の拠点とも言われています。
最近は吉野金峯山から天川を通って高野山に至る弘法の道も復興されています。

おっ!やっぱりご縁。
明日は巳の日ですから弁天さんのご縁日。
お呼びいただいているようです。

今年は洞川バス出発で、川合から少しだけ天川村の方に入っていただいて寄ってもらおうかな?
少なくとも永三坊さんは興味あるだろうし(笑)
若狭坊は芸事成就祈願はないけど、大峯の礼拝所として。

ともかくも

おんそらそばていえいそわか。

明日は小浜の弁財天さん勤行しに行こう!♪

2017初勤行


皆様、あけましておめでとうございます

お正月♪

いつものように目覚め☆
いつものように歩きました。

菩提寺興禅寺門前で釈迦牟尼仏を南無南無し、

DSC_2870.jpg

若宮神社で南無八幡大菩薩☆
南無陶器大明神☆

DSC_2871.jpg

そしていつものとおり多田を遥拝する。

DSC_2878.jpg

南に向かい南無大峯満山護法善神☆
西に向かい南無飯盛満山護法善神☆

家にかえってお屠蘇とおせち、若水を汲んで神迎え。

若狭坊の家の神棚のしめ縄は、今年は龍です。
小坊主が学校で作ってきてくれました。

DSC_2873.jpg

なかなかスゴイ小坊主です。
これから正月には、若狭から大和にかけて勧請綱という龍信仰が各地であります。
我が家にも勧請縄です。

ということで、その後、小坊主とウォーキングで地主神である六所明神へ☆

DSC_2875.jpg

本殿で六所明神を南無南無。
六所が判らないが、多分大峯や白山、愛宕を含むかな??

山の神に向かって遥拝☆

DSC_2876.jpg

最後は馬頭観音さまにお正月のご挨拶後、

ふるまいの樽をいただきました。

DSC_2877.jpg

やはり地域の社寺を歩いて回るとパワーをいただけます。

さあ、今年の外詣りの最初はどこになるかな??



いざ鎌倉!


どこにいても駆けつける!!
これが「いざ鎌倉」
いい言葉だからこそ、いまもことわざとして伝わる。

今回、この「いざ鎌倉」の日本遺産調査☆
八幡大菩薩様と阿弥陀様のまちです。

2020年まで100件になる日本遺産。
今から巡って、2020年にピタリ制覇を目指しています(笑)
まずは、若狭坊の日本遺産の旅はおまいりの場を優先していきます。
大山とか四国、出羽三山が次のターゲットです。

遠くは日本遺産の鯖街道から夜出発。
朝は仮眠した新東名の駿河湾沼津SAで迎える。

DSC_2802.jpg

素敵な朝焼け後の写真です。
ここでPURPLE HIGHWAY OF ANGELSを思い出す。

しまった!!
朝を迎える前のR134を走るのは高校時代からの夢だったのに。
若狭坊の高校時代のペチャンコのかばんには
とあるチームのステッカーが貼ってありました。
ロックな?生き方をしていた青春の1ページです。
わかる人にはわかるネタです(笑)

ということで、朝の光をあびで藤沢から江ノ島、七里ガ浜、由比ガ浜と江ノ電と並走して・・・

DSC_2804.jpg

やってきました鎌倉大仏殿高徳院

DSC_2809.jpg

宗風で密教系の定印を結んでいらっしゃる。
大仏殿に金色に輝いていた創建時を思って南無南無。

へぇ~。
背中に扉あるんや(笑)

DSC_2811.jpg

鋳造の名残なのか・・・単なる換気窓なのか。

20円の拝観料をお支払いし内部へ

DSC_2810.jpg

ここはマニアの空間ですね~。
いろいろ鋳造技術を知るうえて楽しいです。

その後は、日本遺産鎌倉をプチ散策。

鶴岡八幡宮を町の中心として、町に入る切通、山裾の禅宗寺院群は、まさに世界文化遺産暫定リストの地域ですが、今回の日本遺産はプラスして芸術文化と生業がおりなすモザイク画のような世界がテーマです。

おみやげやさんには必ずある箸。

DSC_2806.jpg

知る人が見ると日本遺産の若狭小浜とコラボしています(笑)

この季節の生業といえば「生しらす」

DSC_2812.jpg

おいしゅうございました。

結局、後は鳩サブレを買ったくらいでしょうか?
でも、鎌倉満喫いたしました。

夜からは家族も合流しホテル宿。
翌日はベタな東京観光です。

妻と高校生の娘は原宿へ・・・
若狭坊と小坊主は、オフシーズンの東京ドーム。

野球殿堂博物館でイチローになりきり

DSC_2822.jpg

一年の必勝と小坊主の上達を祈念し南無南無。

DSC_2825.jpg

最後は、飯田橋の交差点で一時停止違反で白バイに追いかけられるという締めで関東の旅は幕を閉じました


プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
630位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
100位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR