人口減少をボトムから考える

昨日の南無南無からの

20180704153352455.jpg


今朝の台風前の南無南無♪

いよいよ今週末から入峰です。
天気がかなり心配になってきました。

今年は総勢23名の参加です。
若狭坊が住むくぼたん周辺の参加者が最も多いかな?

でも新しい人材を勧誘するのはなかなか難しく・・・
吉野で御輿を担うというすばらしい伝統を絶やしたくないのですが
正直、事務局になってかなりの危機感をもっています。

昔から「男は一度は大峯詣り」といわれていましたが
市内の行者講も社会の変化や人口減少で、廃れたのがほとんどです。

なんとか若峯講で守っていければと思っています。

さて、
小浜市の人口も3万人を切り、
シュミレーションでは20年後には2.3万人くらいになると言われています。

25%減です。

結構、驚異的です。

ちなみに約160の行政区が小浜市にはあるのですが

人口200人以上の行政区は、45/160です。
かろうじて「くぼたん」も200人OVERです。

新興住宅地ではなく、昔からのコミュニティを引き継いでいる区は30ほどかな?

小浜市を守っていくには現在でも危機的状況なのです。

小浜地区なんて、放生祭に出ている区で200人OVERは1区のみですから。
そりゃ、祭りの存続の危機は間違いないです。


自然増が難しい現在なら・・・
Uターン・Iターン促進しかない。

でも、どちらも全国で取り合いですからね。

くぼたんは、若者が残っている地域ですが、
将来を見ると危機が迫っています。

早めの対応を考えないと生き残れませんね。

そこには、いままで大切にしていたコミュニティと
金を生む産業が必須になってきます。

細々でも住みやすく仲間がいて楽しく最低限の経済裏づけがある。

こういうくぼたんの将来像をもう一回考える場が必要になってきたかな。
21世紀を前にやっていた村づくり21検討委員会のようなものを。

前後して実施していた宮川地区は経済的なものを生み出し始めている。

市内のボトムの区が真剣に考えていかないと小浜市の未来はない。

人口減少は行政施策では食い止めることはできません。
地域力です。

伝統の継承のためにも・・・



とにかく、若峯講の吉野蔵王堂での御輿と蓮華運び。
市内全域から来年度の参加者募集中!!


スポンサーサイト

くぼたんDAYS



今朝の南無南無☆

2018060405111734f.jpg


ええ天気になりそうです。

20180604051053023.jpg


昨日はくぼたんDAYS。

8:00からクリーン作戦で道路沿いの草刈り。

10:00から青壮年か会の奉仕作業で道路沿いの木の伐採。

間をぬけて、夏の伝統行事の「松上げ」の竹切り。

12:00から呑む。
15:00過ぎまで呑む(笑)

16:00からくぼたん米舞倶楽部の草刈り。

201806040511015f9.jpg


終われば日も暮れ

2018060405110989c.jpg


呑む(笑)


だるーい朝の南無南無です。

ちょっと風邪をひいたようで体調わるいです。

4月も終わり


南無

20180430060904d60.jpg


南無

201804300609144a1.jpg


南無

20180430060921b6b.jpg


と…心地よい朝景色になってきました。

ゴールデンウィークスタートです。

若狭坊は金曜日に職場の歓送会のあと

20180430060931afb.jpg


GW前に設置された行灯を眺め
それなりに早く帰って土曜朝らか

2018043006094553d.jpg


米舞倶楽部の圃場草刈。
もう10年になります。

色々なところから表彰もされ
認知度のある取り組みです。

2018043006095549b.jpg


本部の土蔵からはバラが花を咲かせています。

夜は逮夜

20180430061003624.jpg


早いものです。

で、翌日曜日は朝から区対抗ソフトボール!

準決勝敗退で昼過ぎから慰労会。

夜は区の総会

と…

GWスタートは、くぼたんづくしでした。

今日の4月最終日は、

米舞倶楽部の作業日ですが、

GW明け締め切りの原稿があるので
天気も良さそうですが
書斎に籠ります。

春雨の休日


雨の休日!

小坊主が所属する若狭小浜ディアボーイズの交流大会だったのですが…
残念ながら雨で中止!

だるま窯で行われる予定だった土笛焼きと瓦バーベキューも雨で中止!

なんか気が抜けた休日となりました。

おかげで?
彼岸の墓参りだけで、久しぶりにゴロゴロ休日ができました。
録画ビデオをみたり…
永三坊さんからいただいた特製DVDをみたり…

でも午後からは3月で退任するくぼたん自警団の精算やら総会の準備やらであたふた。

夕方からは職場の宿直。

一段落して宿直室で区の会計と
くぼたん米舞倶楽部の伝票整理!

201803212312209b0.jpg

5時間かかりました(^_^;)

ようやく区のことは年度末の仕舞いが見えてきました。

あとは…
仕事だな。

今年度も残り10日ですが、
大きな会議や視察対応などで事業精算の時間がない!

夜なべしなくちゃいけません!


スタートの酒♪


飲み過ぎ厳禁の1月。

先日のポンプお披露目で初めての経験。



鏡開き。

お正月の鏡餅を割って年始をを祝うようにスタートの行事です。

古くは古墳時代にも銅鏡を割るというマツリゴトがありますが、邪気を集めて復活を祝うとか、神への捧げをいただくとか色々な意味が集合して今の行事となっています。

神に捧げた酒で



お清めもさせてもらいました。

区内の安全安心をお祈り南無南無です。

このような機会に立ち会えたのは本当に幸せ。



伝統ある西相生の歴史に立ち会えました。

スタートには酒!
だからこそ飲み過ぎたのですが
(正月のスタート以上に)

今晩の晩酌は…



今年の若杯者です。

若い杯、若輩者をかけあわせたネーミング。

二十歳を迎える若者が
米作りから
酒作りまで
すべてを行い
乾杯して成人のスタートを切る。

そんな物語をもったお酒です。
企画段階からいうと5年か?
若狭坊もスタートから関わってきました。
最近は忙しさにかまけ何もお手伝いできていませんが、熱い若狭のメンバーが関わっています。

決して洗練された現代の清酒には勝てる味ではありません。
毎年味も変わります。

でも、武骨で若々しい純米酒です。

興味のある方は物語を買ってあげてください。
大人のスタートを祝ってあげてください。

よろしくお願いします。

若杯者

↑こちらからストーリーやご購入方法を!


さぁ、
あなたも一年のスタートに若いエキスをいただき
若返りをお祈りくださいませ。

始まりの乾杯は日本酒で!

日本酒で乾杯推進会議会員としてのオススメです。

日本酒で乾杯の意義は↓

http://www.sakedekanpai.jp/

若狭坊の食のまちづくりの師匠である
神崎宣武先生のコラムをご覧くださいね。

テーマ : ☆北陸(富山・石川・福井)の情報☆
ジャンル : 地域情報

プロフィール

若狭坊

Author:若狭坊
1970年生まれ。奈良大学史学科卒業。当時からの専門は中近世考古学、中近世流通史、中近世都市史。
と書くと難しい(^O^)
現在の専門は仲間と行う歴史を活かしたまちづくり。
だが、実は修験にめざめた山伏なのでアール。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
79位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR