立命館大食マネジメント学部フィールドワーク

今日の御食国若狭おばま食文化館前☆


ずらりと並ぶ大型バスと若者の声!

鯖街道のおじさんもびっくりしています。


今日はこの春に開設されtら立命館大学食マネジメント学部のフィールドワーク☆

日本初の理系文系関わらず、食を総合的に研究する学び舎です。

その学び舎が選んだのが若狭おばま。
全国どこでも「食」を標榜したまちづくりを進める時代になりましたが
本物の「食」の聖地は、若狭小浜だけ!

だからこそ、日本初の学び舎は「小浜」を選んだのです。

今日は市民教授が待ち構える20以上のフィールドワークメニューに
400名を超える学生や先生など関係者たちが分散していきました。

農業あり
漁業あり
食品加工あり
食文化あり
歴史あり
環境あり
食育あり
食のまちづくりあり
観光への取り組みであったり、

これらすべてが全国のトップランナーであったり、
全国ここにしかないものであったり、
どこにもない聖地のような歴史をもっていたりするのです。

小浜も凄ければ
この深さに着目していただいた大学にも本当に感謝です。

若狭坊は、地下水の奥深さを伝えるワークに参加。



スタートは小浜が誇る名水「雲城水」

宇田川さん、上田さんという熱い地元の方々が教授です。

近くの自噴湧水を飲み比べしたり

店舗から湧く水に感動したり…



もちろん水に育まれた食にを味わったり


若狭坊も知らなかったこと
いっぱい教えていただきました。



ワサビまで作っているなんて!!!


知識もパワーもいただきました。

フィールドワーク後に若狭坊がえらそうに座学の先生。

小浜の水の奥深さをお伝えさせていただきました。

この参加者のみんなが小浜を発信してくれる。

こんなすごい地域発信効果はない!

この小浜を担う一大事業を
縦割りのわが職場は・・・

なかなか難しいものです。

まあ、今回は第一回。

今後も続いていく事業です。

このフィールドワークの一つ一つが小浜の宝であり

若狭坊が進めたい「御食国アカデミー」のメニューになります。

明日、3日(日)も午前中は食文化館と旭座に分かれて
本日のフィールドワーク結果を学生たちが議論しています。

興味のある方。

覗いてみたらいかがですか。

小浜は全国どこにも真似ができない

食の聖地です。




スポンサーサイト

旨いもん☆


土曜日は…

鯖フェスで少しだけ若杯者をいただいて
旭座のトークショーに参加。

欲求不満なお口を癒しに
前年度のくぼたんの区役員慰労会。

追いつくために早いペースでいただき、

翌早朝はウルトラマラソン出発応援🎵

2018052122003653b.jpg


段々と住民有志の応援グッズも増えていく。

20180521220044724.jpg


助太郎までお見送りして

海までトンボ帰りして

20180521220052632.jpg


旨いもんすごろくでひたすら売り子。

2018052122010364e.jpg


そして打ち上げ

20180521220117066.jpg


今朝はウォーキングすっとばして

20180521220123780.jpg


アルケッチャーノ奥田シェフと小浜の料理人の学習会。

夜は
2018052122013113e.jpg


こちらの海の見える網元さんで懇親会。

鯖街道ウォーキングの反省会とバッティング

残念でした。

仕事をすればするほど懇親会が増える。

自分でもブレーキをと思い
5連チャンの本日は苦しかったけど
ノンアルコールで過ごしました。

旨いもんには酒あり…なのですが…

体の労りも大切。

いや…
財布を労らないとピンチです。

生まれかわりの旅


日本遺産
出羽三山
自然と信仰が息づく「生まれかわりの旅」

2018040714441536f.jpg

二日目でございます。

まずは鶴岡市役所で、
ユネスコ創造都市
SAVOR JAPAN
日本遺産

すべてが理念でリンクしている食への取り組みをお伺いする。

20180407144640d45.jpg

まあ、理念はすべて小浜がやってきたこと
小浜がやりたいことと本当に一緒で、
小浜が先進でやってきたこともあれば、
小浜以上にその理念を具現化していて見習う点も多く、

本当に有意義なお話を聞くことができました。

ちなみに鶴岡市の食のご担当は羽黒山伏さま。
この辺りまで通じてくるほど、自然も歴史も風土も似てくる。

食のまちづくりを進めていける根本が見えかくれするのです。

もちろん、フムフムと聞くだけで、自分の行動に移さない視察ではなく
行動に移していく意見交換なので時間も足らず・・・

ご予定いただいていた藩校「到道館」は、会議室から眺めて((笑))

201804071446289f1.jpg

「どうしても見ていただきたい!」

というご担当の言葉にニヤリとして

いってきました。

20180407144523859.jpg

ここは出羽三山南無南無で別途明日にでも記事にしましょう。

201804071446172db.jpg

宿坊群では物語と歴史を兼ね備える精進料理が提供され、

20180407144451857.jpg

全国一をとった農家レストラン、農家民民宿では

普通の料理の中においしさと感動があり

20180407144442fcd.jpg

アルケッチャーノだけでないんです。

小浜でもできること。
どうやっていってもらうか?
どう同調する仲間を増やしていくか?

小浜食のまちづくりチームのミッションです。

20180407144423fed.jpg

おみやげやさんのトイレ!!

本当に勉強になった2日間でした。
8時間運転は疲れるけどね(笑)

出羽三山は現在・過去・未来をつなぐ生まれかわりの場

明日のわたしに逢える旅になったかな???



鶴岡市の夜


最初の南無南無はもちろん月山♪




今日のミッションが早く終わればこの結縁に感謝しお詣りしたいところです。

さて、庄内といえば…

知る人ぞ知る初代藩主、酒井忠勝つながり。
ご縁を感じます。

でも今日のミッションは歴史ではなく食!
とはいうものの、「食」は歴史風土かを作り上げるものだから、真摯に食に向き合うと必ず歴史に到達する。

ということで、実は鶴岡市は、食に関わる理念やポリシーが本当に似ていて、歴史風土も似ていて、小浜にはない先進のとりくみもされている。

今回は、学びと連携を模索した情報交換を目的にやってきました。

朝に小浜をでて、
夕刻に鶴岡入り。

まず訪れたのは駅前のFOODEVER!



昨年7月にオープンした鶴岡駅前の食文化発信拠点。
小浜と同じブラントである日本遺産とSAVORJAPANを素敵な空間のなかで発信しています。



なんといってもSAKE BARが一番気になりましたが(^_^;)



商品もオシャレです。
これは米どころの庄内を象徴する「つや姫」
素敵です。

情報発信、ちょっとしたバル、オシャレなおみやげやさん。
昔から駅前(交通拠点)に求められるものです。

小浜の駅前…
こんなんがいいな☆

夜は…



奥田シェフのアルケッチャーノ♪



月山ビールと



鶴岡の旬の食材を活かした料理の数々



残ったのは月山ワインのボトルだけ…

ではなく…



奥田シェフから色々なレクチャーを受け
色んな気付きをいただき
バックヤードツアーでお店の秘密まで教えていただき

本当に感謝です。

来月来市いただきます。

小浜の皆さんお楽しみに!

さあ、いまから鶴岡市役所へ向かいます!!!

山形に向かってます


いつもと違う方向から…



南無



南無



南無

ただいま山形に向かってます!

任務は

食のまちづくり原点回帰
新しい食のまちづくりへ向けたリサーチ

車でむかってます(^_^;)

帰ってきたら報告します。

個人的には出羽三山いきたいんですけど(笑)

羽黒修験!

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
79位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR