3回目の乾杯式



土日は霜&氷と澄んだ空気の中南無南無

20170305190544b9f.jpg

刺すような寒さの中に陽光の暖かさを感じるようになり、雉の鳴き声も聞こえ始めました。

さて…
昨晩は3回目の若杯者の乾杯式(^o^)/~~

201703051905502cb.jpg

19歳の酒造りの最後は、全員二十歳になったことを確認して、地域のサポーターや実行委員会と新酒を味わいました。

チーム鯖からは、

20170305190547f3b.jpg

出ました話題の養殖鯖。
プリプリの旬の春鯖です。

そして…

20170305190546649.jpg

田烏のなれずし。

話題の新グルメ、鯖の刺身と
伝統食のなれずしを乾杯の肴としてプレゼント。

酒の旨味は、旨い肴があってこそ生きます。
地域の酒には、何より地域の旬の産物があいます。

この酒の飲み方の根本を知って欲しいという大人たちの願いが凝縮されています。

おじさんは一緒に飲めて、若い力がいただけました。
みんなも、サポーターや実行委員会のみんなの深い思いに触れられたと思います。

これも、酒を酌み交わす大切な原点です。

気持ちよく帰り…

翌朝からは
球春到来!!!!

20170305190549b72.jpg


小坊主最後のシーズンスタート。

イライラ募りますが(笑)

しっかりサポートしていきたいと思います。

一生に一度しかない時間だから。



スポンサーサイト

第3期「若杯者」販売開始


成人を迎え一番の楽しみって何だったかな?
たぶん酒だったかな?
30年弱経つと、そりゃ記憶ないわな(笑)

さて、立ち上げ時には一生懸命話あっていた「若杯者」も早3年。
何もしない実行委員ですが、多くの若者を巻き込んで徐々に軌道に乗っていく姿をみているだけでも嬉しくなります。

「若杯者」は、成人を迎える19歳が
田植えから稲刈り、酒造りまでをこなし、20歳を迎えて乾杯するというストーリー。

毎年無骨ながら、たぶん昔ながらの本来の純米酒はこんな味なんだろうな!という酒が生まれてきます。

第1期は本当にコメのクセのある酒でしたが、
第2期は若干洗練された切れのある味でした。
今年はその中間らしいです。

1月9日から販売しております。

FB_IMG_1484020572701.jpg

ぜひ一度お試しくださいませ。


PS 日本酒からの手紙
ニッポン人には日本が足りない、と言われています。
「和服をさりげなく着こなしてみたい」
「ほどよく美しい言葉で語りかけたい」
この国で育まれてきたよき日本文化の数々。私たちがほんの少し心がけるだけで、
まだそれが取りもどせそうです。

日本酒を粋に飲んでみたいと思いませんか。
日本酒は、長い歴史の中でしなやかな感性とすぐれた技術で磨きあげられてきました。
甘くて辛い「妙味の酒」。特定の料理を選ぶことなく、心身を癒し、ご縁をつなぎ、
和(なごみ)に酔うお酒です。

あらたまった礼講からにぎやかな無礼講に移るとき、私たちは乾杯します。
「みなさまのご発展とご健勝を祈念して・・・」
何に向かって祈るのでしょうか。カミ様?ホトケ様?ご先祖様?
ニッポン人の心の奥底に宿るものとふれあうとき、新たな力がうまれるはずです。

これからの人生をますます豊かなものにするために・・・。
日本酒で乾杯!

旭座出講

御食国若狭倶楽部の宴の翌日。

いつものように娘を乗せて出勤と思ったら・・・
あられが降ってきてあっという間に真っ白。

FB_IMG_1481772839975.jpg

ちなみに写真は我が家前ではなく、友人のFBにアップされたR367の花折峠。
鯖街道も雪に閉ざされる季節です。

ちなみに今朝の多田は真っ白。

DSC_2840.jpg

山の口も終わったのですから閉ざされるのは当然ですね。
年明けからの山の神をお迎えする準備もスタートです。

さて、昨日は旭座で市民対象の講座。

日本遺産大学

旭座での正式な講演は今回が2回目となりました。
(内部案内は20回以上してるけど・・・)

オファーは2ヶ月弱前で、準備せずに喋れるネタといえば
港町の景観復元しかない!!

てなことで、海と都をつないだ一大港湾都市「小浜」のお話をさせていただきました。

平日で冬型気圧配置で18時30分スタートという悪条件のなか
本当に多くのお客さんにお越しいただき感謝です。

満足いただけたかどうか?は別ですが(笑)
最後はちょっと横着な話になってしまったし。

でも歴史を学ぶというのは、知識を満足させるだけのためでなく、
未来に活かすというのが根本なのです。
先人の事例にならい、先人の失敗を糧にして生きるのが人間ですから。

でも残念ながらいまどきの学芸員や専門職は、自分の知識の泉を満足させるだけの輩が多すぎる。
「活かす」をもっともっと思ってほしいですね。
活かすのが苦手であれば、知識だけの人種とそれを活かす人材をしっかりペアリングしないといけない。

せっかくの小浜の宝が埋没しないよう若狭坊もがんばります。
という事故暗示をかけているような講座になってしまったかもしれないな。

だめじゃん。
人のためにしゃべらないと・・・

日々反省です。

終了後は、あれ?昨日と同じ面々??
なんて思いながら反省会(笑)

まちづくりの先輩のコトバは重いです。
 

サバサバ


いよいよ今週末は・・・・

そうそうこれです!!!

m6b1e2a89.jpg

数年前から内々に仕込んでいたのですが、ようやく開催☆
若狭坊は主事務局の立場でなく、事務局を混乱させるとダメなので終始裏方です。

が、もちろん2日間とも会場にいますので、お声掛けくださいね♪


上根来は10年以上前から仕込んできて、APECさんに紹介し
あこちゃんたちが精力的に動いて形になりつつある。


鯖サミットもそう。
やりたい!!という仲間が形にしてくれた。

若狭坊の仕事は裏方。
どんどん形にしていってほしい。

ただ、段取りして終わりでなく、さらに裏方で関わっていく。
無責任にならないよう・・・でしゃばらないよう・・・バランスが大切です。


今回の鯖サミットでは、
初日はステージ周りをうろうろしています。
それと鯖トークの進行役をすることになっています。


昨日は・・・

もう毎日といっていいほど行っています・・・遠敷谷(笑)

DSC_2586.jpg

沿道に無造作に生えているアブラギリ(コロビ)を除去し道路河川の維持管理☆

ではなく・・・

30センチほどに切りそろえて皮をむき

DSC_2587.jpg

らせん状に黒の模様をつけると

DSC_2588.jpg

そう!!!

「サバサバ」

って誰も知らんか(笑)

市内には、戸祝いという正月行事が多く残っています。

お正月に棒をもって子どもたちが各戸を回って、玄関をたたいて歳神様をお迎えするというもの。

市内の阿納や犬熊では、各戸だけではなく、各船も回って大漁安全を願います。
この地区の棒なのですが・・・らせん状に模様をつけます。

なんと・・・鯖の模様だといいます。
犬熊では、棒や行事自体を「サバサバ」といいます。


今回の鯖サミットの、新小浜鯖お披露目では、新鯖の大漁を願ってサバサバが登場します。

また全体のオープニングは鯖供養。


自然恵みに感謝する心。
伝統を重んじる日本人らしいDNA。

フェスティバルといえど、小浜らしいオープニング。

これぞ!若狭小浜。

ここでしか出来ない鯖サミット。

ご来場お待ちしております\(^o^)/

助太郎のおしごと2


今日はいい天気☆

満を持して、水源の森 上根来「助太郎」へ!

展示作業を行いました。

DSC_2534.jpg

看板もなんとか間に合いそうで
日曜のオープンが楽しみです。

さて、今週の木、金曜日と地球環境を考える自治体サミットが
おばまで開催されます。

若狭坊は木曜は講演を聴講し、金曜日は参加者のアテンドです。

雲城水から鵜の瀬まで、水と食と文化をめぐる若狭小浜の歴史を
バスガイドさせていただきます。

豊かな若狭湾の恵みは森が支えています。
もちろん、稀有なほどある自噴井戸と水もそう。

今週末、食文化館でおもしろいイベントがあります。

DSC_2532.jpg

エビアン・コントレックス・雲城水の飲み比べ☆
ご飯を炊いたりして料理しての違いも確認します。

ぜひご参加くださいませ。



プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
614位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
93位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR